飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

コラム

多様化するプチ・リッチな「ワインバル業態」

カジュアルリッチ"が飲食マーケットのキーワードになってきたが、その波に乗って、日常生活のなかで手の届くちょっとした贅沢、"プチ・リッチ"ニーズを捉えた「ワインバル業態」が急速な広がりを見せている。"

PROFILE

佐藤こうぞう

佐藤こうぞう
香川県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業後、日本工業新聞記者、雑誌『プレジデント』10年の編集者生活を経て独立。2000年6月、飲食スタイルマガジン『ARIgATT』を創刊、vol.11まで編集長。
その後、『東京カレンダー』編集顧問を経て、2004年1月より業界系WEBニュースサイト「フードスタジアム」を自社で立ち上げ、編集長をつとめる。


“がぶ飲みスタイル”で広がるワインバル業態。ワインの新しい価値観を広げ、バルはすっかりと身近な業態となった。円高で輸入ワインの原価が下がっていることから、良質のワインを安く提供できるようになったことも大きい。安く美味しいワインと料理でデイリー使いが基本のバル業態は、赤ちょうちん的立ち飲みポジションでもある。しかし、赤ちょうちん的立ち飲みと大きく異なるのは、お手ごろワインのみならず、ちょっと贅沢なワインもラインナップされるアルコールドリンクの価格幅である。料理もビストロやトラットリアのカジュアル版となり、デイリーな中にも、ちょっと贅沢な気分が味わえる。まさにバル業態はプチ・リッチニーズに応えているといえるだろう。人形町にオープンしたのは「鉄板焼き&ワイン一の屋・人形町バル」。各地の生産者さんとの信頼関係による新鮮で高品質な産直食材で、ちょっと贅沢な美味しさが堪能できる。お手ごろ価格から6000円台といった高額ワインも揃えたワインで、がぶ飲みから、“プチ・リッチ飲み”までに応える。神楽坂にオープンした「ASADOR EL BUEY」。銀座の「EL CERDO」、神楽坂「El Pulpo」に続き、3店舗目のスペインバル業態となる。スペインバルブームは去ったものの、このグループは数少ない勝ち残り組みだ。「ASADOR EL BUEY」では雄牛の肉をコンセプト食材にした。この雄牛肉は店で手間をかけ熟成させたもので、時間の贅沢だ。2種類のステーキは、それぞれ1500円、2200円からと、手の届くちょっと贅沢価格でプチ・リッチ気分味わえる。1000円以下の料理も充実し、ちょい飲みで過ごすことも可能である。ワインはボトルで2800円からの品揃え。同じく神楽坂に出来たのはヴェネチア料理酒場「Il Sacmpi」。ヴェネチア料理を主軸にカジュアルなイタリアン惣菜とイタリアンワインが気軽に楽しめる。自ら酒場と名乗るように日常使いが基本だが、スカンピのグリルが1280円、ワインは5000円以上もあり本格イタリアン気分で楽しめる。渋谷の神泉にオープンした「Pizzeria MERI PRINCIPESSA」。白をベースにした開放的でおしゃれなインテリアが一際目につく店は、1階が立ち飲み、地下はテーブル席。地下では1000円台のピザを1階のスタンディングでは500円、ワインも1000円引と、かなりのお得感。半面、地下ではちょっと贅沢にプチ・リッチで味わえる。田町駅近くにオープンした「地中海ビストロShiba」。居酒屋を展開するKUURAKUグループの新業態だ。フレンチをベースにした料理とワインが楽しめる。パテドカンパーニュといった定番料理にココット料理やフライパン料理といった熱々の料理も揃えている。1階はテラス席、カウンター席のカジュアルスタンス、2階はテーブル席でビストロ気分も高まる。超庶民的居酒屋「さくら水産」を展開するテラケンの新業態「赤坂ワイン酒蔵」。テラケンの得意とする海鮮料理を中心にした南欧風のバル料理が並ぶ。ワインは130種類以上で、名高いオーパスワンも置かれ、お気軽ワイン酒場で、ちょっとしたリッチ感に浸れる。「Caro di Ebisu」は三軒茶屋の人気イタリアン食堂が恵比寿に同様のカジュアルイタリアン業態をオープンした。釜焼きピザ、パスタに、メインディッシュまでメニューは充実する。ワインは1000円台から、10,000円台までも品揃え。ピザとワインの日常使いから、ちょっと贅沢に本格的なイタリアンレストランとして使える。ネットショップ「ワインショップソムリエ」を運営するトゥエンティーワン コミュニティが六本木の自社ビル1階にオープンした「ぶどう酒食堂 さくら」はオープンキッチンのテーブル席とスタンディング、さらにセラーを併設し、タパスから本格ピザ、イタリアン料理までを提供。シーンによって使い分けられるプチ・リッチ性が楽しめる。小売りショップも併設し、ショップで買ったワインをレストランに持ち込んで飲むこともできる。価格幅のあるワインを軸に、ビストロからイタリアン、和テイストの料理まで多様なメニューを提供でできる「ワインバル業態」、これから“ポスト低価格居酒屋業態”として、飲食マーケットの前面に登場してくることは間違いない。

コラム一覧トップへ


飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.