飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

人気雑誌直営店「ベジィマルシェ&ベジカフェ食堂」が4月10日、笹塚に誕生! 食の新潮流を次々生み出す話題のスポットとして話題!

笹塚十号坂商店街の中に立地する同店。運営母体であるキラジェンヌ株式会社の階下で営業中
物販ショップ(左手)とカフェダイニング(右手)を融合させた店内
「日替わりベジプレート」。18時まではサラダとスープのビュッフェが付く
雑誌『VEGGY STEADY GO!』編集長で、キラジェンヌ代表の吉良さおり氏

日本初・唯一のオーガニック&ベジタリアン情報誌として、近年の食のトレンドの火付け役を担ってきた「VEGGY STEADY GO!(ベジィ・ステディ・ゴー)」(キラジェンヌ刊、代表取締役:吉良さおり氏)が、ついにリアルな店舗を開店させた。「ベジィマルシェ&ベジカフェ食堂」は、誌面で話題のアイテムを実際に手に取ることができる物販ショップと、それを味わうことができるカフェダイニングを融合させた新店舗。同時オープンしたネットショップや雑誌本体との連動体制で、“ベジィなライフスタイル”を、より多くの人に楽しんでもらう仕掛けだ。 同店のプロデュースを手がけるのは、母体の雑誌『VEGGY STEADY GO!』編集長の吉良氏。欧州留学やヨガとの出会いを通じてベジタリアン・ライフに魅了され、帰国・結婚後の2008年に雑誌を創刊。玄米菜食「マクロビオティック」、インドの医学・健康法「アーユルヴェーダ」、薬膳といった様々な考え方を、"ベジィ" なライフスタイルとして、おしゃれに提案。日本ではあまり知られていなかったベジタリアン食を浸透させてきた。昨今話題の「酵素」や非加熱食「ローフード」といったテーマも数年前からいち早く紹介するなど、時代を先行くライフスタイル情報誌として、女性を中心とした、感度の高い層の支持を集めている。 料理のコンセプトは「安心の料理を、毎日いつでも食べられる」こと。「海外では、ベジタリアン食は日常食として多くのレストランで提供されているといい、日本にも当たり前のように浸透させたい」という。毎日通っても飽きの来ないようにと、さまざまなジャンルにまたがる創作ベジタリアン料理を、とにかくお腹いっぱい食べられるのがポイントだ。店名の「ベジカフェ食堂」には、敷居の高いレストランではなく、気軽に毎日食べに来てほしいという思いを込めた。 メニューの主力は、1100円からのセットメニュー。ベジミートと野菜を使ったしっかり焼餃子、ひじきとハトムギのあんにサルサソースをかけた美人餃子、食堂の野菜カレー、各種のスムージーなどからメインの料理を選択できる。これに日替わりの惣菜類とごはん、さらに18時まではサラダとスープのビュッフェがセットになっており、栄養・ボリュームともに満点。男性にも喜ばれているという。サラダは、珍しいオーガニック野菜を、オリジナルのドレッシング4種や数十種のフレーバーソルト、ビネガー、オイルなどで好みに味付けできるのが好評。このほか、雑穀テリヤキバーガーをはじめとした、各種の「創作ベジバーガー」(880円~)も人気だ。 食事以外の使い方にも柔軟に対応する。「豆乳甘酒アイスクリーム」、「ブルーベリープディング」、「ソルベ」ほか、季節の食材でできた体に優しいスウィーツ類は、300円台から。緑茶・紅茶・ハーブティー・コーヒー・ココア・ジンジャーエールなどオーガニックのドリンク各種(400円~)とともに、午後のひとときを心豊かに過ごすのに最適だ。同じく300円台からの豊富な一品料理と、グラス1杯500円からの各種オーガニックワインで、仕事帰りの一杯といった使い方も可能。営業は、毎日22時までとなっている。 なお、料理に使用されている食材は、店内の物販コーナーで購入することができる。なかでも、吉良氏の地元・九州産が90%を占めるという有機野菜は、安心安全な食材を求めるママたちに大好評。また、なかなか手に入りにくいローフードの専門食材も喜ばれているという。そのほか、マクロビオティックやアーユルヴェーダなど、さまざまなジャンルの食材が一堂に集まる同店。このような自然食品店は他に類を見ないため、雑誌で取り上げた品を買いに来る読者や、食材にこだわりを持つ近隣の主婦らの人気を集めている。フェアトレードの雑貨や化粧品、洗剤などの日用品も含めると、のべ300アイテム以上が、所狭しと並んでいる。 自身も2人の子どもの子育て中だという吉良氏は、同店を発信基地として、「オーガニックやベジタリアンの考え方を広め、子育てや食育に関する世の中の意識を変えていきたい」と話す。店内で料理教室などのイベントを定期的に開催しており(※内容や日程はベジィマルシェのHPに掲載)、今後は、雑誌と連動した商品開発にも力を入れていきたいという。20~30代の女性を中心に、美や健康に敏感な人々が集う同店。「酵素」や「ローフード」に続く、新たなトレンドが生まれていくに違いない。

(取材=生井 みづき)

店舗データ

店名 ベジィマルシェ&ベジカフェ食堂
住所 東京都渋谷区笹塚3-19-2 青田ビル2階
アクセス 京王線笹塚駅より徒歩7分
電話 03-5354-8038
営業時間 12:00〜22:00
定休日 月曜はマルシェのみ営業(12:00~20:00)、第2・4火曜はカフェメニューでの営業(ベジバーガー、デザート、ドリンクメニュー)
坪数客数 30坪・20席
客単価 1500〜2500円
運営会社 キラジェンヌ株式会社
関連リンク ベジカフェ食堂(ブログ)
関連リンク ベジィマルシェ(オンラインストア)
関連リンク キラジェンヌ
※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.