飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

スペシャル企画

フースタM&A×インクグロウ特別連載【vol.1】コロナ禍で変貌した飲食M&A市場とこれから


M&Aでは「独自の強みや特徴を持つ会社」がいつの時代も強い

コロナ禍により、飲食業界は大きな変革を迎えました。環境が変われば、「勝てる理由」が変わります。この約2年間が空白期間になってしまった企業も多いかもしれませんが、その期間中に積極的に自社変革を推し進めて全く違う会社へと生まれ変わる会社や、ポストコロナを見据えた新たなモデル・事業を開発・展開する会社が登場し、急速に成長・企業価値を高めているのも事実です。一方で、変わらないものもたくさんあります。新しいものばかりがうまくいくわけでもなく、コロナ前と同じやり方でも、お客様の評価が変わらない会社も多いでしょう。M&Aは対象会社の強みや特徴を取り入れることが目的です。客観的に見て明らかな強みや特徴があれば、会社や事業の売却という選択肢は現実味を帯びてきます。これからのポストコロナに向けて、今一度自社の強みや特徴を定義し、その伸長を目指していただきたいと思います。いつか売却という選択肢を取られるときには、それが大きな違いとなって表れてきます。

今現在の自社の価値や評価を知りたいという方は忖度なしにお伝えしますので、お問合せいただければと思います。

■M&Aや事業継承に興味がある方、ご相談・問い合わせはこちら

スペシャル企画一覧トップへ


飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.