飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

スペシャル企画

スペシャル企画 第7回 際コーポレーション全店で喫煙環境の店頭表示開始!


"飲食店とタバコ"をテーマにスタートした同連載企画も、今回で第7回。「飲食店はタバコに対してどう向き合うべきか?」という課題を、飲食店経営者、行政、ディベロッパーなど多方面の人々から話を聞いていく中で1つの答えがでた。それは、店の外にタバコ環境を示す表示があるといいのではないか…という事。しかし"表示により売上が下がるのでは!?"という懸念の声も少なくない。そんな中、外食産業のドン、際コーポレーションの中島社長がタバコ環境の全店表示に踏み切った。その考えとは?

中島社長

– 前回、同連載で取材させていただいたのが6月で、その時既に社長は、飲食店はサービスの一環として「店外表示」をすべきだとお話されていましたが・・・。
今回、直営全店(264店舗)における喫煙環境の店外表示に踏み切った経緯を教えてください。

飲食店でのタバコの問題というと、やはり僕が店に出ている時にお客様が店に入って来てすぐに「禁煙ですか?」「喫煙ですか?」と質問している様子を毎回見かける。

そして、店の外を見ればタバコを吸いたくてうろうろとしている人がいる。

そんなことから、分かり易く、ダメならダメ、いいならいいと、店の外に表示してあげましょうと。この話題がでる度、僕は、飲食店がまず、分煙、禁煙を明確にしようと言い続けてきたんです。で、言うだけ言って本人がやらないのはおかしいでしょ、ということで始めた次第なんです。

– 表示をすることによって想定されるメリット、デメリットはありますか?

想定されるのは、メリットとか、デメリットということじゃないと思うんです。

僕たちはサービス業ですから、サービス業としての基本的なことを少しでもやってあげようというのが仕事であって、タバコを吸えるからお客様を動員できるという事じゃない。ただ、「吸えるんですか?」「吸えないんですか?」と出入りする事が無くなり、迷わないで済むので、お客様にとっては分かり易くて親切なんじゃないですか。

我々のメリットとすれば、こういう表示をきちっとしているという会社の信頼をPRしてるだけ。デメリットに関しても、もしタバコが嫌いな方が店に来て「喫煙」と書いてあったら入ってこないと。でも、それって1回だけのことですよね。その方がタバコを本当に嫌いで、お店が入ったところ煙がモクモクしているところだったら、もう来ないですよね。飲食店は観光地じゃありません。一回だけのお客様で仕事をしている訳じゃありませんから。そう考えれば、デメリットも少ないんじゃないですか。

– 外観、内装にもこだわる御社の店舗で、タバコに関する表示をだすのに抵抗は?

葱屋一心居

こだわるもなにも・・・あの、料亭じゃないんで。料亭さんで「カードが使えますよ」とか「お煙草が吸えますよ」とか、それはさすがにやらないと思うんですね。ただ、私たちは、多くのマスのお客様を対象にしていますから、それに対して、デザインにこだわっているということは、あまりに稚拙というか幼稚じゃないかと思うんです。

表示物はひとつの記号みたいなもので、抵抗はないですね。

 

– デザインに関しては、どのような事を気にして作成しましたか?

本来はもう少しバリッと、デザイン性の強い感じにしようと思ったんですけど、色々なタイプのお店があるので、あまりスタイリッシュでかっこいいものだとちょっとね。分煙用表示物それに、あまりきついものを表示したくなかった。見てもらえば分かるけど、少し優しいでしょ。うちはあのシールを全店に貼ります。また、もし分けてくれというなら全然構わないですよ。他所でも使いたいというなら、使っていただいても結構です。

※表示ステッカー10枚綴り 1000円(税別) 問合せ:03-3485-8157 担当:遠藤

– 最後に、タバコ環境の店外表示が広まった後、次段階として、店が取り組まなければいけないことはなんでしょうか?

世の中の変化とか行政の指導とか、そういうことがありますから。それに従ってやっていこうと思ってますが、分煙できるとこはなるべく分煙していこうと思っています。

ただ、分煙環境をきちっとしていくというのは、これからお店を作る人たちが、それを考えて作っていく方が現実的です。後からやる人たちが分煙に対する経費を捻出するのは経済的に厳しいですから。再投資は、飲食店はそんなにできないと思うんです。分煙したからって集客ができる訳じゃないしですし。

ですから、極力、これから作る方々、リノベーションするとか、そういう時には考慮していくべきじゃないですか。うちも、今はまだ表示を始めた段階ですから。どういう結果がでるのかっていうことを示唆し、それを基に検討していきたいと考えてます。

 

企業データ
会社名;際コーポレーション株式会社
本社所在地;東京都目黒区大橋2-22-8千歳ビル2F.3F.4F.5F.8F.9F
設立年月日;1990年12月7日
社員数;1,194名(2008年10月末)
資本金;5億4106万円
売上高;24,722百万円(2008年10月期)
店舗数;366店舗(内、直営飲食店264店舗)
URL;http://kiwa-group.co.jp/

スペシャル企画一覧トップへ


飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.