飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

九州の明太子で名を馳せる「やまや」が、九州の食文化を東京に定着させるべく、銀座コリドー街に「博多もつ鍋 やまや」を7月14日にオープン!

新鮮なほど脂の乗りがよいモツを使用した、博多そのままの味が楽しめる、「博多もつ鍋」(2人前からの注文で、1人前1390円)
夜の部で提供するプレミアムな「辛子明太子」。やまやの名に恥じない逸品だ
店舗設計は、アトム株式会社。木材を多く使用した清潔感溢れる店内。民芸調に走らず、モダンだ。店内を一目で見渡せるのも特徴
銀座の雰囲気とよくマッチする店舗入り口。高級感が漂うが、気軽に入店できる値段設定の店なのだ

(取材=鳥羽山 康一郎)


明太子の製造・販売で知られる「やまや」(福岡市東区、代表取締役社長:山本正秀氏)が東京、銀座のコリドー街に「博多もつ鍋 やまや」のFC店を7月14日にオープンさせた。運営するのはグループ会社の「やまや食工房」(福岡市東区、代表取締役:出口圭介氏)。明太子ともつ鍋は博多の名物であることから、その結びつきは実に自然であるが、同社が手がける飲食事業は現在のところ東京のみでの展開となる。 もともとは2006年、江東区東陽町に直営の第1号店を出店。ランチでの「明太子とご飯食べ放題」が地域のサラリーマンに大好評となり、すでに定着していたもつ鍋とも相まって東京での地歩固めができた。その後、浜松町と品川に直営店を出店し、そしてついに銀座へFC店第1号を出店する運びとなった。 もつ鍋と言えば、東京でもすっかり定着した業態である。サイフにも身体にも優しい料理ということで、幅広い客層に支持されている。もちろん、博多の名物ということも周知であるが、「やまや」では、「博多そのままのもつ鍋と明太子の味をご提供するために」東京へ出店したと、やまや食工房の飲食事業部リーダーで浜松町店店長を兼ねる今谷紘幸氏は語る。また、博多の代表ブランドとしてだけでなく、広くは九州代表としてその食文化を東京に紹介するのが使命だ、とも語る。 看板メニューとなる「博多もつ鍋」(2人前からの注文で、1人前1390円)は、国産牛の小腸のみを使用。脂の乗りがよくぷりぷりの食感が良好。原価は少し割高になるが、「東京のお客様にご満足いただくのが最優先です。こだわりの肉しか扱わない福岡の問屋から入れていますので、鮮度も折り紙付きです」と今谷氏。スープは五島灘のあご(トビウオ)出汁、味噌は九州産、ポン酢も大分産だ。ほかの食材も九州産にこだわる。もう一枚の看板である明太子は、大分産の柚子と福岡・喜多屋の純米酒など、こだわりの素材に168時間(7日間)漬け込む。夜の部で提供している明太子は冷凍せずに直送するので、新鮮そのもののプレミアム製品だという。酒は、もちろん九州ならではのこだわりの焼酎が主役だ。白麹の特徴を生かした、芋のまろやかな風味の味わいが特徴の「正春(芋)白麹」450円、芋の深いコクと風味の中に、切れの良い清涼感ある後味が楽しめる「正春(芋)黒麹」450円、また、水のように蜜のようにすっきりとした仕上がりで、女性にも人気の甕熟成「逢初(芋・麦)」 490円などがおすすめだ。食材以外にも、九州ならではのこだわりは随所に光る。有田焼のオリジナル器、メニューの表紙は本物の博多献上織、博多山笠祭の期間中はそれにちなんだ店内ディスプレイも行なう予定。スタッフも九州出身者が多く、お客と九州談義で盛り上がることもあるという。 また、平日限定のランチタイムでは、「じっくりたれ漬け 豚しょうが焼き(国産豚使用)定食」、「博多郷土料理がめ煮(筑前煮)定食」などを含む全5種類の定食メニューを提供し、ご飯、やまやの明太子・辛子高菜が食べ放題!で、なんと980円というお値打ち価格に。すでにランチタイム時は、毎日2回転の盛況ぶりとなっている。 この銀座コリドー街FC店のオーナー、「橋田商店」代表の橋田義尊氏は、福岡県出身で、九州への並々ならぬこだわりと情熱を持つ人物だ。「九州・博多のブランドを、銀座というブランドに乗せて発信したいんです。そして、この店で上げた利益を九州の文化再興に役立てたい」と熱く語る。やがてはアジア全域も視野に入れたい、とも。この銀座コリドー街店では、目標月商として1000万円を目指す。 「やまや食工房」としては、今後は直営店、FC店共に、決してペースを急がず、都内を始め、そして関西地区も視野に入れて、地道に店舗数を伸ばしていきたい所存だという。

店舗データ

店名 博多もつ鍋 やまや 銀座コリドー店
住所 東京都中央区銀座7-2-17 銀座不二家ビル1階

 >> GoogleMap見る

アクセス 地下鉄銀座駅、JR新橋駅より徒歩5分
電話 03-3572-0805
営業時間 11:00~14:00(月~金)、17:00~23:00(月~土)
定休日 日・祝日
坪数客数 38坪・68席
客単価 4000円
運営会社 株式会社やまや食工房
橋田商店
関連リンク やまや
※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

ヘッドライン一覧トップへ


飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.