飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

関東初!門外不出の「漢方豚」を薬膳火鍋で―。「銀座の豚鍋」から今秋、身体の中からキレイになれる「三色薬膳火鍋」が登場!

通常の2色スープに、新たに「琥珀色」のオリジナルスープを加えることで、新しい火鍋の食べ方を提案する「三色薬膳火鍋」
関東初上陸の希少な「漢方豚」。14種の生薬を肥料として育てられた宮城県産の黒豚だけに、薬膳スープとの相性も良い
90席ある店内は、落ち着いた雰囲気で、個室も多くある。また「銀座で予算4,000円」という価格設定も、ビジネスマンが気軽に利用できるポイントだ

エフアンドビー・プロジェクト(東京都港区、代表取締役・織岡陽一郎氏)が今年5月にオープンした「銀座の豚鍋」は、世界各国の豚を使った鍋と、バリエーション豊富な豚肉料理をそろえる店。同店の2010年の新作鍋は、関東ではここだけしか食べられない幻の「漢方豚」で食す「三色薬膳火鍋」(1人前2,280円、注文は2人前~)。

「漢方豚」は、宮城・くりこま高原のストレスのない環境で、ナツメやサンザシなど14種の生薬を食べて育てられ、脂の臭みがなくさっぱりとした味わい。コラーゲンやオレイン酸に加えて漢方由来のビタミンEやα-リノレン酸を多く含み、栄養価にも優れているという。生産数が非常に少ないため県内でもほとんど流通しておらず、もちろん関東では初登場となる大変希少な豚だ。

またスープは、同店の客層が中高年の男性客も多いことから、日本人シェフが食べやすくアレンジ。本場のレシピに基づき、草果、唐辛子、陳皮、狗杞の実など16種類の生薬を使用しつつ、薬膳くささをやわらげてオリジナルの味に仕上げている。ビタミンが豊富で美肌に効果的な「龍眼」や「棗(ナツメ)」、身体を温める作用をもつ「当帰」、代謝を上げる「ヨクイニン」など、女性に嬉しい効能が含まれており、美肌やデトックス効果も期待できる。

さらに、火鍋は通常は2色のスープが基本だが、同店では3種類のスープを用意。鶏ガラと薬膳をベースにした、刺激的な辛味の「麻辣湯」、豆乳のまろやかな「白湯」に加え、オリジナルの「香菇湯」の3種類を用意。「香菇湯」は、「香菇(シャングー)=椎茸」をたっぷり加えてキノコの旨みをうつしたスープで、コクがありながらも和風のすっきりとした味わいだ。

他に、よりヘルシーに食べられる「漢方豚と海鮮の蒸し鍋」(1人前2,480円、注文は2人前~)も用意。さらに追加肉のバリエーションとして、希少価値な「みやじ豚」、ハンガリー原産で「食べる国宝」と称される「マンガリッツァ豚」なども揃えており、いろいろな豚の食べ比べが楽しめるのも同店ならではの魅力だ。

(取材=河森 理恵)

店舗データ

店名 オーガニック個室ダイニング 銀座の豚鍋
住所 東京都中央区銀座7-2-17 銀座不二家ビルB1
アクセス JR・東京メトロ 新橋駅から徒歩5分
電話 03-6252-4129
営業時間 17:00~23:00
定休日 日曜(連休の場合は営業、月曜定休)
坪数客数 58坪 90席
客単価 4000円
運営会社 株式会社エフアンドビー・プロジェクト
関連リンク 銀座の豚鍋(ぐるなび)
※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.