飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

JR五反田駅に食の新空間「アトレヴィ五反田」が3月14日オープンへ!飲食店は「ワイアード カフェ」「芋蔵」など4店舗出店


 JR東日本グループである東京圏駅ビル開発(渋谷区恵比寿、代表取締役社長・今木甚一郎氏)はJR五反田駅西口に、アトレの小規模タイプブランドである「アトレヴィ五反田」を3月14日オープンする。コンセプトは“GOTANDA next style!~ゴタンダ・デイリー&スタイリッシュランドマーク”。駅西口を出て、いつでも気軽に立ち寄れる食の新空間であり、3つのレストランに、カフェ、グロサリー、フラワーショップといったこだわりの6ショップで構成、五反田の新しい顔にふさわしいランドマークを目指す。1階にはフラワーショップと「成城石井」が入る。2階にカフェカンパニー株式会社が「ワイアード カフェ」を出店。「上野アトレ」に続く出店である。3階は株式会社サンケイ会館が鮮魚・郷土料理の「瀬戸内」を出店。岬鯵、岬鯖をはじめ、瀬戸内エリアの鮮魚や郷土料理を提供する。名物の鯛めしや讃岐うどん、地酒も楽しめる。4階は株式会社ジェイプロジェクトの「芋蔵」。軍鶏や黒豚など、九州から取り寄せる素材を生かした九州料理が楽しめる居酒屋。焼酎は300種類以上を取り揃え、プレミアム焼酎も数多くラインナップ。5階は株式会社ラムラが新業態「キッチン ギャラリー」を出店。ヨーロッパ各国の料理をスタイリッシュに楽しめるレストラン&カフェ。少店舗の新興企業は避け、多店舗展開である程度実績のある店舗でまとめた。「アトレ」は1990年の「アトレ四谷」開業を皮切りに、大井町、新浦安、恵比寿、上野、目黒、品川などの順に展開し現在9店舗、「アトレヴィ」は秋葉原、信濃町に続く3店舗目となる。JR駅ビル再編によって「ロンロン」も東京圏駅ビル開発の所有となっており、2007年度の同社の売上高は1,400億円になる見込み。「アトレヴィ五反田」に続き、4月には東急電鉄が駅直結の商業ビル「remy gotanda」を開業する予定で、五反田エリアの駅周辺が大きく生まれ変わることになる。

(取材=編集部)

店舗データ

店名 アトレヴィ五反田
住所 東京都品川区東五反田1-26-14
営業時間 コアタイム11:00~22:00
関連リンク アトレ
※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.