飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

産地直送・鮮度抜群の鶏肉を多彩な鶏料理に仕立てて差別化!龍家が住宅街立地で打って出る新業態店「大衆鳥酒場 ひよっこ 大山店」がオープン

店舗の2階は大広間で予約制に。昨今流行の売り物商品を大判の看板で掲げるスタイルを採用するなど、時流も取り入れる
元和食居酒屋の居抜き店舗で開業。出店コストを抑えながら無理のない健全経営を目指す
子供を持つ母親の飲み会が多い土地柄に着目し、小学生までの子供客にはソフトドリンクを何杯でも無料で提供。ファミリー客の集客にも威力を発揮
龍家代表取締役の瀧宮優至氏(右から2人目)、営業本部長の北野達巳氏(左から2人目)が先頭に立ち、若い力を発揮してスタッフを牽引

(取材=印束 義則)


繁華街立地、住宅街立地には、それぞれの立地条件に即した商売のやり方がある。東京・池袋駅近くのビル5階で10年ほど営業を続けてきた中華居酒屋「たつみや」を運営する龍家(東京都豊島区、代表取締役:瀧宮優至氏)が、9月13日、池袋から電車で3駅先の大山に新業態店をオープン。それが鶏料理を売り物にした大衆居酒屋「大衆鳥酒場 ひよっこ 大山店」だ。大山は東京でも有数の大きな商店街のある街としても知られ、「ひよっこ」はその商店街から一歩入った駅近くの路面に立地する。
同店は宮崎の養鶏所から直に仕入れる、締めてから24時間以内に店舗に配送される鮮度抜群の鶏肉をメイン食材に据え、メニュー表などでも「自然豊かな環境の中で育てられ乳酸菌やハーブを飼料に配合し、鶏の腸内環境を調えることで、抗生物質や抗菌剤を一切使用しないで育てられた健康な若鶏を使用しています」とその品質のよさを積極的にアピールする。普通、大衆的な鶏料理と言うと焼とりが一般的だが、同店では鶏肉の鮮度のよさを何よりも重視し、串に刺すことで手に触れる、あるいは空気にさらされる時間が増すなどの要因を極力減らすため、焼とりではなく鶏肉をぶつ切りにして網焼きにする“鳥焼き”料理を売り物商品に採用。“鳥焼き”は部位別に焼き上げた「レバ焼き」「ハツ焼き」「砂肝焼き」「ぼんじり焼き」「セセリ焼き」「皮焼き」(各294円)や、もも、レバ、ハツ、砂肝、セセリ、ぼんじり、コツガラを盛り合わせた総重量300g以上の「ひよっこ焼き」(714円)、300gとボリュームたっぷりの「特盛もも焼き」(935円)を揃えて名物化を図った。
また、昨今人気が上昇している鶏の唐揚げにも着目し、実に8種もの多彩なバリエーションの鶏の唐揚げを揃えて魅力を強化。内容は「鳥の唐揚げ」「秘伝の手羽先揚げ」「ヤミツキヤゲン軟骨揚げ」「THEコツガラ」(各504円)、「油淋鶏 ユウリンチィー」「和風おろポンサッパリ鳥カラ」「自家製タルタル チキン南蛮」「スパイシー辛揚げ」(各609円)。唐揚げ専門店にも引けをとらないバラエティーに富んだ商品構成で、“鳥焼き”と並ぶもう一つの柱ともなる商品に仕上げている。さらに“こだわり鳥菜”として、“目指せ!大山発のB級グルメ”を謳う「鳥煮込豆腐」(504円)、限定20食の「鳥でユッケ」(609円)、「鳥のちゃんちゃん焼き」(504円)など9種の鶏料理を揃えて脇を固めた。その他、30種以上ものメニューを取り揃え、何度足を運んでも飽きのこない魅力を打ち出している。
もともと同店が使用する鮮度抜群の鶏肉は、当初、既存店の「たつみや」で使用する予定であったが、路面店で新店舗の開業を進めるうちに今回の大山の物件が見つかり、周囲に中華業態の店が沢山あったことから中華居酒屋の「たつみや」ではなく別業態での開業を検討。その結果、既存店で使用する予定の鶏肉を新店舗のメイン食材に採用し、親しみやすく、それでいて専門性の高い業態として“大衆鳥酒場”を作り上げたのである。
住宅街立地という立地特性を十分考慮して、気軽な日常利用客やファミリー客の集客を睨んだ売り方もひと工夫。例えば、生ビールは中ジョッキ(504円)の他に、安く飲みたい、あるいはとにかく沢山飲みたいといったお客向けに、“第3のビール”の中ジョッキ(305円)とメガジョッキ(609円)を用意。また、日替わりのお通し(294円)もカツオのたたき、なすのオランダ煮といった料理性の高いものにして商品力を高めながら、その一方で希望者のみに提供するようにして「お通しはいらない」といったお客にも柔軟に対応。さらに、小学生までの子供客にはソフトドリンクを何杯でも無料で提供するなど、子供を連れてファミレス感覚で気軽に楽しめる地域に根づいた店づくりを目指している。
「ひよっこ」は同社代表取締役の瀧宮優至氏と営業本部長の北野達巳氏が中心になって作り上げた業態で、「まだまだ自分たちは“ひよっこ”です」との謙虚な思いを忘れないように自戒の意味を籠めて店名に採用。27歳の瀧宮氏、33歳の北野氏の若い力が先頭に立って舵を切りながら、群雄割拠する居酒屋業界に果敢にチャレンジ。目標月商は500万円を掲げ、さらに年内もう1店舗の出店を目指す。繁華街立地から住宅街立地へ。“慢心”することのない若い力が、“満身”の力で新たな新境地を切り開く!

店舗データ

店名 大衆鳥酒場 ひよっこ 大山店
住所 東京都板橋区大山町8-1

 >> GoogleMap見る

アクセス 東武東上線大山駅より徒歩1分
電話 03-5926-3232
営業時間 15:00~翌3:00
定休日 無休
坪数客数 30坪・60席
客単価 2300円
運営会社 有限会社龍家
関連リンク ひよっこ 大山店(ぐるなび)
※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

ヘッドライン一覧トップへ


飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.