飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

特集

【海外取材企画】フードスタジアム主催ハワイホノルルツアーレポート その2


(夜)
・Real a Gastropub

アートやデザインで注目のカカアコ地区にオープンした「Real a Gastropub」。店内は、スポーツバーの雰囲気。29種類ものドラフトビールと、200種類以上のボトルビールが味わえる。ハワイの地ビールをはじめ、世界中のビールや季節限定のもの、レアな銘柄もある。ビール好きには堪らないことはもちろん、ビールが苦手な人にもこれだけあれば飲めるものが見つかりそう。料理は、地元で採れる食材を使い、しっかりした味つけでビールに合うよう工夫されている。ビール好きだけでなく、美食家のローカルたちにも支持される、大勢でワイワイ楽しみたい店。

Real Gastropub01.jpg Real Gastropub02.jpg

・The Pig & The Lady

チャイナタウンとダウンタウンのちょうど境目あたりにある、ベトナム料理「The Pig & The Lady」。ユニークな店名にもオーナーのセンスを感じる、今1番ハワイで流行っている店。店名に由来して、ところどころに豚のモチーフも。店内は、ハイチェアーのカジュアルな席や広々としたテーブル席、バーカウンターの3構成。一押しメニューは、フォーをつけ麺にするというアイディアの「PHO TSUKEMEN(DIPPING STYLE)」。12hrブリスケット(12時間かけて柔らかく仕上げた牛胸肉)、塩漬け卵黄、フライド・エシャロット、ローストピーナッツ、ガーリック、ニラが麺の隣にきれいに並べられた一品。刻んだネギの入ったつけだれにつけて食べる。柔らかい肉の旨味と麺の相性が抜群。KCCファーマーズマーケットにも出店している。

image025.png image026.png

・HASR Bistro

ハワイ・シアターの近く、チャイナ・タウンにある「HASR Bistro」。オープンしてから、あっという間に予約が取りづらくなったという大人気のビストロ。同じオーナーが経営するワインショップ「HASR Wine Co」が併設され、そこで買ったワインは持ち込み料なしで、料理と一緒に楽しむことができる。パラソル付きのガーデン席もあり、緑に囲まれてゆったりと食事ができる。「フレンチ・オニオン・スープ」など、イタリアンやフレンチにハワイアンのエッセンスを融合させた料理の数々。

HASR Bistro01.jpg HASR Bistro02.jpg

・Bavy

新しいレストランやバーがたくさん出来ている開発地域のカカアコエリアにあるバー「Bavy」。薄暗い照明の店内は、シックで落ち着いた雰囲気。米国のカクテルコンテストで1位をとったバーテンダーがつくるお酒が人気を呼んでいる。自家製シロップや生絞りのフレッシュジュースを使うなど、素材にもこだわり、フードメニューも豊富。今、ハワイで一番ホットなバーと言われている。

Bavy01.jpg Bavy02.jpg

■3日目
(昼)
・Asahi Grill

アロハスタジアムの西側、ワイキキから車で約30分のワイマル地区にある「Asahi Grill」。ラーメン丼ぶりになみなみと注がれた「オックステールスープ」は、牛テールの旨味でしっかりとコクがあるのに後味はすっきり。スープの中に入ったぶつ切りのオックステールは、丁寧にじっくりと煮込んでいるためホロホロと箸でほぐれるほどに柔らかい。このテールをショウガ醤油につけて食べる。スープとテールを味わった後は、一緒についてくるライスをスープに入れて食べて、余すところなく完食するのがローカルの流儀。

Asahi Grill01.jpg Asahi Grill02.jpg

・The Pineapple Room by Alan Wong

アラモアナショッピングセンター内、メイシーズデパート3階に入っているアランウォンのカジュアル版レストラン「The Pineapple Room by Alan Wong」。フライドライスの上にグレイビーソース、ハンバーグ、目玉焼きが乗ったロコモコ「The “Loco Moco”」や、いくらとサーモンのグリルが乗ったリゾットをお茶漬けスタイルで食べさせる「New Zealand Antibiotic Free King Salmon Ochazuke Risotto」など、さまざまな人種や文化が集まるハワイをそのままプレートの上で表現したような独創的なメニューが話題。

image033.png image034.png

(夜)
・Side Street Inn

カピオラニブールバード通りとコナ通りの間にある、ポパカ通り沿いにある「Side street inn」。見た目は怪しげなスポーツバーだが、ローカルたちで毎晩賑わっている予約必須の名店。カリカリの衣をまとった骨付きのポークチョップ「DA’ FAMOUS PAN FRIED ISLAND PORK CHOPS」や超大盛りのキムチ炒飯「KIMCHEE FRIED RICE」が定番の人気メニューで、どのテーブルもオーダーしているほど。全体的に、お酒が飲み進む味つけ。リーズナブルな価格でありながら、量が多いのでグループ利用向け。2号店がカパフル通りにある。

Side Street Inn01.jpg Side Street Inn02.jpg

・Duke’s Waikiki

カラカウア通りのアウトリガーワイキキホテル1階にある、オン・ザ・ビーチのカジュアル・ダイニング「Duke’s Waikiki」。ビーチサイドの開放感溢れる雰囲気を味わいながら食事ができる、オーシャンフロントの最高のロケーション。ブレックファースト、ランチ、ディナーと時間帯によってメニューは変わるが、クローズなしの通し営業で時間を気にせず、いつでも好きな時間にのんびりと食事が楽しめる。週末の夜には入口に長蛇の列ができるほどの大人気。

Duke's Waikiki01.jpg Duke's Waikiki02.jpg

 

以上、フードスタジアム主催海外視察ハワイホノルルツアー。

 

特集一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.