飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

マルデナポリジャパンが、恵比寿西口商店街に新業態「pizzeria mar-de-napoli CLASSICO」「釜あげスパゲッティ すぱじろう」の2店舗をオープン!


全国に直営6店舗、FC12店舗の「PIZZERIA MAR-DE NAPOLI(ピッツェリア マルデナポリ)」を運営するマルデナポリジャパン(東京都渋谷区、代表取締役・米屋熊二氏、TEL 03−3280−5578)が、恵比寿西口商店街に12月5日、「pizzeria mar-de-napoli CLASSICO(ピッツェリア マルデナポリ クラシコ)」、12月10日、「釜あげスパゲッティ すぱじろう 東京・恵比寿本店」を開店した。ファミリー層がターゲットである「PIZZERIA MAR-DE NAPOLI」のハイクラス店として登場した「pizzeria mar-de-napoli CLASSICO」は、”CLASSICO”という名の通り、本場イタリアのピッツェリアさながらのメニューを意識。ナポリから直送された薪窯で焼くピッツアは、正統派のトマトソースまたはソースなしのビアンコのみの10種類(直径約25cm・¥1,480~)。パスタは生麺にこだわっている。またイタリアから厳選したワインはグラス¥400~、ボトル¥2,000~と手頃な価格帯を中心に常時120本揃えている。近隣のOLやビジネスマンをターゲットに、薪窯でピッツアを焼く姿を眺めることができるカウンターを16席用意。前菜とワイン、ピッツアをカジュアルに楽しめる大人の空間としてオープンした。また新業態の「釜あげスパゲッティ すぱじろう 東京・恵比寿本店」は、「PIZZERIA MAR-DE NAPOLI」のノウハウを生かしたスパゲッティ専門店。「和でありながらもイタリアン」をコンセプトに、和風スパゲッティ17種類、洋風スパゲッティ23種類を提供(¥880~)。スパゲティは全世界でNO.1のシェアを誇るバリラ社の製品を使用。オーダー後、大きな釜でゆであげることで麺の特性を最大限に引き出し、手作りのソースで味付けしている。健康意識の高まりから具材は有機野菜を中心に、化学調味料、保存料不使用。「食の多様化に対応し、気分や体調に合わせてパスタの量(S…80g、M…120g、L…170g、いずれも同額)を選択できるのがうちの魅力。またベーコンやエビなどのトッピング、テイクアウトも可能な極上のプリン(¥300)も用意しているので、老若男女問わず、広く利用してもらいたい」(同社担当部長談)。客単価は1,000円前後。「釜あげスパゲッティ すぱじろう 東京・恵比寿本店」の内装は、年間80店舗のデザインを手がける人気デザイナー佐藤一郎氏。全体的に木目を配した空間は、温かみがあり、落ち着ける雰囲気に仕上がっている。上記2店舗ともに、マルデナポリジャパンの所在地である恵比寿エリアにオープンしたアンテナショップ的存在。これからの展開が期待される新業態だ。

(取材=編集部)

店舗データ

店名 pizzeria mar-de-napoli CLASSICO
住所 東京都渋谷区恵比寿西1-2-5 オークI 2F
電話 03−5457−1223
営業時間 11:00~15:00、17:00~翌0:00
定休日 無休
坪数客数 50坪
運営会社 マルデナポリジャパン株式会社
関連リンク マルデナポリジャパン
※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.