飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

「東北地方を盛り上げる」がミッションのトレジオンが、赤坂に「東北酒場 トレジオンポート」を開業。初の大型店で東北産の素材を訴求、東北のシティプロモーションを加速させる

店内は「東北の港町」をイメージし、代表の吉田氏が自らデザイン。メインフロアの中央のテーブル上には、東北6県をかたどったモチーフが。それぞれの県の木材を取り寄せて作成したものだ
カウンター部分は気軽なスタンディングスペースに
「いわて短角牛のローストビーフ」(1980円)。脂肪の少ないいわて短角牛は、噛むほどに旨みを感じる一品
「鮮魚のカルパッチョ」(1980円、ハーフ1100円)。日替わり鮮魚を使用。料理は全体的に3~4名で楽しむのが最適なポーションに。既存店よりも店舗面積が広いことから、それまで獲得しにくかったグループ客を狙う
写真左から代表の吉田 慶氏、店長の清水政也氏

赤坂に6月4日、「東北酒場 トレジオンポート」が開業した。運営は、“東北地方を盛り上げる”をミッションに店舗展開するTregion株式会社(東京都港区、代表取締役:吉田 慶氏)。同じく赤坂エリアに立地する「東北バル トレジオン」、「東北バル トレジオンプチ」に続く、同社にとっての3店舗目だ。

代表の吉田氏は現在34歳。2011年3月、26歳のときに起こった東日本大震災を境に、吉田氏の人生は大きく変化した。それまでは東京で「フラフラしていた」という吉田氏だが、震災被害の凄惨さを目にし、社会のために何かしたいという思いで復興支援ボランティアをすべく岩手県遠野市へ赴いた。1カ月ほどボランティアを行った後、NPO法人「遠野まごころネット」の職員となり、復興支援の仕事に従事。「どうしたら東北に関心を持ってもらえるのか」という思いを胸に、試行錯誤の日々を送ったという。「復興のためには、単に東北地方の悲惨さをアピールするだけでは、実際に復興にはつながらないということがわかりました。補助金や助成金に頼るのではなく、“ビジネス”としてしっかりと利益を出せる体制を確立し、その利益を東北の人々へ還元すること。それこそが真の復興につながると感じたのです」と吉田氏、そうして東北の魅力を伝える飲食店の開業を考え始め、2013年11月、東北地方にフューチャーした「東北バル トレジオン」(開業当時は「浜焼きbal Tregion」)をオープン。それまで吉田氏に飲食経験はまったくなかったという。開業当初は苦戦したものの、東北によい素材があると聞けば必ず産地に赴き、生産者とのつながりを深めていった。そうして良質な素材が集まり、店は徐々にバージョンアップ。次第に軌道に乗り始め、好調につき2017年6月に赤坂バル横丁内に「東北バル トレジオンプチ」を開業するに至った。

「東北バル トレジオン」では、創業時から、生産者との交流やある地方にフューチャーしたイベントを開催してきた。しかし、30席カウンターメインの店内では次第に手狭となり、より広い店舗を欲するようになった。そこでオープンしたのが、この「東北酒場 トレジオンポート」だ。46坪の広さの店内には、最大100席が配置可能。60席を置くメインフロアは、150インチのスクリーンを完備し、イベントはもちろん、結婚式の二次会などのパーティ利用にも向く作りだ。店内奥には30席ほどの小ホールを、カウンター前には10名程度が収容可能な立ち飲みスペースを備え、多様な利用動機にこたえるつくりとなっている。デザインは吉田氏自らが担当。“東北の港町”をイメージし、使用する木材なども東北のものを取り入れている。

メニューは、既存店同様に東北の産物にフューチャー。料理は、「東北直送野菜のバーニャカウダー」(1180円)、「会津の馬刺し」(1380円)、「いわて短角牛のステーキ」(100g1980円、200g3780円)、「肉巻ききりたんぽ」(560円)など約45品とバラエティ豊かなラインアップ。一品一品、必ず東北産の素材が主役となっている品がそろう。ドリンクは、クラフトビール(650円~)、ワイン(700円~)、地酒(700円~)は、すべて東北の蔵元やワイナリー、ブルワリーのものばかり。福島産桃を使った「ももふるサワー」(720円)や、宮城県石巻市の桃生茶を使った「OCHACCOハイ」(620円)などオリジナルドリンクも取り入れ、東北の育む素材を魅力ある商品へと仕立てたメニューが目白押しだ。

「店が3店舗になり、この1年で“いちバーの店長”から”企業の経営者“として私自身の内面も変化しました」と吉田氏は話す。次は関西での出店を計画中。ゆくゆくは東京・関西の都市部で培ったノウハウで、仙台などの東北地方に逆輸入として店舗を展開したい考えだ。「今後は行政とも協働し、地方創生の一端を担っていきたい。食を通じて東北のシティープロモーションをここから展開します」と意気込む吉田氏。単なる飲食店ではなく、ビジネスとして、東北地方の復興という大きな社会的意義を果たす「東北酒場 トレジオンポート」。赤坂から多くの人々へ、東北の魅力を発信していく。

(取材=大関 愛美)

店舗データ

店名 東北酒場 トレジオンポート
住所 東京都港区赤坂3-12-18 第8荒井ビル2F
アクセス 赤坂駅から徒歩2分、赤坂見附駅から徒歩4分
電話 03-6807-4242
営業時間 17:00〜24:00
定休日 土曜、日曜 ※貸し切り時は営業
坪数客数 46坪90席+スタンディング10名
客単価 4500円
運営会社 Tregion 株式会社
オープン日 2018年6月4日
関連リンク Tregion 3店舗共通(HP)
関連リンク 東北酒場 トレジオンポート(FB)
関連リンク 赤坂バル横丁(記事)
※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.