飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

ありそうでなかった!マッコリと小皿韓国料理が売りの「韓菜マッコリバル いちれん」が10月11日、高円寺にグランドオープン!

小皿スタイルの創作コリアンキュイジーヌのため、いろいろなメニューをオーダーできるのが嬉しい
王道の韓国料理、サムギョプサルも。
本場韓国のマッコリに加え、日本の蔵元が取り組む和マッコリも揃える豊富なラインナップ

本場韓国のマッコリと、韓国料理をベースにしたヘルシーな創作料理をテーマにした、ありそうでなかった「韓菜マッコリバル いちれん」が10月11日、高円寺にオープンする。これまで「鉄板鍋 一蓮」など、秘伝の鍋料理とサムギョプサルが売りの店で店舗展開を続けてきた一蓮(東京都渋谷区、代表:林 純史氏)が、そのノウハウを生かしコリアンの新業態に挑んだ。マッコリとは、米などを原料とした韓国の醸造酒の一つで、日本での韓流ブームにより徐々に定着しつつあるアルコールであるが、それを専門に扱う業態はまだ少ない。同店では、本場から仕入れたマッコリを豊富に取り揃え、味わいとともにプレゼンテーションにもこだわって、いまだ知られていないマッコリの魅力を伝える店として新たなコリアン業態を誕生させた。
13種の韓国マッコリは、スタンダードなものから、他ではなかなか見られない珍しいものまで様々。例えば、黒豆やみかん、緑茶、おこげなど。一方、和マッコリは8種あり、微発泡のスパークリングマッコリやヨーグルト風味などを揃えた。いずれもグラスで480~680円、ボトルでは1800~2800円と安価。「韓国マッコリ3種飲み比べセット」(韓国:880円、日本:980円)というお得なセットは、メニューの中から好きなものを3種選び、90mlずつテイスティングすることができる。
料理は、大皿というイメージの強い韓国料理の定番スタイルを打ち破り、マッコリと合わせ、少量多皿でいろいろなメニューを楽しんでもらうようにと、ポーションは小さめにするなど、工夫を凝らしている。「ゴーヤーとミミガーのナムル」(380円)や辛い酢味噌で食べる「韓国風イカ刺し」(480円)、お馴染みの韓国料理「具だくさんチャプチェ」(580円)、「たっぷりチーズチヂミ」(780円)「もちもち甘辛トッポギ」(580円)、〆におすすめしたいのは「赤の王道 コラーゲン入り豆腐チゲ」(680円)、「一蓮特製冷麺」(680円)は食事の最後に試したい。加えて、オーダー必須の同店自慢メニューは、既存店で人気を博す「サムギョプサル」と、琉球あぐー豚を使い、コラーゲンボール・ヒアルロン酸ジュレ・ローヤルゼリーが入った女性に嬉しい「元祖一蓮鍋with美肌トッピング」(ともに1580円)。そのほか、その日の仕入れ状況に応じた日替わりメニューも多く用意する予定だ。日本・韓国の食材をうまく取り合わせ、ヘルシーながらもオリジナルなエッセンスを添えた同店ならではのコリアンキュイジーヌが魅力。
バーのような専門性と、レストランのような食事のクオリティ、酒場のような賑わいを兼ね備えた、使い勝手のよい“バル”として、幅広い客層をターゲットに、気軽に訪れることができる心地よい場所を目指すという。

(取材=編集部)

店舗データ

店名 韓菜マッコリバル いちれん
住所 杉並区高円寺北3-21-5 KTMビル1F
アクセス JR高円寺駅より徒歩3分
電話 03-3310-1361
営業時間 月~金18:00~3:00、土17:00~3:00、日17:00~24:00
定休日 不定休
坪数客数 テーブル20席・カウンター8席
客単価 3000円
運営会社 株式会社一蓮
関連リンク いちれん(ぐるなび)
※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.