飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ニュースフラッシュ一覧

  • 参加者募集!12月11日開催「フースタ繁盛ゼミ」。トランジットジェネラルオフィス 中村氏が登壇!

    フードスタジアムが今年度より開催している「フースタ繁盛ゼミ」。毎回、繁盛店のオーナーを講師に招き、講座及び対談形式にて、テーマごとにリアリティーのあるゼミを展開中。先の読めない時代のマーケティング力や業態磨きのためのブラッシュアップ力、突き抜けるためのイノベーション力などを学ぶ機会として、回を重ねるごとに参加者も増えている。vol.17となる12月度は「表参道行列の仕掛人、中村貞裕の仕事術、発想力、行動力に学ぶ!」をテーマに、トランジットジェネラルオフィス 代表取締役の中村貞裕氏と、ビジネスパートナーの方々を講師に迎え11日に開催予定。会場はフードスタジアム五反田セミナールームにて。参加者募集中。

    ◾️12月度ゼミ 12月11日(月)開催
    テーマ:「表参道行列の仕掛人、中村貞裕の仕事術、発想力、行動力に学ぶ!」
    登壇者:トランジットジェネラルオフィス 代表取締役 中村貞裕氏
        「仁◯加屋長介」玉置康雄氏
        「RISE & WIN Brewing Co. BBQ & General Store」田中達也氏
        「お好みたまちゃん」玉井哲雄氏(予定)

    ◾️お申し込み・詳細はこちら

  • 老舗旅館が新橋6丁目にお茶をテーマにした「ホテル1899」を12月1日開業。1階にはお茶が主役のレストランもオープン

    開業から120年を迎える老舗旅館を営む株式会社龍名館(東京都千代田区、代表取締役社長:浜田敏男氏)は、約100年ぶりに用地を取得し、新橋6丁目に地上9階建ての「ホテル1899(イチハチキュウキュウ)東京」 を12月1日に開業した。同館は「お茶」をテーマに、日本らしさを打ち出した宿泊特化型のホテル。用地代を含む初期投資額は約35億円で、年間2万組の宿泊を想定。2019年度は4億円の売り上げを目指すという。運営は新ホテルのために設立した同社100%出資の子会社、株式会社1899ホスピタリティが行う。ホテル1階には日本茶各種に加え、抹茶などを使ったお茶料理やお茶スイーツなどを提供する、レストラン兼デリカテッセン「DELI&BAR(デリ&バル)」をオープン。お茶を「淹れる・食べる」をコンセプトにメニューを取り揃え、日本全国から取りよせた茶類や同社オリジナルのものなど、常時10種以上の茶葉の物販も行うようだ。
    ◾️住所:東京都港区新橋6-4 

  • イタリアの市場をコンセプトにしたダイニング「MERCATO MERCATO!!」が12月7日、日本橋人形町にオープン

    イタリアの市場「メルカート」をコンセプトにした「MERCATO MERCATO!! / メルカート メルカート!! 」が、シェア型複合施設「BEAKER 日本橋人形町」内に12月7日オープンする。同店は人形町の人気イタリアン「トラットリア・コルディアーレ」が新業態として運営。料理は、カウンターに並んだ旬の食材を見ながら、好みの調理方法や味付けをシェフやスタッフにオーダーできるメルカートスタイルで提供するという。市場に通うように毎日来たくなる、本場さながらの食の愉しみ方がが体験できるイタリアンダイニングをテーマにしている。
    ■住所:東京都中央区日本橋人形町3 -12-10 BEAKER 日本橋人形町 1F ■電話:03-5614-0551

  • 【参加者募集中】12月5日(火)「第5回 フースタFCセミナー」開催!

    フースタFCは飲食店に特化した優良なフランチャイズ本部と、フランチャイズ加盟を希望する企業とをマッチングするプラットフォームです。BtoBメディアとして15年の実績に基づき、プロフェッショナルな目線で優良な成長可能性のある本部を厳選し、新規事業を求める非飲食企業や新規ブランドの展開を目指す飲食企業との架け橋となり、飲食業界の活性化に貢献したいと考えています。「オーナーの『想い』がこもった今後伸びていく業態を発掘し、従来と違う新しいFCやライセンスのあり方を模索したい」という目的で運営しております。ご興味のある方は開催日時も迫っておりますので、お早めにお申し込みください。皆さまのご参加、お待ちしております。

    ■実施概要
    日時:2017年12月5日(火)14:00~19:00(終了予定)
       セミナー(無料)    14:00~16:00
       懇親会(実費ご負担)  16:30~19時頃
    会場:フードスタジアム五反田オフィスセミナールーム
       東京都品川区西五反田1-21-8KSS五反田ビル6Fガイアックス内

    ■登壇予定企業
    ①「そば助
    ②「串カツ田中
    ③「やさい村大地」 ←新規ブランドです!

    ■お申込みはこちら

  • 串カツ田中がアジア進出!1号店はシンガポール・クラーク キーに12月13日オープン

    串カツ田中(東京都品川区、代表取締役社長:貫啓二氏)は12月13日に、アジア展開の1号店となる「串カツ田中 Clarke Quay店(シンガポール)」をオープン致すると発表した。同社の理念である「串カツを日本を代表する食文化とする」ことに共感したSFBIグループからの提案により10月1日にフランチャイズ契約を締結。SFBI(Asia-Pacific) Pte. Ltd(シンガポール)が店舗運営を行う形でオープンすることが決まった。SFBIグループは、アジア、特にシンガポールにおける外食チェーンの運営について豊富な知見と経験を持っており、今回の出店に至ったという。店はローカル・観光客が多く集まる繁華街エリアClarke Quayに。20歳~35歳ローカルの働く若者と一部在住日本人をターゲットに定め、店舗運営を行うそうだ。
    ■住所:3A River Valley Road Merchants’ Court Clarke Quay Block A #01-01B Singapore 179020
    ■詳しくはこちら

  • 酒のプロが飲食事業に参入。希少なお酒に出会えるカフェバル「RARE」が錦糸町にオープン

    酒の買取・販売の専門業者として国内トップの販売実績を誇るファイブニーズ(東京都墨田区、代表取締役:岡崎雅弘氏)は、11月21日にカフェバル業態の複合型店舗「RARE(レア)」を錦糸町にオープンした。店内では角打ちスタイルで酒が楽しめるほか、同社が運営する酒販店「Sake People」が併設されているため、店内で購入したボトルをそのまま席に持ち込んで飲むこともできる。ワイン・シャンパン、ウイスキー、日本酒・焼酎、クラフトビールなど幅広いジャンルを揃えるほか、二次流通品を扱う強みを活かし、滅多に市場には流通しない希少性の高い酒やヴィンテージ品などもメニューに並ぶ。
    ◾️住所:東京都墨田区太平2-3-4 太平森ビル ◾️電話:03-6240-4121 ◾️詳しくはこちら

  • 日本茶スタンドカフェ「八屋」誕生。千駄ヶ谷と代官山に1・2号店を立て続けにオープン

    城南3区エリア(世田谷区、目黒区、渋谷区)を中心に、主に新築一棟マンションによる不動産投資支援事業を展開するフェイスネットワーク(東京都渋谷区、代表取締役:蜂谷二郎氏)は、日本茶の新しい楽しみ方を提案する日本茶専門店「八屋(はちや)」の千駄ヶ谷店を12月1日、代官山店を12月5日にオープンする。「日本茶を新しい文化として現代に再構築」することをコンセプトに掲げ、人気ファッションデザイナーが店舗を総合プロデュース。店内は、本来の日本文化の姿を現代にマッチするようモダンな内装に仕上げている。千駄ヶ谷店は「波」柄の壁面デザイン、柱には「麻の葉」文様の組子を使用。代官山店は、「松」柄の壁面デザインにポイントで真鍮(しんちゅう)を使用している。メニューは、同店オリジナルの煎茶・ほうじ茶・玄米茶をメインに、茶筅でつくるお茶のラテ、煎茶ソーダ、お茶に合う和菓子などを提供予定。 店名の「八屋」は、 日本の雑節である八十八夜が茶摘みの日とされいて、 この日に摘んだお茶が古来より縁起物の新茶とされていること、「八は末広がり」として縁起のよい数字とされていることに由来するそうだ。
    ◾️詳しくはこちら

  • 日本料理の老舗がつくるフレンチトースト専門店「TOASTY’S」が12月20日、玉川高島屋に開業予定

    葉山で300年以上続く日本料理の老舗「日影茶屋」が、12月20日、玉川髙島屋 S・Cにフレンチトースト専門店「TOASTY’S(トースティーズ)」をオープンする。食事としてもこれまでにないフレンチトーストの可能性を引き出し、季節ごとに旬の食材を組み合わせ、一味違う新感覚のフレンチトーストを提供するという。神奈川県葉山で江戸中期から続く日本料理「日影茶屋」は、伝統的な日本料理に留まらず、海辺に建つレストラン「ラ・マーレ」や洋菓子店「パティスリーチャヤ」など、食文化を通してこれまで様々な展開をしてきた。このオープンをきっかけに、新たに20代後半から40代の女性を取り込むことを狙っているようだ。店内はアメリカ東海岸のケープコッドを思わせる、落ち着いた雰囲気に。選び抜いたこだわりのパンと季節に合わせた食材を用い、ミルクの割合を多くした特製のアパレイユにつけ込んでフレンチトーストを調理することにより、外はカリカリ、中はふわふわの食感に仕上げるという。ワインやカクテルなどとのマリアージュも積極的に提案していくようだ。

  • 飲食店.COMが、固定客を集客しやすい街について調査した飲食店立地のデータレポートを発表

    シンクロ・フード(東京都渋谷区、代表取締役:藤代真一氏)は、飲食店の出店開業・運営に役立つサービスをワンストップで提供する「飲食店.COM」において、保有している立地データと物件家賃データを用いた「飲食店固定客を集客しやすい街の調査レポート」を発表した。東京都23区、東京都下、神奈川県、埼玉県、千葉県に所在する駅を対象に、各駅を起点とした半径500m以内の住民数(常住人口)と、ビジネスパーソンの数(2次3次従業者数)を加算した数値を固定客層として算出。それに、「飲食店.COM」で公開された直近1年間の駅別平均坪単価(家賃÷面積)を除算して指数化し、上位5位の駅を都道府県別に抽出したという。都内でのランキングは1位が日本橋、2位が都庁前、3位が京橋、4位が三越前、5位が新日本橋だった。そのほかの県はというと、神奈川県は関内、千葉県は千葉中央、埼玉県は大宮がそれぞれ1位になっているが、指数で見ると都内を除き、千葉中央が最も高い指数を獲得している。
    ◾️詳しくはこちら

  • パソナキャリアが食マーケティング専門会社「favy」と連携し、飲食業界に特化した転職支援サービス「食リク」を開始

    パソナ(東京都千代田区、代表取締役社長COO:佐藤司氏)で人材紹介・再就職支援サービスを行うパソナキャリアカンパニーは、食マーケティング専門企業のfavyと連携し、飲食業界に特化した転職支援サービス「食リク」を11月13日から開始した。
    「食リク」では、パソナキャリアカンパニーのキャリアアドバイザーが、その方の志向性に合った飲食業界の店舗経営や幹部候補者等の求人を紹介し、書類添削、面接対策等の転職サポートを行う。また、日本語と英語対応のHPを立ち上げ、外国籍求職者の就労サポートも行うようだ。全国2万店の飲食店向けに、HP制作等のマーケティング支援や月間4200万PVを誇るグルメ情報サイトを運営するfavyと共にサービスを提供することで、飲食業界でキャリアを築きたいと考える転職希望者と優秀な人材を求める飲食店のマッチングを目指す。
    ◾️詳しくはこちら

  • インバウンド向け飲食店予約・決済サービス「日本美食」、JR東日本スタートアッププログラムに採択され11月20日よりテストマーケティング開始

    インバウンド向け飲食店予約・スマホ決済サービス「日本美食(ニホンビショク)」等を運営する日本美食(東京都港区、代表取締役社長:董路氏) は、東日本旅客鉄道(東京都渋谷区、代表取締役社長:冨田哲郎氏)が行うオープンイノベーション型のビジネス創造活動「JR東日本スタートアッププログラム」のアクセラレーションコースにおいて採択され、11月20日よりテストマーケティングを開始することを発表した。具体的には、中国で人気のグルメサイト「大衆点評」などのウェブサイトにて、訪日観光客向けに駅ビル内のレストラン情報を紹介し、アプリ「日本美食」を介してレストランの事前予約や来店時のアリペイ、ウィチャットペイなどで決済ができるサービスを提供する。実施期間は11月20日〜2月28日の約3ヶ月。対象施設はグランアージュ(東京駅内)、マーチエキュート神田万世橋、江戸NOREN(両国)、錦糸町テルミナの一部店舗と築地魚河岸 まぐろ一代 日比谷店(有楽町)がすでに決定しているが、順次導入店舗は増える見込み。「日本美食」は、訪日外国人観光客の飲食店においての悩みである、「探せない・通じない・払えない」を解消するとともに、受け入れ側である飲食店の課題も同時に解決すべく、インバウンド領域において「成果報酬型送客・多言語対応コンシェルジュ予約・事前決済・店頭スマホ決済」などの機能を持ったサービスを提供している。
    ◾️詳しくはこちら

  • 「ミシュラン ニューヨーク」史上最短!東京レストランツファクトリーの「sushi AMANE」が「ミシュラン ニューヨーク2018年度版」で一つ星を獲得

    東京レストランツファクトリー(東京都目黒区、代表取締役:渡邉 仁氏)が運営するニューヨークの「sushi AMANE」が、「ミシュランガイド ニューヨーク2018年度版」で一つ星を獲得致した。2018年度版で日本が運営するレストランがノミネートされたのは同店を含め3店舗のみだった。「sushi AMANE」は、「日本のファンを作る」という同社の企業理念を具現化するために、世界で戦う「日本人シェフ」とクオリティーの高い「新しい和食」を世界に発信しようと7月12日にオープンした。開業わずか3か月で「ミシュランガイド ニューヨーク2018年度版」で一つ星を獲得という史上最短の快挙を成し遂げた。同店で鮨を握るのは宇井野 詩音氏、弱冠27歳。宇井野氏は熊本の天草出身で、幼い頃は海に潜って銛で魚突きをしていたほどの魚好き。高校卒業後、鮨職人になりたいと志し、名店「鮨 さいとう」の門を叩き修業を積む。鮨職人として認められてからは、日本のみならず世界に日本の鮨の味を知ってもらいたいと考えるようになり、「sushi AMANE」の立ち上げに参画。オープン前の半年間は、食材の厳選に多くの時間を割き、仕入れルートの確立に奔走。宇井野氏が修業先で身に着けた鮨職人としての技術、目利きの力は高く、丁寧な仕事ぶりでニューヨークにおいて人気を博している。店内はカウンター8席のみで、メニューはおまかせコース $250のみ。
    ◾️住所:245 East 44th Street, NewYork, NY 10017

  • 「KNOCK CUCINA BUONA ITALIANA」からレシピ本「つくりおき野菜ペーストレシピ」が発売

    マザーレストランツ(東京都港区)が運営し、カジュアルイタリアンとして人気のある「KNOCK CUCINA BUONA ITALIANA」。同社代表の横山氏と同店総料理長の梶原氏の共著によるレシピ本「ミキサーを使えば時短でプロの味!つくりおき野菜ペーストレシピ」が、10月26日に幻冬舎から発売された。パスタソース、スープ、ディップ、リゾット、スイーツなど、様々な料理に応用の効く野菜ペーストのほか、お店の人気メニューや裏技までを網羅し、全76レシピを掲載。プロの味がかんたんに再現できる、実用的な1冊に仕上がっている。
    ◾️頁数:112頁(オールカラー) ◾️本体価格:1200円(税別) ◾️詳しくはこちら

  • 11月4日、上野に新たな商業施設「PARCO_ya(パルコヤ)」がグランドオープン

    パルコ(東京都渋谷区、代表執行役社長:牧山浩三氏)は11月4日、台東区上野に新しい屋号の商業施設、「PARCO_ya(パルコヤ)」をグランドオープンする。同社はJ.フロントリテイリンググループが推し進める「アーバンドミナント戦略」に沿い、店舗を核に地域とともに成長するという志に則り、大丸松坂屋百貨店が開業する複合ビル「上野 フロンティアタワー」内に「PARCO_ya」を出店する。同施設は1973年の「渋谷PARCO」オープン以来、「PARCO」としては44年ぶりに23区内での出店となる。現在「PARCO」は全国16店舗を展開し、マーケット状況・規模に合わせ立地創造をしながら、それぞれのターゲット層に向けて店舗ごとに異なるストアコンセプトで運営している。上野の新店に関しては「渋谷PARCO」のようなビル全体の運営ではなく、「松坂屋上野店」「TOHOシネマズ上野」「オフィス」との複合ビルに出店し、客層が連携できる専門店を編集した。また、既存「PARCO」と異なることを分かりやすく顧客に伝えるため、新しい屋号「PARCO_ya」をつけた。同施設の飲食フロアには「上野 焼肉 陽山道」(運営:ヤンサンド)「うえの やぶそば」(運営:上野やぶそば)「上野 ワインバル八十郎」(運営:ジー・フィールド)「金沢まいもん寿司」(運営:エムアンドケイ)「中国名菜 銀座アスター」(運営:銀座アスター食品)「仙臺牛たん炭焼利久」(運営:利久)などが入る予定だ。
    ◾️住所:東京都台東区上野3-24-6 ◾️詳しくはこちら

  • ブリス・デリ&マーケティングが10月31日、高田馬場に「東京MEAT酒場」FC2号店をオープン

    ブリス・デリ&マーケティング(東京都新宿区、代表取締役:須田康裕氏)は10月31日、高田馬場駅からほど近い早稲田通り沿いに「東京MEAT酒場」のFC店舗をオープンした。同社は今年5月、板橋区大山に「東京MEAT酒場」FC1号店をオープンしたばかり。フランチャイザーであるイタリアンイノベーションクッチーナの四家氏との信頼関係が高いこともあってか、わずか5ヶ月ほどでFC2号店の開業となった。1号店開業時のインタビューで代表の須田氏は、「3年で5店舗やりたい」と話していたが、その目標に向けて着実な出店を重ねている様子だ。串かつや焼き鳥・焼きとんなど、大衆系の酒場業態が集中するこの立地においても繁盛店に育てることができるか、同店の運営や今後のさらなる出店にも注目である。(画像はFC1号店取材時に撮影した外観)
    ◾️住所:東京都新宿区高田馬場1-5-17 ◾️03-6233-9518 

先頭...234...50...最後
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.