飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ドトールコーヒーの新業態「本と珈琲 梟書茶房(フクロウ ショサボウ)」 がEsola池袋にオープン


ドトールコーヒー(東京都渋谷区、社長:星野正則氏)は、Cafe&Bookの新業態「本と珈琲 梟書茶房(フクロウ ショサボウ)」を6月30日に、東京メトロの池袋駅直結の駅ビル「Esola(エソラ)池袋」4階に出店した。コンセプトは「Coffee Meets Books」。 独自の選書センスで人気の高い「かもめブックス(神楽坂)」の代表でありエディトリアル・ジェットセットに属する柳下恭平氏とコラボレートし、本と珈琲の新しいブランドを生み出した。 同店は本屋に併設するカフェではなく、喫茶店の中で思いがけない本との出合いや、読書を愉しむ時間を提供することを重視している。取り扱う約3000冊の本は柳下氏が「あらたな本との出合い」をテーマに選書したものだという。コーヒーは、日本スペシャルティコーヒー協会副会長で同トレイニング委員長を務める菅野眞博氏(同社取締役)が、コンセプトに合わせて開発した「梟(フクロウ)ブレンド」を採用している。グアテマラをメインにビターチョコレートのような深いコクとボディ感を表現した深煎りコーヒーで、オーダーを受けてからサイフォンで丁寧に抽出するという。

■住所:東京都豊島区西池袋1-12-1 ■詳しくはこちら

ニュースフラッシュ一覧トップへ

Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.
Sitio web optimizado por: SEO Valencia
Plugin Modo Mantenimiento patrocinado por: Plugin WordPress Maintenance