飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ニュースフラッシュ一覧

  • 泡盛セミナー

    9月21日(水)11時~16時、大坂のホテルグランヴィア梅田にて開催される沖縄県酒造組合連合会主催の「泡盛大試飲会&セミナー」。沖縄県の泡盛酒造メーカー48社が一堂に会するイベンで、新たなブームを予感させる泡盛を100種以上試飲でき、13時からはフードスタジアム編集長 佐藤こうぞうによる講演、15時からはソムリエの田崎真也氏のセミナーも開催される。お申込み⇒ 参加希望者は社名(店名)、氏名、同伴者数、連絡先電話番号をFAX(0120-962-934)又はメール(awamori@mit.vc)にて送信。【お問い合わせ先】098-862-0012

  • こけつ横丁

    9月5日、自由が丘駅前にあるタイガービルの2~4階に、「こけつ横丁」がオープンする。今回出店するのは、魚が選べるアクアパッツァが売りの「フィッシュバール篤」、加賀前寿司と北陸郷土料理の「加賀じわもん鮨」、ハンバーガーの「コパダイナー」、炭火を使ったビストロ料理「ビストロタキザワ」の4店舗。自由が丘の新たなランドマークをめざす。⇒ http://www.g-kishakai.net/images/lib/20110824202242_01.pdf

  • 渋谷肉横丁

    昨年9月1日にオープンした、肉をテーマにした飲食店街「渋谷肉横丁」がオープン1周年を記念して、8月30日~9月1日の間「1周年感謝祭」を開催。来店時にエントランスで、80品以上の肉料理食べ放題とドリンク飲み放題のセットか、ドリンク半額のいずれかを選ぶことができる。⇒ http://www.shibuyayokocho.com/

  • ノバレーゼ

    ウェディングプロデュース・レストラン運営を行なうノバレーゼ(東京都中央区、社長:浅田 剛治氏)は、CSR活動の一環として社員が農業の実地研修に取り組む「未来の食2011」プロジェクトを始動。同社社員21人が12戸の受け入れ先農家と協同で、ミカンの摘果、搾汁作業や農地の除草作業を2011年8月24日~25日に行なう予定だ。⇒ノバレーゼ http://www.novarese.co.jp/

  • ラ・ブーシェリー・エ・ヴァン

    8月1日、ダイナック(東京都新宿区、代表取締役社長:若杉 和正氏)の新店「La Boucherie et Vin(ラ・ブーシェリー・エ・ヴァン)肉屋のワイン食堂」が丸の内トラストタワーN館2階にオープンする。南仏のお肉屋さんが始めたワイン食堂をコンセプトに 掲げ、肉料理を中心に定番のフランス惣菜などのビストロ料理に、自然派ワインをカジュアルに合わせるという新たなワイン業態に挑戦する。⇒ http://r.gnavi.co.jp/g851579/

  • 塚田農場

    飲食店経営・店舗コンサルティングを行うAPカンパニー(東京都港区、代表:米山 久氏)は、8月12日、北海道の新得町から直送する「新得地鶏」をメインにした新業態、地鶏居酒屋「十勝 新得町 塚田農場」京王フレンテ店をオープンする。同社はこの業態を3年で30店舗展開することを目指しており、東京ではまだ知られていない「地方のうまいもの」を扱うことで地方食材をブランド化し、地方に消費や雇用を生み出すことにも貢献していく。⇒http://www.apcompany.jp/

  • 37カレー

    首都圏を中心に多様な業態のレストランを運営するスティルフーズ(代表取締役:鈴木成和氏)は、7月16日(土)に、六本木ヒルズ初のスタンディングカレーショップ「37CURRY」をオープンさせた。21日間熟成させたアンガスビーフを使用したカレーをメインに、37種類のカレーを取りそろえる、同社初のカレー専門店。⇒http://www.37steakhouse.com/37curry/

  • ワンダーテーブル

    ワンダーテーブル(東京都新宿区、代表取締役:林 祥隆氏)は、鳥取県の大山鶏と産直新鮮野菜を使った料理を提供する鶏料理専門の新業態「鶏や すみか」を7月11日、吉祥寺駅近くにオープンする。看板メニューは「鶏すき」。店内はリゾート地を思わせるような雰囲気で、少人数から大人数まで対応できるレイアウトとなっている。詳しくはこちら→http://www.wondertable.com/

  • ふじ好み2号店

    “こんな天ぷら見たことない!”をコンセプトに、常識にとらわれず独自のスタイルで天ぷらを提供することで話題となった「天ぷら革命 ふじ好み 神保町店」。同店を経営するTFJ(東京都新宿区、代表取締役:藤本 孝博氏)が、2号店の「天ぷら革命 ふじ好み 新宿御苑前店」を今日、オープンする。→http://www.fujigonomi.com/

  • APカンパニー

    「日本橋 紀ノ重」など、都内を中心に95店舗の飲食店を経営するAPカンパニー(東京都港区、代表:米山 久氏)は、市場を介さない“漁師直結型”の鮮魚専門居酒屋「四十八漁場(よんぱちぎょじょう)」を7月15日、アトレヴィ五反田にオープンする。東日本大震災により、今、漁業は多くの問題を抱えるが、既存の仕組みにとらわれず流通をスリム化することで、同社は高品質・高鮮度・低価格を実現。生産者・消費者の双方にメリットのある新たな仕組みを構築した。⇒http://www.apcompany.jp/

  • 食と職のふれあいフェア

    復興に向かって邁進する茨城県大洗町を支援する「食と職のふれあいフェア」が6月29日、六本木ヒルズにて行なわれる。主催は北前そば高田屋(プロスペリティ1)と茨城県大洗町、そして(社)日本ヒューマンリソース協会。大洗町が誇る地酒、さつま芋、大根、干物を使い、北前そば高田屋が開発した限定メニューなど「食」をふるまう。加えて、(社)日本ヒューマンリソース協会の専門コンサルタントによる「職」の相談会・就職面接を同時開催。「食」と「職」の双方から被災地支援を行なうイベントを目指す。詳しくはこちら⇒http://www.jhra.org/

  • アルボーレ

    銀座二丁目の商業施設「ALBORE GINZA(アルボーレ銀座)」の公式ホームページがこの度オープン!飲食店では国立ファームが運営する「農家の台所」、見た目も華やかなロール寿司の「SHARI」、銀座の夜をおしゃれに愉しむ「ROOTS TOKYO」、生薬とハーブの専門店「銀座カフェビストロ」など個性的な店舗が集積。シーンや目的によって使い分けのできる大人のための空間。→ http://albore-ginza.com/

  • アコルデ代々木上原

    小田急電鉄と東京メトロは6月23日、代々木上原駅高架下の商業施設「アコルデ代々木上原」をりニューアルオープンする。1993年の営業開始後、2008年からの大規模リニューアル工事で翌2009年に3店舗がオープンしたが、今回は更にスーパーの「Odakyu OX」や「スターバックスコーヒー」「バーガーキング」「鎌倉パスタ」などの飲食店も多数出店。また物販やサービスなどもあり、バラエティ豊かな28店舗を有する商業施設へと生まれ変わる。⇒http://www.tokyometro.jp/news/2011/pdf/metroNews20110520_01.pdf(pdf)

  • 東の食の会

    復興を目指す生産者リーダーと東京の食関連企業・組織をつなぐ、食関連業界横断型の復興支援プラットフォーム「東の食の会」が、6月10日に設立した。発起人・代表理事はカフェ・カンパニーの楠本修二郎氏。東日本の食をテーマに復興側と支援側をつなぐプラットフォームを構築し、両者のマッチング事業を展開していく。また、食の安全・安心のための活動、イベント開催、行政への提言なども行う予定だ。6月24日には「東の食の会」発足イベントがあり、各界から多くのスピーカーが参加。東北の農家や水産業のヒーローも集結。食関連企業参加申し込み、詳細は⇒http://www.higashi-no-shoku-no-kai.jp/

  • 品川プリンスフードコート

    品川プリンスホテル アネックスタワー2階に「フードコート 品川キッチン」が6月20日オープンする。今回出店するのは「プレミアムたこ焼き 楽甚」、「お好み焼き・鉄板焼き 楽甚」、「欧風カレー 京橋ドンピエール ジェット」、「京うどんの店 夢吟坊」、「焼肉 叙々苑キッチン」、「ピッツァ・パスタ 1830」、ラーメンの「 ひるがおEX」、「WeST PArK CaFE EXPRESS」など、行列のできる名店が集積。「品川キッチン」限定メニューも扱う予定だ。
    詳しくは⇒http://www.princehotels.co.jp/shinagawa/

Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.