飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

今注目の「がぶ飲み系」ワイン居酒屋は都心から地元密着型へ広がりを見せる。「ワイン食堂 久」が笹塚の住宅街に3月1日オープン!

中野通り沿いの路面店。毎日変わるメニューが手書きで書かれた看板と赤ちょうちんが目印
その場で選び抜栓してもらえるワイン棚が個室の雰囲気を作り、落ち着いたスペース
前菜の「たこときゅうりのマリネ」「クミンキャベツとチョリソー」「アグー豚のリエット」3種盛りは合計1150円が780円とお得
旬を感じられる、シェフおすすめ「沼津港 水揚げ魚介のブイヤベース仕立て」1500円

(取材=若山 弥生)


気軽にワインの飲める「がぶ飲み系」のワインバーが都心には増えつつあるが、住宅街にはまだまだ少ない。“会社帰りに家の近くでワインを”というコンセプトで連日人気の「ワイン食堂 久(きゅう)」は、京王線 笹塚駅から徒歩7分の住宅街角地にあり、3月1日にオープンしたばかり。 この店を経営するのは久田浩二氏で、元は上野、八丁堀にて人気を博していたワインバー「tamaya」の出身である。“安くうまく肩肘張らず”をコンセプトに、同氏は「4000円のワインを1本飲むなら、2000円のワインを2本飲んで欲しい」と語る。そして、多くの方に喜んでいただきたいと客単価を低めの設定としている。席数はカウンターを含め30席。ワイン棚を仕切りにした半個室もあり、空間をうまく使い、ゆったりと寛げる家庭的な雰囲気としている。 オーナーの久田氏がソムリエでもあることから、ワインリストには約100種類の銘柄を揃える。イタリア、フランスワインはもちろん、今後注目の日本ワインまで、幅広い客のニーズにも対応できている。店内に所狭しとワインが並び、ボトルにわかりやすく値段が書かれて、客が直接手に取り、選びやすいようにもなっている。また、価格設定もグラスワインは400円から、スパークリングのボトルが1800円からと、まさに「がぶ飲み」系である。 料理のコンセプトは、「ワインに合うもの。そして、安く出すこと」。もちろん、安いからといって、食材に手を抜かない。シェフの出身地である沼津港から、毎日直接届く「沼津港 魚介のカルパッチョ」(800円)や「沼津港 旬の鮮魚のグリル」(780円)が人気だ。今からの季節、日本ワインの「甲州」などとの組み合わせもがぶ飲みにぴったりだ。「骨付き仔羊ロースのにんにく・ローズマリー焼き」も、500円という価格設定が見逃せない。 1ポーションずつのオーダーが可能で、仕事帰りの「おひとりさま」への配慮も欠かさない。 住宅街と商店街が近くにあり、地域密着型を目指している同店。ホスピタリティを持ち合わせたサービスで着々と顧客を増やしている。今後の展開にも注目だ。

店舗データ

店名 ワイン食堂 久
住所 東京都渋谷区幡ヶ谷2-56-1-101

 >> GoogleMap見る

アクセス 京王線 笹塚駅より徒歩7分
電話 03-3375-7252
営業時間 ランチ 11:30~14:00、ディナー 17:00~24:00
定休日 月・第3火(月祝の場合は翌火曜休)
坪数客数 15坪・30席
客単価 3000円
※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

ヘッドライン一覧トップへ


飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.