飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

300種類の酒類がすべて時間無制限で飲み放題。お酒のテーマパークが12月29日、横浜に誕生


リカー・イノベーション(東京都台東区、代表:萩原恭朗氏)は、全国各地の日本酒・焼酎・梅酒・果実酒300種以上を飲み比べできる酒のテーマパーク「横浜飲み比べ横丁」を昨年12月29日にオープンした。場所は横浜駅からほど近い犬山西口ビル。同施設には日本酒専門店「KURAND SAKE MARKET」、梅酒・果実酒専門店「SHUGAR MARKET」、焼酎専門店「HAVESPI」の3ブランドを1フロアに集積。基本料金3000円(税別)ですべての酒が時間無制限で楽しめるという。300種類の和酒は、自由に冷蔵庫や棚から取り出して、自分の好きな量だけ注ぐセルフスタイル。梅酒・果実酒・焼酎用の割り材やトッピングも豊富に用意されているため、好みのカクテルやサワーも自由に作ることができる。さらに、料理やつまみ類は無料で持ち込みができるほか、デリバリーも可能。なお、同店のオープンにあたってはクラウドファンディング「Makuake(マクアケ)」で、実質”一生無料で飲み比べし放題”が可能になるプレミアム会員カードなどを購入できるプロジェクトを実施した。
◾️住所:神奈川県横浜市西区北幸1-8-2犬山西口ビル9階 ◾️詳しくはこちら

ニュースフラッシュ一覧トップへ

Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.