飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

神楽坂に「トーキョーサワースタンド」が開業。フォトジェニックなフルーツサワーを常時10種類以上揃え、多店舗展開も視野に

4月12日、神楽坂の本多横丁の路地裏に「トーキョーサワースタンド」が開業した。至近で地中海バルを2店舗経営するスリーピース(東京都新宿区、代表取締役:高田泰知氏、安田サニー氏)が運営。フルーツをふんだんに使用したサワーをメインに、スパイスチキンとトッピングをカスタマイズできるフライドポテトなどを提供。気軽なジューススタンドをイメージした新業態で店舗展開を企む。

飯田橋駅から徒歩4分、牛込神楽坂駅から徒歩5分。ネオンのロゴ看板と暖簾がおしゃれ
洗練されたコの字カウンター。中央にはフルーツが詰まったショーケース
ドリンクは左から、「南国の恵みドラゴンフルーツサワー」(850円)、「搾りたてレモンサワー」、「モヒートサワー」(750円)、「太陽のオレンジサワー」(680円)、「季節のフルーツサワー(マスカット)」(時価)、中央手前が「自家製SPICEDグリルチキン」
ポテト2種類、ソース4種類、トッピング7種類を選ぶカスタマイズ自在の「オリジナルフライドポテト」
左から、代表取締役の高田泰知氏、料理長の小山氏、店長の村上俊晴氏

神楽坂で地中海バルを経営し10年、フルーツサワーの新業態に挑戦

スリーピースは高田泰知氏と安田サニー氏の共同経営。ともにサービスマンとしていくつかの飲食店で働いたのち、2009年に1店舗目となる地中海バル「マンワール」、次いで5年後の2014年に「シルコ」を開業。神楽坂で10年、飲食業を営んできた。

3店舗目となる「トーキョーサワースタンド」のコンセプトは、代表の高田氏フルーツ好きが高じて生まれた。「ずっとフルーツで何かお店をやりたいなぁと思っていました。そこで、ジューススタンドをイメージし、フルーツたっぷりのサワーを待ち合わせや0次会で気軽に味わえるような業態を考案しました」と同氏。フルーツを使用したサワーがトレンドとなって数年が経つが、それを受けてというよりも、2~3年前からアイデア自体はあたためていたという。当初、開業は丸の内エリアなど神楽坂以外で検討していたが、なかなか希望に合う物件がに出会えずにいた。そんな折に紹介をされたのが既存2店舗から至近距離にある物件だった。馴染みの不動産屋の仲介で好条件だった点と、既存店から近いので土地勘があり、利用する客層のイメージがしやすいという点から、やはり神楽坂での出店を決めた。

立ち飲みのニーズの少なさを察知し座席を設置

ネオンのロゴ看板や暖簾など、フラリと立ち寄りたくなるような外観を意識。内装も街の雰囲気に合わせ、シンプルでおしゃれな空間をイメージした。店内は9坪19席。「当初はスタンディングを想定していましたが、このエリアは立ち飲みのニーズが少ないことは知っていた。女性客の取り込みや仕事終わりで利用してもらうことも考え、ゆっくりと寛げるよう座席を設置することにしました」と高田氏。

見た目にも楽しいフルーツサワーを10種類以上用意

主軸は見た目にも華やかなフルーツサワー。「まるごとキウイサワー」(750円)、「南国の恵みドラゴンフルーツサワー」(850円)など、常時10種類以上を600円~850円の価格帯で提供。ベースにはフルーツの美味しさを邪魔しないウォッカを使用し、フルーツは産地直送がモットーの青果店「神楽坂野菜計画」から仕入れる。美味しいフルーツをしっかり味わってもらうことを大前提とし、リキュールで甘みを加えず、砂糖もほとんど使用しない。ドリンクは他にも、麦焼酎をベースとした「大人の梅干しサワー」(600円)や、ビールに自家製のケールジュースを加えた「東京ケールビール」(700円)、「本日のグラスワイン」(赤白 各700円~)などを揃える。

フードメニューはサワーと好相性な「自家製SPICEDグリルチキン」(1,280円)と、ソースやトッピングでカスタマイズできる「オリジナルフライドポテト」(780円~)の2品を看板商品に構成し、その他含め全14品。鳥の巣のような盛り付けの「ウニと青海苔のウフマヨ」(420円)や、「じゃこと3色人参のカラフルラペ」(480円)など、ビジュアルに凝った料理も多く、写真映えも抜群だ。

多店舗展開を視野にメニューを構成

今回の業態は既存店舗と共通のメニューがなく、フード、ドリンクを新しく開発。今後、小規模店舗を複数展開していきたい考えで、仕込みをしておけば、アルバイトでも店を回せるようオペレーションを考慮した。

現在の客層は想定以上に男性が多く、0次会や3、4軒目の店として軽く1、2杯飲む需要が強い。客単価は2400円。さらに店のブラッシュアップを図り、滞在時間を伸ばすなどして、目標の客単価3000円を目指す。高田氏は「まずはこの業態を軌道にのせて、会社を育ててくれた神楽坂に恩返ししたい」としながら、当初の希望エリアであった丸の内エリアなど、オフィス街への進出に意欲的だ。愛着のある神楽坂でなく、「”トーキョー”サワースタンド」とつけた店名に、広く展開していきたいという同氏の意気込みが見える。

(取材=福井 晶)

店舗データ

店名 トーキョーサワースタンド
住所 東京都新宿区神楽坂3-1-26 MSビルⅱ1F
アクセス 飯田橋駅から徒歩4分、牛込神楽坂駅から徒歩5分
電話 03-6457-5250
営業時間 17:30~23:30 (フードL.O.22:30、ドリンクL.O.23:00)
定休日 日曜祝日
坪数客数 9坪19席
客単価 2400円
運営会社 株式会社スリーピース
オープン日 2019年4月12日
関連リンク トーキョーサワースタンド(Instagram)
※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.