飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ニュースフラッシュ一覧

  • d8192-84-505657-6

    成城石井のワインバー「Le Bar a Vin 52 AZABU TOKYO」、5店舗目をオフィス街・神谷町にオープン

    成城石井(横浜市西区、代表取締役社長 原昭彦氏)は12月13日、ワインバー「Le Bar a Vin 52 AZABU TOKYO 神谷町店」をオープンさせる。2013年12月に麻布十番で1号店をオープン。関内、横浜、恵比寿に続き、今回の出店で5店舗目となる。同業態でオフィス街への出店は初めて。
    同店では、これまで同社が築いてきた商品調達力と開発力をいかし、上質なワインと食材を使った食事をリーズナブルに提供する。メニューで使用している材料の約7割に成城石井の商品を使用。お客は気に入った食材を併設のミニショップで購入することができる。
    ■住所:東京都港区虎ノ門4-3-1 城山トラストタワー1F、■営業時間:平日11:00〜23:00、土日祝:11:00〜23:00 ※ミニショップエリアは8:00から営業(詳細はこちら

  • above

    虎ノ門ヒルズ「above」がオーガニックレストランにリニューアル。ヴィーガンやグルテンフリーメニューも提供

    イートウォーク(東京都品川区、代表取締役 渡邉明氏)は、11月25日、虎ノ門ヒルズ森タワーで運営するレストラン「above(アバヴ)」をオーガニックヘルシーレストランへとリニューアルオープンさせた。
    新星アバヴのコンセプトは、「アメリカ西海岸の香りがするオーガニックレストラン」。契約農家から届く新鮮な野菜やオーガニック食材を使って手作りした料理を提供する。美容や健康に配慮したメニューでありながら、ボリュームたっぷりの満足感ある料理を用意している。また、動物性のものを一切使わないヴィーガンメニューやグルテンフリーのメニューも。
    虎ノ門ヒルズを中心に再開発が進むこのエリアで、安心安全で豊かな食生活を送りたいと考える人が年齢,性別、国籍問わず一日中楽しめるレストランとして生まれ変わった。
    ■住所:東京都港区虎ノ門1-23-3 虎ノ門ヒルズ森タワー2F、■電話:03-3539-4560、■営業時間:11:00~23:00(詳細はこちら

  • %e6%9d%b1%e4%ba%ac%e9%a4%83%e5%ad%90

    イートアンドの「ザ・東京餃子酒場」が菊名にオープン。「THE 東京羽根餃子」をリニューアル

    「大阪王将」などを国内外で展開するイートアンド(東京都港区、代表取締役社長 文野直樹氏)は、9月15日、菊川駅前に「ザ・東京餃子酒場」をオープンさせた。「THE 東京羽根餃子」をリニューアルした新店だ。
    1969年の創業から伝わる同社秘伝のレシピで作られる「名物餃子 元祖 焼き餃子」(5個250円)をはじめ、「原価出し!!本日のこぼれ鮮魚」(650円)、「京都ふじの 肉豆腐」(670円)などのおつまみ、「ハイボール」(390円)、「かちわりワイン 赤・白」(390円)などのドリンクも多種揃える。
    17時から翌5時まで営業しており、同エリアの新たな客層の取り込みを狙う。
    ■住所:東京都墨田区菊川3-16-1、■電話:03-5669-7022(詳しくはこちら

  • d20364-43-432335-3

    池袋サンシャインシティにオリエンタルカフェ「GOLDEN SHOWER TREE」がオープン

    イタリアン・カフェ「チェントペルチェント」を展開するフィルドテーブル(東京都千代田区、代表 中島宗則氏)は、12月22日、アジアン料理を提供するオリエンタルカフェ「GOLDEN SHOWER TREE(ゴールデン シャワー ツリー)」を池袋にオープンする。場所は、サンシャインシティ地下1階ショッピングセンター「アルパ」。
    同店は、タイ、ベトナム、シンガポールなどのエスニック料理を提供。ランチからディナーまで営業。ランチタイムには、様々な料理をワンプレートで楽しめる「おすすめプレートランチ」(1280円)などを提供。ディナータイムは、「エスニックタパス」と名付けた小ポーションの屋台料理から、フォーなどの定番・本格的なエスニック料理を豊富に取り揃える。
    ■住所:東京都豊島区東池袋3-1サンシャインシティ アルパB1(詳細はこちら

  • 1

    イオン子会社、仏発の冷凍食品専門店「Picard」を青山骨董通りにオープン

    イオンサヴール(千葉県千葉市、代表取締役社長 小野倫子氏)は、11月23日、フランスの冷凍食品専門店「Picard(ピカール)」の日本一号店を青山骨董通りにオープンする。コンセプトを「365日、いつでも誰でもおいしさ溢れる食卓を」として、手軽に本格的なフランスの家庭料理を家庭でも楽しめる商品を多数揃える。同社は、イオン(千葉県千葉市、代表取締役社長 岡田元也氏)が「ピカール」展開のために6月に設立したイオン100%出資の子会社だ。
    すでに同月17日からはEC店舗をスタート。一部既存のイオン内では、「ピカールコーナー」を設置して、ピカール商品を販売しており、今回の出店を機に同コーナーは「プチピカール」と名称を変更して、ピカール商品の販売を続ける。
    「ピカール」は本国でも人気の高い冷凍食品専門のスーパーマーケットで、フランスを中心に、イタリア、ベルギー、スウェーデン、スイス各国で1000店舗以上を展開する。
    独自の冷凍技術で、高い鮮度、ナチュラル製法を実現。食品ロス問題など、エコにも配慮するとあり、女性客からシニア層など幅広く利用されている。。商品は、野菜や肉料理・魚介類からパン、デザートまで豊富に揃え、準備の手軽さに加え、高いクオリティと安全性を誇る。
    イオンサヴールは、青山骨董通り店のほか、今年12月に麻布十番、中目黒にもオープンを予定している。
    ■住所:東京都港区南青山5-9、■電話:080-3311-5120、■営業時間: 10時~21時(詳細はこちら

  • d22744-1-542728-0

    餃子専門ワインバル「立吉餃子」FC店が八丁堀にオープン

    人気焼肉店「旬熟成」などを展開するフードイズム(東京都港区、代表取締役 跡部美樹雄氏)は、11月25日、八丁堀に餃子専門ワインバル「立吉餃子」の3店舗目をオープンさせる。同店はFC店で運営を担うのはフードアドレス(東京都目黒区、代表取締役 室崎憲昭氏)。
    立吉餃子」は、2012年1号店を渋谷にオープン。“餃子をつまみにワインを飲む”という新しい提案で、山形県産豚と国産野菜を使用し、肉の旨味を感じられる餃子は、女性を中心に人気を博してきた。
    メニューは、プレーンの「TACHIKICHI GYOZA」のほか「パクチー餃子」、「トムヤムクンスープ餃子」やデザート餃子の「あんみつ姫」などのオリジナルメニューに加え、同店では新メニューとしてお客が餃子を包む餃子鍋「立吉餃子火鍋」も提供する。
    ■住所:東京都中央区八丁堀2-11-1 メゾンコート1階、■電話:03-5542-0535(詳細はこちら

  • 0000000000055110

    赤坂にビーチカフェレストラン「SALTY SUNNY BONDI CAFE」が11月9日オープン

    11月9日、ダイニングカフェ「SALTY SUNNY BONDI CAFE(ソルティ・サニー・ボンダイ・カフェ)」が赤坂サカス内赤坂Biz Tower1階にオープンした。同店をプロデュースしたドルチェッツァ(東京都渋谷区、代表取締役社長 井谷稔氏)は、シドニーのボンダイビーチにインスパイアされた“ビーチカフェレストラン”をコンセプトに渋谷、広尾などにも同業態で4店舗展開する。
    同店は朝9時から夜11時まで営業し、モーニングからディナーまで様々なシーンで利用できる。食事は、国産・産地直送などの食材に拘ったジャンルにとらわれない創作料理。「エッグスベネディクト」(1000円)や「手ごねハンバーグ」(1000円)、「豆腐入り九州パンケーキ ココナツバター添え」(800円)などのメニューが用意されている。また、バリスタによるスペシャリティコーヒーも提供する。
    ■住所:東京都港区赤坂5-3-1 赤坂Bizタワー1階、■電話:03-5544-8220(詳細はこちら

  • nb

    クラフトビール専門店「NIHONBASHI BREWERY.」が11月15日オープン

    11月15日、クラフトビール専門店「NIHONBASHI BREWERY.(以下、日本橋ブルワリー)」がオープンした。場所は、東日本橋エリアに誕生したクリエイティブオフィス「& WORK NIHONBASHI(アンドワークニホンバシ)」の1階。経営は、ZOT(神奈川県横浜市、代表 黒瀬実寿希氏)。トランジットグループのリアルゲイト(東京都港区、代表 岩本裕氏)がてがける同施設には、同店の他に、カフェやラウンジ、ショールームオフィスなどが入る。
    「日本橋ブルワリー」では、米・ポートランドで最初のエコブルワリー「HUB (Hop works Urban Brewery) 」の醸造長Trevor Bass氏が日本人向けに考案したオリジナルビールをはじめ、13タップを揃える。HUBのビールのほか国内外様々な味わいのクラフトビールを提供する。2017年には自社醸造も予定しているという。フードメニューは、無農薬・低農薬のローカル食材にこだわりピザなどビールとの相性のいい食事を用意する。
    ■住所:東京都中央区日本橋富沢町10-13 &WORK NIHONBASHI 1F、■電話:03-6231-0226、■営業時間:11:30〜23:00(詳細はこちら

  • d15279-54-357285-2

    両国駅に新施設「-両国- 江戸NOREN」が11月25日開業。江戸の食文化を伝える12の和食店が出店

    ジェイアール東日本都市開発(東京都渋谷区、代表取締役社長 出口秀已氏)は、11月25日、JR両国駅西口に飲食施設「-両国- 江戸NOREN」を開業させる。「粋な江戸の食文化を楽しむ」をコンセプトに、鮨、蕎麦、天ぷらなどの12の和食店が集う。
    出店するのは、本格江戸前鮨の「政五すし」、東京中の酒蔵の酒をセルフで楽しめる角打「東京商店」、もんじゃ焼き「月島もへじ」、老舗天ぷら店の姉妹店「天ぷら食堂ひさご」などの和食店。職人がつくる江戸の食の魅力を存分に伝えるラインナップだ。
    また、同施設は両国駅の旧駅舎をリニューアルしており、館内は江戸の町屋をイメージした吹抜け空間が広がる。中央には、日本相撲協会監修の土俵が設置され、両国ならではの設えも。観光案内所も置き、訪日客、観光客も含めて墨田区全体の回遊性を高めたい考えだ。開業後は、歴史や食などに関するイベントを随時行う予定。
    ■住所:東京都墨田区横網1-3-20(JR両国駅西口直結)■開館時間:10:00~23:30(詳細はこちら

  • s__135536666

    イタリアン酒場「東京MEAT酒場」4号店、武蔵小山に11月11日オープン

    株式会社イタリアンイノベーションクッチーナ(東京都渋谷区、代表取締役社長 四家公明氏)は、“日本一おいしいミートソース”で知られる「東京MEAT酒場」4号店を、11月11日、武蔵小山駅にオープンした。

    代表である四家氏創業の地・武蔵小山で、フランチャイズ展開も見据えた「東京MEAT酒場」の”凱旋オープン”となった。
    11/14(月)まで、泡なし/泡あり生ビールが194円(税別)のオープンキャンペーンを実施している。

    【東京MEAT酒場】
    「おっさんにイタリアンを食べさせたい!」という想いを形にした同店には、演歌やムード歌謡が流れ、ドリンクは焼酎やハイボールが充実し、年齢が高めの男性客にもなじみ深い雰囲気をつくっている。
    また、化学調味料やそれらを含む食材を使用しない“無化調イタリアン”で、身体に優しい食事を提供する。メニューは、リングイネの下にソースが隠れた看板メニュー「日本一おいしいミートソース」(970円)、牛の胃袋をじっくり煮込んだ「牛塩モツ煮」(399円)、「肉味噌納豆とうふ」(390円)など、肉料理を主軸にした品々を用意する。

    ■住所:東京都品川区小山3-23-18 1-2F 、■営業時間:月~金 16:00-25:00、土 11:30-25:00、日・祝 11:30-24:00 ■URL:公式HP

  • d19564-4-532333-4

    焼肉「ふたご」、NYスタイルのダイニング「BUTCHER’S MOTHER」が11月21日神保町にオープン

    「大阪焼肉・ホルモン ふたご」を展開するFTG Company(東京都目黒区、代表取締役社長 李純哲氏)は、同社の新業態としてNYスタイルのミートダイニング「BUTCHER’S MOTHER(ブッチャーズ マザー)」を11月21日にオープンさせる。場所は、神保町駅から徒歩2分にある「FUNDES神保町」3階。東京建物が手掛ける商業施設だ。
    同店のコンセプトを、“Meat Charge” とし、肉の量り売りと惣菜やサラダをセルフ形式で提供する。米・ニューヨークのミート・パッキング・ディストリクトの街角にある肉屋をイメージした店内には、ミートセラーに上質な赤身肉が並ぶ。
    お客が選んだ肉を好きな分だけカットし焼上げ提供する。ニューヨークでも人気のリブアイのほか、ローストサーロインやポークチョップなど食べ応えのあるメイン料理を豊富に取り揃える。
    同社は、今年7月からバランスのとれた食生活に貢献するため、これまでの肉業態に加えて、サラダ専門店をオープンさせるなど「野菜」にも力を入れている。今回も、野菜をたっぷり取り入れた日替わりの総菜やサラダを一緒に提供するという。■住所:東京都千代田区神田神保町1-8 FUNDES神保町3階、■電話:03-5280-2501、■営業時間:11:00~23:00(詳しくはこちら

  • d20622-2-859488-0

    “おむすび酒場”「人形町田酔 茅場町の酒場」、11月7日オープン

    居酒屋「田酔」などを展開する東京フードワークス(東京都中央区、代表取締役 笹田眞吾氏)は、11月7日茅場町に「人形町田酔 茅場町の酒場」をオープンさせた。同業態は門前仲町に続く2店舗目。“おむすび酒場”と打ち出し、日本酒とあて、〆の「おむすび」をメインに打ち出した居酒屋だ。
    メニューは、日本全国から厳選した純米酒と、注文を受けてから握る「おむすび」を軸に、串焼やおでん、海鮮料理なども豊富に取り揃える。ランチタイムには、おむすびのほか、同店名物の「銀しゃり定食」も用意する。
    “おむすび酒場”のコンセプトには、「おむすび」と日本酒のマリアージュによってお客と蔵元の想いをつなげたいという願いのほかにも、人と人を結ぶ酒場でありたいとの想いを込めた。
    ■住所:東京都中央区日本橋茅場町3−7−2、■電話:03-5651-7288、■営業時間:11:00~14:00/17:00~23:15(詳細はこちら

  • peoplesinc_logo

    カフェ・カンパニーがアパレル大手と合弁会社設立。“ライフスタイル発信型リーディングカンパニー”を目指す

    カフェ・カンパニー(東京都渋谷区、代表取締役社長 楠本修二郎氏)は、LOWRYS FARMなどのアパレルブランドを国内外で展開するアダストリア(東京都千代田区、代表取締役会長兼最高経営責任者 福田三千男) と合弁会社peoples inc.を設立し、WIRED CAFEやwired kitchenなどを共同運営していくことを発表した。両社がこれまで築いてきた飲食とファッションの強みをいかし、「ライフスタイル発信型のリーディングカンパニー」を目指すという。
    新会社peoples inc.は、「より豊かな『NIPPON の衣・食・住』を育み、ワクワクする未来を創造していく」ことをコンセプトとし、飲食事業とアパレル小売り事業の掛け合わせによって、新事業の可能性を探る。

    ■新会社概要
    名称/peoples inc.株式会社(ピープルズインク株式会社)
    所在地/東京都渋谷区神宮前5-27-8 Los Gatos 3F
    事業内容/飲食店運営事業等
    資本金/1,000万円
    設立年月日/2016年11月1日
    出資比率/カフェ・カンパニー 66%、アダストリア 34%
    役員
    代表取締役社長 楠本 修二郎
    取締役副社長   木村 治
    取締役      天井 智子
    (詳細はこちら

  • 190165

    「ELLE cafe Aoyama」11月11日オープン。全米注目のシェフによる“ヘルシーグルメ”料理を提供

    「Health&Beauty〜食から美しく〜」を提唱する「ELLE café Aoyama(エル カフェ青山店)」が、11月11日オープンする。同店は、「人と地球をヘルシーに」という想いのもと、サステナブルなフードサイクルの創造を目指すデリ、カフェ、レストラン。表参道にある国際連合大学から徒歩30秒ほどのロケーションに、1、2階88席を設ける。1階はデリ(テイクアウト)とオープンテラスカフェ、2階はカフェレストランとなっており、モーニングからディナーまで利用できるオールデイダイニングだ。また、グルテンフリーやヴィーガン、ローカーボ、ダイエット中の人向けのスキニースタイルなどの表示で幅広い食の選択肢を提示するのも同店の特徴だ。
    エグゼクティブシェフに、米大統領オバマ一家や人気歌手マドンナなど著名人のプライベートシェフとしても支持を集める全米注目のシェフ・メリッサ・キング氏を迎え、心身の健康に配慮したハイクオリティな“ヘルシーグルメ”料理の数々を提供する。同氏は、現在オーガニックスーパー「ホール・フーズ・マーケット」のアンバサダーシェフも務めており、環境維持のためのサポート活動にも取り組んでいる。2階のカフェレストランでは、コース料理も提供する。キングシェフが日本中を訪れて出会った“ストーリーのある食材”で、ランチとディナーそれぞれ異なるコースメニューを用意。世界各国から取り寄せたビオワインも豊富に取り揃えている。
    ■住所:東京都渋谷区神宮前5-51-8 1F・2F、■電話:03-6451-1996 (デリ専用03-6451-1997)、■営業時間:ベーカリーデリ 8:00〜21:00、カフェ 8:00〜23:00、レストラン11:00〜15:00、17:00〜23:00(詳細はこちら

  • d15834-53-779452-2

    立ち呑みラーメン「一風堂スタンド」、2号店が五反田にオープン。クラフトビールも2タップ導入

    人気ラーメン店「一風堂」などを展開する力の源カンパニー(福岡市中央区、代表取締役社長 清宮俊之氏)は、11月1日、「一風堂スタンド」を五反田にオープンさせた。ラーメンと日本酒、おつまみを立ち呑みスタイルで提案する「一風堂スタンド」は、7月に1号店を浜松町にオープンさせて以来、人気を博している同社の新業態だ。
    2号店となる五反田店では、日本酒に加えクラフトビールとの合わせも新たに提案。クラフトビールは、木内酒造・常陸野ネストのラガーとアンバーエールの2種類。樽生で各680円で提供する。日本酒は、1号店と同様に博多住吉酒販が監修し、「松の司(滋賀)」「東一(佐賀)」「新政カラーズ エクリュ(秋田)」「美田(福岡)」と、味わいの異なる4種(90cc、各500円)が揃う。
    オープンから先着2000名までドリンクやランチのサービス券を配布している。■住所:東京都品川区西五反田1-25-5、■電話:03-6421-7666、■営業時間 :月~木・祝日 11:00~24:00、金・土・祝前日 11:00~翌3:00、■定休日:日曜日(詳細はこちら

123...50...最後
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.