飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

“コラーゲン鍋”ブームを仕掛けた「(汁)ハレノヒ」が表参道に新業態の蒸し料理「(畑)ハレノヒ」を6月8日オープン!


コラーゲン鍋「(汁)ハレノヒ」をヒットさせたノスプロダクター(港区赤坂、代表取締役・小野坂直之氏、TEL 03-3405-1077)は6月8日、ハレノヒの新業態、蒸し料理「(畑)ハレノヒ」表参道店を紀伊国屋ビル近くにオープンする。中目黒の1号店、西麻布の2号店ともに好調で、3月7日には西麻布店近くにANNEX(別館)をオープンしたばかり。今回の「(畑)ハレノヒ」はコラーゲンではなく、新鮮有機野菜の“せいろ鍋”がウリだが、コンセプトはやはりビューティ&ヘルシーで、20~30代のおしゃれな女性がターゲットだ。看板メニューは、北海道や九州から仕入れる有機野菜を使用したせいろ蒸し「ムシケン」セット(1,890円)。ムシケンは、「蒸して健康」の略。旨みやビタミンを逃さない調理法として認知され、専門店も増えてきた。スープは和風と洋風の2種から選べる。野菜や肉をせいろで蒸し、クレープや春巻で挟み、好みのソースを付けて食べる。最後の〆に余ったスープに、カッペリーニまたはご飯を入れて食べる。和風のスープを選べば雑炊風、洋風を選べばリゾットになる。具材やソースのバリエーションが豊富で、自分好みの味付けを選んで楽しめるというのがハレノヒ流。アラカルトは「クリームチーズ塩昆布」、「サラダ表参道」など15品が各525円。新鮮な素材だからできる「総州古白鶏ユッケ」、いけてるメンチカツ「イケメン」などが各840円均一だ。ドリンクもヘルシー路線で、オリジナルの野菜ジュースハイ「気休めサワー」(525円)、刻んだ果物入りの「たべゴロサワー」(680円)など、変り種サワーも多い。また、ビールやオーガニックワインが525円均一、ソフトドリンクが全て315円と全体的にお手頃だ。昼は1,050円均一のランチを日替わりで5~6種提供、夜の客単価は3,500円を想定。今回の店も話題となりそうだが、シリーズ化して展開するといい、年内に新宿と中目黒に2店舗出店計画があるという。

(取材=編集部)

店舗データ

店名 (畑)ハレノヒ 表参道店
住所 東京都港区北青山3-10-13 1・2F
電話 03-5485-0219
営業時間 11:30~14:45(L.O.) 18:00~22:15(L.O.)
定休日 なし
坪数客数 60席(個室あり)
運営会社 ノスプロダクター株式会社
関連リンク ノスプロダクター
※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.