飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

厳選素材のオーガニック野菜や熟成パスタで人気の相原氏率いるBRAVASの「BIODYNAMIE(ビオディナミ)」が、早くもFC展開で3号店目の吉祥寺店を7月1日にオープン

間口が広い店構えは、ガラス折り戸を全て開けると気持ち良い空間に早変わり。濃厚味の「ソフトクリーム」はテイクアウトもできる
店内は、アンティーク調のテーブルや椅子、照明などで統一され、落ち着いた雰囲気でリラックスできる
看板メニューの「生ハムとブロッコリースプラウトのクリームパスタ」は、ブロックの生ハムを店内でスライス。切りたてフレッシュ生ハムを好きなだけのせ放題!
人気のデザート「クレミアアップルパイ」は、独特のフォルム&濃厚味のソフトクリームがのった女性に大人気の一品
エイジング加工を施し味のある雰囲気の壁を背景に代表の相原希氏

オーガニックを追及するイタリアンとして、女性から圧倒的な支持を受けている「BIODYNAMIE(ビオディナミ)」。2014年10月に1号店の新宿店がオープンし、そのわずか4か月後の2015年2月に2号店「BIODYNAMIE神保町店」がオープン。そして7月1日、3号店目で早くもFC店舗(運営は聚楽、取締役社長:加藤治氏)となる「BIODYNAMIE吉祥寺店」が誕生する。この快進撃を続けているのは、相原希氏率いるBRAVAS(ブラバス・東京都港区)。代表の相原氏は、レインズインターナショナルの出身で、「土間土間」で経験を積んだ人物だ。30歳という若さで本部長に抜擢され、「土間土間」ブランドの統括を任された。全国チェーン・ブランドについてさまざまな角度から学ぶことができ、貴重な経験ができたと同氏は振り返る。しかし独立したいという夢を貫き、2014年に退職を決意し起業した。

オーガニック・イタリアンというコンセプトでの店舗立ち上げについて、「独立した時期に、ちょうど妻が妊娠していて、お腹の子どものことを考え、食べるものにすごく気を使っているのを傍で見ていたことがきっかけです。女性は食べ物に男性より気を使いますよね。ヘルシーなものへのこだわりもある。そんな女性たちが、より気軽に安心・安全なものが食べられる場所を提供したいと思ったんです」と相原氏は語る。店名の「BIODYNAMIE(ビオディナミ)」とは、栽培時に農薬や化学肥料は使用しないオーガニック農法の一つを指す言葉。同氏は、レインズ時代のつてから無農薬野菜の生産者と出逢い、『この野菜は自分の子どものために育てた野菜』という一言に感銘を受け共感、その思いが詰まった素材を取り扱わせてもらうことになったという。現在は、6農家と取引しているが、店舗拡大に伴い増やしていく予定だ。「生産者の方々とは共に成長していきたい。生産者の顔がしっかり見える、そして大切な野菜をお客様に美味しい形でリーズナブルに届けることが、我々の使命であり、この店名にした理由です」と相原氏は熱い想いを話してくれた。

料理は、タパス(300円と500円)やフレッシュサラダ(590円~890円)、フライ(490円~590円)、ガーリックオイル(500円)、グリル(890円)、ピザ(500円)、パスタ(800円~950円)、デザート(500円~690円)というメニュー構成で40種近いメニューを揃える。なかでも無農薬野菜をふんだんに使い、野菜本来の美味しさが味わえる「農家さんのこだわり無農薬バーニャカウダ」950円は、農家の人が毎日こだわり抜いた産直の旬野菜が食べられると女性に大人気の一品。食べたことのない野菜に出会えるのもうれしい。パスタは、創業100年の淡路製麺より直送される熟成生パスタを使用し、オイル、ミート、クリーム、バジルなどのソースとこだわりの素材を合わせ、コシの強いもちもちの食感を堪能できる。特に、看板メニューの「生ハムとブロッコリースプラウトのクリームパスタ」(950円)は、切りたての生ハムがのせ放題という太っ腹さが人気を博し、ランチタイム時は真っ先に売れ切れることが多いという。また特筆すべきは、デザートメニューの充実ぶりだ。女性に喜んでもらいたいという相原氏の想いから、最高級のソフトクリーム、CREMIAを使ったデザートを多数ラインナップしている。「クレミアアップルパイ」(850円)は、ホクホクのアップルパイと濃厚クリミアが絶妙にマッチ。働く女子がホッと一息できるスィーツメニューだ。

同店のワインは全てビオワイン。グラスワインは赤・白各4種、泡1種(490円~690円)で、ヨーロッパやニューワールド系、日本ワインなども用意。ボトルは、泡も含めて30種類前後、価格帯も2250円~4750円とリーズナブルに揃う。契約農家から直送の有機ミントをたっぷり使った「国産有機モヒート」(550円)や「自家製サングリア」(590円)、厳選した有機栽培の原料を使用したドリンクメニューも9種類と充実。女性のリクエストに十分応えられる豊富なラインナップになっている。

「女性が好きな物をとことん追求して提供していきたい、働く女性が気軽に立ち寄れるお店を目指したいんです。ですから、既存2店舗は、女性向けの店がない男性メインのエリアに出店しました。今後も、そういったエリアでの出店計画もありますし、またFC店舗で展開スピードも早まると思います。女性が美味しいものを食べているのを見るのが嬉しいんです」と語る相原氏。女性のココロをがっちり掴み、波に乗る「BIODYNAMIE」のさらなる展開に大いに期待が募る。

(取材=玉井 由希子)

店舗データ

店名 BIODYNAMIE 吉祥寺店
住所 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-9-3
アクセス JR・京王井の頭線 吉祥寺駅北口より徒歩3分
電話 0422-27-6652
営業時間 11:00~24:00
定休日 無休
坪数客数 20坪・40席
客単価 ランチ1000円、ディナー3000円台
運営会社 株式会社BRAVAS
関連リンク ブラバス
関連リンク BIODYNAMIE 吉祥寺店(FB)

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.