飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

旨いビールと本格的な料理を味わうならここで!ノスタルジックな雰囲気の大人の酒場「GINZA BEER HALL SKAAL ~スコール~」が3月9日、銀座6丁目にオープン!

地下1階、2階合わせて10m超の吹き抜けフロアー。ステージも設けられているためパーティーやウェディングにも対応
塩漬けした豚のスネ肉をボイルした「スモークアイスバイン」(2600円)は、皮目をバーナーで炙ることで余分な脂を落とし、パリパリの食感が楽しめるドイツの伝統的家庭料理
他では味わうことのできないビールに出合える可能性大。食事や気分に合わせて様々な種類を味わいたい
一口食べた途端、懐かしい味が口の中に広がること間違いなし!の「ハムカツ」(500円)

地下1、2階合わせて10m超の吹き抜けフロアを持ち、300坪180席という大きさから壮大なスケールの船の甲板を思わせるようなビアホール「GINZA BEER HALL SKAAL(銀座ビアホール スコール)」が3月9日、銀座駅から徒歩2分の好立地にオープンした。運営は銀座をメインに豚しゃぶ、水炊き、串焼料理など5業態11店舗を展開しているフードバンク(東京都中央区、代表取締役 岡田英雄氏)。
1階入口から長い階段を下ると、古い航海地図を背にカウンターが設けられており、ノスタルジックな豪華客船さながらの雰囲気。地下1階には、ビア樽のテーブルやビアカウンターを配置し、一人客でも気軽に楽しめるスペースの他、団体客にも対応できるパーティルームを用意している。また、吹き抜けとなっている広々とした地下2階は、その天井の高さとは反対に隣のテーブルとの距離を狭く設定することで、隣り合わせた客同士の距離を縮め、海賊船のような陽気で賑わいのある大人の酒場をイメージしているという。
ビールは、サントリー系ビールを中心に提供する。首都圏では数店舗のみで取り扱う、店でしか飲むことのできない、北ドイツのデュッセルドルフ発祥の芳醇な香りとコクのある味わいが特徴の赤褐色の「銀座スコールアルト」(ジョッキ980円)を筆頭に、店でしか飲むことのできない「ザ・プレミアム・モルツ黒」(ジョッキ780円)や「カールスバーグ」(ジョッキ800円)などひと味違った樽生ビールを4種揃えている。また、好みの3種類のビールを利き酒できるセット(850円)や、グループ客向けに用意した最大4リットルのピッチャーを揃えるなどして場を盛り上げる雰囲気作りにもひと役買っている。さらには、ビールの選び方のポイントや美味しい飲み方をアドバイスする“ビアジャッジメント”が常駐しているため、飲み比べや料理とのマリアージュが楽しめるのもポイントとなっている。
ビールの他にもカクテルやサワー、ソフトドリンクまでを幅広くそろえ、会社帰りのビジネスマンやOLはもちろん、若い世代から高齢者、そしてファミリーまでもが賑やかに楽しい時間を過ごせる空間を提供している。そのため、料理に関してもビールによく合うドイツ料理を中心としたユーロフードに加え、ボリューム満点のアメリカンフードや、慣れ親しんだ日本の洋食など、幅広いラインナップが面白い。本格的なドイツ料理を食べる傍らで、がっつりとステーキやピッツアを頬張る客や、ナポリタンやハムカツに郷愁を感じながら味わう客が一堂に会する不思議な空間となっている。
また、「小海老のニンニクオイル煮」や「ガーリックマッシュポテト」、「ブルスケッタ」といった少量のタパスを20種類揃え、ワンコイン(500円)で提供しているところも見逃せない。しっかりと食事をしたい際にも、もう一杯飲みたい時にも気兼ねなく立ち寄れるのが嬉しい。
ランチ時には、定番のハンバーグやパスタの他、ランチ限定ハンバーガーやトルティーヤを使ったメニューなど10~12品を取り揃え、コーヒー・紅茶付、900円~2300円で提供する。
今回の出店は、物件ありきで業態が決定したという。これまで和食業態をメインに展開してきた同社が初めて挑む洋食業態となる。豚しゃぶや水炊きといった鍋業態は夏のシーズンに売上げが落ち込むことは否めない。ビアホールは夏に最盛期を迎えるものの、年間を通して利用してもらえる業態であると踏み、かなり大箱ながら出店を決意した。「地下1階に新たにカウンターを設置し、サントリーさんの協力もあって、造作に多少の手入れを行う程度で初期投資は規模の割には抑えられたのではないか」とマネージャーの吉澤雄二氏。
オープンから3日目に東日本大震災に見舞われ、一時的に客足が減少したものの現在は通常に戻りつつある。今後は店の認知度を上げながら、まずは被災地に対しての募金活動を会社レベルで実施していくことを一番に考えている。吉澤氏は「自分たちが今できることを実行することで、少しでも経済活性化に繋げていければ。それと平行して、当社初の洋食業態となるため、ここをパイロット店としていずれは2店舗目、3店舗目が展開できるよう成長していきたいと」と意気込みを語ってくれた。被災地のことを考慮すると、外食する気分になれないという気持ちもわかるが、ビールの中のアルコールには放射線防護効果があることも分かっている。経済活性化のためにも普段より贅沢な気分でビールを飲むのもいいかもしれない。

(取材=田村 真理子)

店舗データ

店名 GINZA BEER HALL SKAAL
住所 東京都中央区銀座6-11-1
銀座ソトコトロハス館B1
アクセス 地下鉄 銀座駅より徒歩2分、JR 有楽町駅より徒歩7分
電話 03-6228-5280
営業時間 月~木   11:00~23:30(L.O.22:30)
金・祝前  11:00~04:00(L.O.03:00)
土・日・祝 11:00~22:00(L.O.21:00)
(ランチ  11:00~15:00)
定休日 無休
坪数客数 300坪・180席
客単価 ランチ1000円、ディナー4500~5000円
運営会社 株式会社フードバンク
関連リンク SKAAL(ぐるなび)
※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.