飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

IT企業が飲食業界に挑む。クラウドファンディングで大注目を集めた切り立ての生ハムとムール&フリットの専門店「C by favy(シー バイ ファビー)」が、西新宿8丁目に2月19日オープン

店内は大人が楽しめる雰囲気を演出している
フライドポテトが付け合せとして付いてくる「ムール&フリット」
バケツ一杯のムール貝をリーズナブルな価格で堪能できる
切りたての状態で提供される「生ハムの盛合せ」
同社取締役の米山健一郎氏(右)とピンゼロカのオーナー・森田淳史氏

青梅街道と小滝橋通りに挟まれた西新宿7丁目は、感度の高い飲食店が密集するエリアとして知られている。現在、多くの注目店が出店を続けており、その好影響は隣接する西新宿8丁目エリアにまで及ぶ。そのような西新宿8丁目に2月19日オープンしたのが「C by favy(シー バイ ファビー)」だ。運営するfavy(東京都新宿区、代表取締役 高梨巧氏)は、飲食市場に特化したマーケティング支援を行っている企業である。IT企業が飲食店を運営することになった経緯について、同社取締役の米山健一郎氏は「当社はIT技術を駆使して、競争の激しい飲食業界のなかで、飲食店様が収益率を向上できるようにサポートしてきました。主な事業として、集客支援はもちろん、グルメサイト『favy』の運営やメーカのプロモーション支援などを行っています。こうした経験を今回、飲食店経営に生かすことで、さらに業界の発展に役立つノウハウを現場で蓄積していきたいと考えています」と話す。

「C by favy」はムール&フリットの専門店であるが、ムール貝に着目したきっかけには、米山氏のキャリアが関係している。米山氏の飲食業界でのキャリアは、高校卒業後に勤めたレストランから始まった。その後、「牛角」などを展開するレインズ・インターナショナルに10年以上勤務し、メニュー開発や商品調達、新業態の開発を担当する。飲食業界で多くの人的ネットワークを築くとともに、日本各地の食材にも触れるなかで、米山氏は衝撃を受ける食材と出会う。それが“国産のムール貝“である。「ヨーロッパでは頻繁に食べられているムール貝ですが、日本ではあまり食べられていません。そのため、国産のムール貝は高いクオリティを誇るにも関わらず、積極的に収穫されていないのが現状です。こうしたギャップを埋めたいという想いもあって、当社では2015年に日本初のムール&フリット専門店『ピンゼロカ(Pinze Loca)』(運営:プリサ、東京都世田谷区、代表取締役 森田淳史氏)のプロモーションなどを担当しました」と米山氏。

「ピンゼロカ」はオープンすると同時に、たちまち人気に火がつき、三軒茶屋を代表する人気店となった。ムール貝がマーケットで受け入れられる状況を見て、その魅力をもっと広げていこうという考えのもと「C by favy」の構想も固まる。そして、クラウドファンディングを活用して、再びマーケットの反応を見ながら、開店へ向けた準備が進んだ。米山氏は「資金調達の以外にも、将来的にクラウドファンディングを様々な飲食店にも活用していきたいという狙いもありました。当初の目標金額の設定は80万円です。しかし、最終的には300万円以上の申し込みがありました。想像以上の反応に、とても手応えを感じています」と語る。

メニューについては、「白ワイン蒸し」(1280円)や「ビール蒸し」(1480円)などの20種類のムール貝&フリットが揃う。「ピンゼロカ」の運営を通して、安定的にムール貝を供給できる体制が整っているからこそ可能な幅広いラインナップである。また、同店では生ハムも売りの1つとしており、メーカとの直接取引や店内にスライサーを設置することで、70g/590円の低価格を実現した。「生ハム盛り合わせ」(1500円)では、トレイにたっぷりと4種類の生ハムを提供しており、味はもちろん、見た目も楽しめる仕掛けを施している。この他にも、63℃の低温調理で芳醇な柔らかさを引き出した「マンガリッツァ豚のロースト」(1500円)なども揃う。

今後のビジョンについて米山氏は、「当店は、私たちにとって実験の場であるとも考えています。もともと当社のオフィスが西新宿6丁目にあるため、近隣の西新宿8丁目に店をオープンさせました。このエリアは、オフィスビルと飲食店が混在しているようなエリアです。そこで当店は、昼はオフィス仕様、夜は飲食店使用ができる作りになっています。この試みが成功すれば、ランニングコストを安く抑えた出店が可能となり、飲食店の可能性も広がっていくでしょう」と話す。また、同社が直接飲食店経営を行うメリットは、他の箇所にも及ぶ。「普段の運営を通して、レシピやオペレーションなど、多くのノウハウが蓄積されていきます。最新の技術や商品をいち早く店舗で試すことで、プロモーションする際の説得力も増すはずです。こうした挑戦を重ねながら、将来的には良いお店が長く続く世界を作っていきます」と米山氏。同店の挑戦には、業界内外から多くの期待が集まっている。その成功の先には、新しい飲食業界の可能性が広がっていることだろう。

(取材=三輪 大輔)

店舗データ

店名 C by favy(シー バイ ファビー)
住所 東京都新宿区西新宿8-1-7 M's Garden 西新宿2F
アクセス 東京メトロ「西新宿」駅から徒歩1分
電話 050‐3033‐8259
営業時間 18:00~23:30
定休日 日、祝
坪数客数 22坪・37席
客単価 5000円
運営会社 株式会社favy
関連リンク C by favy(HP)
関連リンク C by favy(FB)
関連リンク favy(HP)
※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.