飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

讃岐うどんチェーンのはなまるが串天「うまげな」に続き、新業態「立呑みうどん酒場 銀三」を東銀座にオープン!

(取材=編集部)


讃岐うどんチェーン「はなまるうどん」を全国で展開する株式会社はなまる(東京都中央区、代表取締役社長・河村泰貴氏)は、新業態として串天の「立呑みうどん酒場 うまげな」(1号店は茅場町)を立ち上げ、商業施設を中心に展開しているが、その「うまげな」の進化系として、今年5月東銀座に「立呑みうどん酒場 銀三」をオープンし、地元で人気店となっている。 「銀三」という店名の通り、歌舞伎座裏手の銀座三丁目、大きな白提灯が迎えるガラス張りのベタおしゃれな店が突如現れる。昼間はセルフスタイルのうどん屋、夜は串天や一品料理で飲み、うどんで〆る居酒屋スタイルだが、マニュアル化されたセルフうどんチェーン店とは全く異なった雰囲気を備えている。店内はテーブル席と奥の立ち飲みスペースに分けられ、立ち飲みスペースの壁は落書き自由。既に壁一面がカラフルに彩られていた。 メニューは、種類豊富な「串天」各種(各120円~180円)と「うまげな」にはなかった銀三オリジナルの「串おでん」(各120円~180円)のほか、生レバー(480円)やハツ刺し(480円)、だし巻き玉子(380円)などの一品料理も充実。名物の串天はイタリアンな一品「モッツアレラトマト」、半熟卵を丸ごと揚げた「マラカス」、イカの頭にうずらの卵が入った「いかのたまご」など、ここでしか味わえない串天が揃う。季節ごとのオススメ串も随時追加されるので、壁に張り出されたオススメメニューも要チェックだ。 ドリンクメニューはビール、日本酒、焼酎などの定番ラインナップのほか、クエン酸入りサワー「おつかれ酸」(350円)や、紫蘇炭酸の「こだまサワー」(380円)など、銀三オリジナルドリンクの姿も。お昼のメニューはシンプルに4種類。いりこが効いた熱い出汁の「串天うどん」480円、だしをぶっかけ絡めて食べる「串天ぶっかけ」580円、おろししょうがが効いた冷たいうどん「串天ざる」580円、ピリ辛の肉汁に冷たいうどんをつけ、いりこ出汁で割って頂く「肉汁つけめん」680円。それぞれ100円増しで大盛りにできる。程よいコシのうどんは、従来のはなまるうどんより0.3mm細いものを使用。いりこが効いた讃岐風のあっさりした出汁も店舗で毎日ひいている。 個性的な飲食店が点在する東銀座だが、大通りから一本路地を入ったところにある同店。「あえて銀座の二等立地でチャレンジしようと思った」と株式会社はなまるの新規業態開発部・岡山マネージャーは語る。さっくりと揚がった天ぷら衣の中から、様々な具材が飛び出す串天は、ワクワクしながら食べられる、日本を代表するファーストフードだ。使い勝手のいい一軒がまた銀座を賑わせてくれることに期待したい。

店舗データ

店名 立呑みうどん酒場 銀三 (ぎんぞう)
住所 東京都中央区銀座3-14-7 鷲尾ビル1F

 >> GoogleMap見る

電話 03-6226-5870
営業時間 月~金11:00~15:00、17:00~23:30
土 11:00~15:00
定休日 日祝
運営会社 株式会社はなまる
関連リンク はなまるうどん
※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

ヘッドライン一覧トップへ


飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.