飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

名古屋の人気イタリアンが東京初進出!シェフこだわりの手打ちパスタが自慢の「OSTERIA Pagina (オステリア・パージナ)」が10月13日、新橋にオープン!

グリーンを差し色にした落ち着いた雰囲気

「TRATTORIA Pagina(トラットリア・パージナ)」など名古屋市内にイタリアン3店舗を展開するモテナ(愛知県名古屋市東区、代表取締役社長・小山内正典氏)は、10月13日、東京1号店となる「OSTERIA Pagina (オステリア・パージナ)」をオープンした。
モテナの設立は2006年。1号店の「TRATTORIA Pagina(トラットリア・パージナ)」をはじめ、2号店のピッツェリア、3号店のイタリア食堂と、各店舗のシェフの個性によってコンセプトを違えた出店が特徴で、いずれも人気店として成長している。今回、東京1号店となった同店では、手打ちパスタを得意とする鵜飼シェフがキッチンを統括。「豚肩ロース肉とキャベツの煮込み ウンブリチェッリ」(1,500円)などの手打ちパスタをはじめ、ゴボウや蓮根を取り入れるなど、和の素材を使ったアレンジで独自の味を追求している。名古屋でも人気の「いろいろホルモンのパッパルデッレ」(1,600円)など、ホルモン系のオリジナルパスタが揃うのも特徴だ。その他、「鎌倉野菜のバーニャカウダ」(1,400円)や、白金豚プラチナポーク・イベリコ豚などの「ブランド豚のグリル」(2,200円~)など、旬の食材を使ったイタリアンをカジュアルに提供する。
場所は、新橋駅から徒歩5分の雑居ビル3階。元事務所を全面改装した店舗は、グリーンを差し色に落ち着いた雰囲気にまとめた。店内の一角には大型のワインセラーを設置し、イタリア全土のワインを常時100種類以上揃え、グラス700円~、ボトル2,800円~と抑えた価格で提供する。パーティーコースのフリードリンクプラン(+1,500円)では、スプマンテ1種と赤・白ワイン各2種類ずつも飲み放題にし、1日3組、女性客限定で、料理7品にこのフリードリンクが付いたコースを4,500円で提供するなど、パーティ需要も見込んでいる。「社名のモテナとは、実は“おもてなし”からとったもの。平日のランチタイムには、限られた休憩時間でもゆっくり食事ができるよう、食後のコーヒーは持ち帰りOKのサービスも行なうなど、サービスにも注力していきたい」と小山内氏。気軽なイタリアンが少ない新橋エリアで繁盛店となるか、今後に注目したい。

店舗データ

店名 OSTERIA Pagina (オステリア・パージナ)
住所 東京都港区新橋3-5-13 大興ビル3F

 >> GoogleMap見る

アクセス JR・東京メトロ新橋駅より徒歩3分
電話 03-5511-2727
営業時間 ランチ11:30~14:30(14:00LO)
ディナー18:00~23:00(22:00LO)
定休日 日・祝日
坪数客数 30坪・37席
客単価 ランチ 950円、ディナー5,500円
関連リンク TRATTORIA Pagina(トラットリア・パージナ)
※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

ヘッドライン一覧トップへ


飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.