飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

世界第1号!天ぷら革命『ふじ好』に注目!こんな天ぷら見たことない!という、未だかつてないスタイルと味で勝負する新しい天ぷら屋が神保町に登場!

圧倒的な存在感の特大天然車海老が2本ついた「大ふじ好」(1500円)
肉の天ぷらだけでも珍しいが、様々なアレンジを施す男勝りの「大にく好」(1500円)はご飯大盛りもサービス!
店名が力強く描かれた赤い大きな看板が目印。世界1号店は、古き良き天ぷら屋の面影を残す店構え
「ポジティブに!正直に!!可愛らしく!!」がモットーのオーナー藤本孝博氏

“天ぷら革命”と銘打った、今までどこにもなかった「天ぷら」を提供する「天ぷら革命『ふじ好(ふじごのみ)』」(TFJ 、東京都新宿区、代表取締役社長:藤本孝博氏)が、2010年12月15日、世界第1号店として神保町「天ぷら いもや 三丁目店」の跡地にオープンし、大きな注目を集めている。
オーナーの藤本孝博氏はマクドナルド出身。3代目草履屋の跡取り息子として大阪に生まれたが家業は継がず、マクドナルドに入社。画期的な取り組みやクリエイティブなアクションを展開し、着実にキャリアを積んでいたが “45歳で独立する”というビジョンを持ち続け、以前から少しずつ準備を進めていたという。年齢の根拠は、日本マクドナルド・日本トイザラスの創業者である藤田 田氏の言葉。これを実現するように、昨年5月退職し、独立を果たした。
店名の「ふじ好」は、藤本氏の家業の草履屋の店名からとったものである。天ぷらといえば、「高級・接待・男性」などといった“お堅いイメージ”が定着し、普段使い出来る様な天ぷら屋は案外少なく、加えて家庭では「揚げ物は面倒だ」と、食卓に揚げたての天ぷらが登場する機会も減っているという。「最近、いつ天ぷら食べましたか?」取材が始まるなり、藤本氏にそう問いかけられたが、記者も記憶を辿るに思い出せない。日本料理を代表する“天ぷら”という認知がありながらも、食すシーンは意外と少ない。それこそ、藤本氏が天ぷら屋として店を開いた大きな理由である。「こんな天ぷら見たことない!」というコンセプトを掲げ、高級店とファストフードの“中間層”として、新たな天ぷら業態を開拓すべくオープンに至った。
メニューは「味とボリュームとアイデア」を軸に、セットメニュー(天ぷらの盛合わせ、ご飯、味噌汁)と単品で構成されている。セットメニューは全部で5種。お薦めは「大ふじ好」(1500円)と「大にく好」(1500円)。“これぞ天ぷら革命”というべき「大ふじ好」は、特大天然車海老2本、海老パン、肉の天ぷら1品、季節の野菜かきのこから3品の計7品で、肉・野菜・変わり種が一通り味わえる。藤本氏が“天ぷらの王様”と称する海老は、「どこにも負けない」と納得できるまで食べ尽して精選した、渾身の特大天然車海老だ。はじめに1本、締めにもう1本出てくるのは、「好きなものを最初に食べる人、最後までとっておく人、どちらにも満足してもらいたい」というお店の気配りから。一方、“超男勝り”な「大にく好」は、牛フィレ2個、豚角煮、鶏ささみデミグラス、バクダンミンチ、粗挽きソーセージ、季節の野菜かきのこから2品の計8品。鉄板焼のような上品さのある牛フィレ、箸がすっと入るほど柔らかい豚角煮と衣の取り合せ、淡白×濃厚のコントラストが斬新な鶏ささみデミグラスは、店で仕込んだ特製ソースを使う手の込んだ一品に。単にボリュームだけが売りなのではない。その他「えび好」(1000円)、「にく好」(1000円)、「あなた好」(1000円)がある。単品では「トマトチーズ」(200円)や「カニかな?」(200円)、「生麩」(200円)など、従来のイメージにとらわれず、自由な発想の天ぷらが揃っているのもこの店ならではだ。また、藤本氏によれば、近々、驚くような新メニューの登場も控えているという。これらとともに、必ずやお試しいただきたいのは、おみやげとしても販売している「ふじ好特製イカの塩辛」(450円)だ。お酒もご飯も進んでしまうこの塩辛、店内なら無料で食べ放題というのが嬉しい。
一方、ドリンクは極めてシンプル。アルコールは日本酒、芋・麦焼酎、ビール、カヴァそれぞれ1銘柄のみという潔さ。日本酒は福島県の「寫樂(しゃらく)純愛仕込み」。愛情たっぷりに仕込まれた純米酒でラベルにも“純愛”と表記されているのが面白い。麦焼酎は、「おそらくここでしか飲めないでしょう」という宮崎県の「銀の水」といった、藤本氏が自信を持ってセレクションしたものを用意。アルコールが苦手というなら「キューピット」(500円)はどうだろう。「30年前の大阪の喫茶店にあった裏メニューなんです」という藤本氏の思い出“カルピスのコーラ割”を置くという遊び心もあるのだ。
「天ぷら革命」と謳う藤本氏の取り組みは、常に進化を遂げながら拡大していくことだろう。2年で東京に10店舗、更に上海・シンガポールへのアジア進出を視野に入れ、「ふじ好」の天ぷらが世界ブランドになる日も、そう遠くないかもしれない。

(取材=小野 茜)

店舗データ

店名 天ぷら革命 ふじ好
住所 東京都千代田区神田神保町3-1-13
アクセス 地下鉄 神保町駅A1出口より徒歩1分
地下鉄 九段下駅6番出口より徒歩3分
電話 03-6272-6874
営業時間 11:00~22:00
定休日 無休
坪数客数 13坪・15席
客単価 1300円~1600円
運営会社 株式会社TFJ
関連リンク 天ぷら革命 ふじ好
※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.