飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

新しいカタチの日本酒専門店「KURAND SAKE MARKET(クランドサケマーケット)」が3月19日池袋西口にオープン。運営は話題の酒の情報サイト「NOMOOO」も手がける業務酒販店のリカー・イノベーション

エレベターの扉が開くと日本酒ボトルをディスプレイしたおしゃれなカウンターが迎えてくれる
盛り上がりベストポジションのテーブル。目の前には棚にも冷蔵庫にもぎっしりと日本酒が並ぶ
5〜6人対応のテーブルは、日本酒を縁に新しいコミュニケーションが生まれるという
オーナーの荻原恭朗氏。新しいSAKE文化のリーダーだ

“新しいSAKEのカタチをつくる” をミッションとする酒類の通販、販売、卸し業を行っているリカー・イノベーション(東京都足立区、代表取締役 荻原恭朗氏)が3月19日、池袋西口、グルメ通りに面したビルの4階に「KURAND SAKE MARKET(クランドサケマーケット)」をオープンさせた。同店は3240円の入店料のみで、100種類の日本酒をセルフスタイルで時間無制限で楽しめる。しかもフードは持ち込みで、途中買い出しも可能という自由で大胆なシステム。ただし、入店は基本ウェッブサイトからの予約が必要で、オールスタンディング70名定員の内、40名が事前予約で当日入店出来るのは30名。

同社は、酒販店としての通販を軸に、酒のメディアとして飲食店をはじめとして酒に関わる様々な情報も発信するWEBマガジン「NOMOOO」を運営する。そして、商店街とコラボレーションし、エンドユーザーと日本酒の蔵元を繋げるイベントを主催するサイト「KURAND」の運営。それは、広がりを見せる日本酒マーケットでありながら、年々廃業し、減少するという日本酒蔵の現実を憂慮し、日本酒文化を後世へ伝え残すためのコミュニケーションの場、情報交換の場なのだ。

入店すると先ずは途中出入りのための特殊インキの判を手に押してくれる。次は枡、ぐい呑みなど5種類ある中から好きなタイプを選ぶことが出来る。各テーブルには和らぎ水を置き、1 時間毎に一斉に水を飲むとことを行い、和らぎ水のすすめと酔っぱらいを防止している。

日本酒で漬けた梅酒や日本酒のリキュールを含め100種類を揃える日本酒。話題や人気の銘柄も並ぶが、地域だけで飲まれるような地方の貴重な銘柄や同社のオリジナルの限定の銘柄も多くあり、他では味わえない出会いがある。代表の荻原氏がスタッフともに積極的に訪れ親交を深めている地方の蔵や家族だけで酒造りをするような小さな蔵の酒である。日本酒造りに情熱をかける蔵元の姿やストーリーを伝え、多くの人にその存在を知って飲んで欲しいと同氏の想いが込められている。そんな同社の集大成としてリアルなカタチにした同店は、単に日本酒を飲む飲食店としてではなく、一人でも多くの人に日本酒を知るための場、啓蒙の場としての意義を持つのだ。

日本酒は全ての銘柄がリストアップされ、番号、県、蔵元名、商品名、日本酒のタイプの分類、メモ欄までを一覧表となっている。一方、冷蔵庫に入る日本酒には番号とタイプ別に色分けされ、表と照らし合わせながら、初心者でも気軽な飲み比べが楽しめる。また、湯煎の酒燗器もあり、セルフで燗酒体験が手軽に出来る。日本酒のほか、「生ビール」(200円)のセルフマシーンもある。フードは基本持ち込みとなるが、まさに日本酒のアテといったおつまみ程度のフードが7、8種類を揃える。「十勝クリームチーズの鰹節醤油かけ」(200円)や長野県産の「国産そば実100%のそば味噌」(200円)といった各地の隠れた銘品が多いのも特徴だ。価格は200円〜700円前後となっている。

同店はオープンに際し、新しい参加型投資で注目されるクラウドファンディングで、多くの賛同者となるサポーターを集め、顧客集客とPR活動に大きく反映させた。ITを駆使し新しい時代の情報型ビジネススタイルと日本の古来の酒文化を継承させるマインドがコンプレックスして生み出した“新しいSAKEのカタチ”。1号店に続く、2号店をはじめとした新しいカタチ創りに目が離せない。

(取材=にしやま とみ子)

店舗データ

店名 KURAND SAKE MARKET(クランドサケマーケット)
住所 東京都豊島区西池袋3-2-7 S&Kビル4F
アクセス JR池袋駅より徒歩4分
電話 03-6912-6686
営業時間 17:00〜23:00
定休日 不定休
坪数客数 28坪・70人
客単価 3240円
運営会社 リカー・イノベーション株式会社
関連リンク リカー・イノベーション(HP)
関連リンク KURAND SAKE MARKET(HP)

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.
Sitio web optimizado por: Diseño Web
Plugin Modo Mantenimiento patrocinado por: Wordpress modo mantenimiento