飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ニュースフラッシュ一覧

  • LL_img_118825_1

    自然派イタリアン「リストランテAO 青山」がオープン。国内外でレストラン、ウェディング事業を展開するリビエラの新店舗

    国内外でレストラン、ウェディング事業を展開するリビエラ(東京都港区、取締役社長 小林昭雄氏)は、1月10日、青山に新店舗となるイタリアン「リストランテAO 青山」をオープンさせた。産地から直送されるあか牛や無農薬野菜など、こだわりの食材を使ったイタリアンを提供する。
    食材は、同社が土作りからこだわる自社農園「リビエラファーム」の無農薬野菜や、これまでに培った全国の生産者とのネットワークをいかし、産地直送の新鮮な旬食材を厳選。さらにビルの屋上に菜園を設け、シェフが野菜の栽培に取り組む。
    メニューの中心となるのは、ランチ、ディナーそれぞれコース料理。1ヶ月半ごとにメニューが入れ替える。ランチコースは、2700円、3700円、6000円の3つ、ディナーコースは、6800円、10000円の2つとなる。
    個室も3室用意し、パーティや接待など幅広い利用シーンに対応する。
    ■住所:東京都港区南青山3-3-3 リビエラ南青山ビル1階、■電話:03-5411-6660、■営業時間:ランチ 11:30~15:30、ディナー 18:00~23:00(詳細はこちら

  • d11641-44-546830-1

    LD&Kが新店「六本木カフェ」をオープン。朝7時から翌朝5時まで営業のホテル併設カフェレストラン

    「宇田川カフェ」などを展開するLD&K(東京都渋谷区、代表取締役 大谷秀政氏)は、1月16日、新店舗となるカフェ「六本木カフェ」をオープンさせる。音楽事業なども手掛ける同社は、2001年、渋谷・宇田川町に「宇田川カフェ」を出店し、飲食事業を開始。深夜まで営業するカフェ“夜カフェ”ブームの火付け役となった。
    今回出店する「六本木カフェ」は、「ホテル ザ・ビー六本木」の併設カフェレストランとしてオープン。朝食から、ランチ、カフェ、ディナーと朝7時から翌朝5時まで営業する。モーニングはビュッフェスタイルで、ランチ、ディナーはスパニッシュベースの創作料理を提供し、テイクアウトメニューも用意する。
    ■住所:東京都港区六本木3-9-8 ホテル ザ・ビー六本木 1F、■電話:03-6432-9230(詳細はこちら

  • d14699-17-657859-3

    「権八」が浅草に誕生。グローバルダイニングの最新店、1月16日オープン

    グローバルダイニング(東京都港区、代表取締役社長 長谷川耕造氏)は、1月16日、創作和食「権八(ごんぱち)」を浅草にオープンさせる。観光名所・雷門から徒歩3分の吾妻橋の近くに、2階建て約70坪の店を構えた。「権八」は、2002年のブッシュ元大統領と小泉元首相の「居酒屋会談」や、映画「Kill Bill」のシーンのモデルになったことで世界的に有名となった。外国人にも知名度のある同ブランドで訪日客にさらに強く訴求していく。
    国内11店舗目となる「権八 浅草吾妻橋店」では、手打ち蕎麦・串焼き・海苔手巻きをメインに打ち出す。国産蕎麦の実を使用した挽きたて・打ち立ての蕎麦、備長炭で焼きあげる串焼き、炙った厳選高級海苔を使った海苔手巻きなど、権八らしいアレンジを加えて提供する。
    同社は、現在国内、米ロサンゼルスあわせて54店舗を展開中。「カフェ ラ・ボエム」「モンスーンカフェ」「権八」「ゼストキャンティーナ」など、斬新なレストランで時代を牽引してきた飲食企業だ。
    ■住所:東京都台東区雷門2-1-15 中川ビル 1F・2F、■電話:03-5830-3791、■営業時間:11:00~23:00(詳細はこちら

  • original

    讃岐うどん「麺匠 釜善」、“ちょい飲み”できるうどん酒場が人気

    本格讃岐うどんを提供する「麺匠 釜善」が淡路町に10月21日オープン以来、人気を集めている。カフェ風に仕立てられた店内で、香川県産の小麦粉を独自に配合した打ち立ての自家製うどんを楽しめる。看板メニューの「肉うどん」(800円)のほか、「明太クリームうどん」(800円)などの創作系メニューや、“ちょい飲み”におすすめのおでん各種(100円〜)、生ビール(500円)も用意する。
    ■住所:東京都千代田区神田司町2-14-15 高梨ビル1F、■電話:03-5577-5308、■営業時間:11:00~20:00(詳細はこちら

  • 75113c8cffd96-3f4e-4c6e-ae94-5425ad5f3829_m

    「コメダ和喫茶 おかげ庵」、1月24日あざみ野にオープン。コメダ、和業態で関東初出店

    「コメダ珈琲店」などの喫茶店を全国でチェーン展開するコメダ(愛知県名古屋市、代表取締役社長 臼井興胤氏)は、2017年1月24日、横浜市・あざみ野に関東初となる和業態「コメダ和(なごみ)喫茶 おかげ庵(以下 おかげ庵)」をオープンさせる。「おかげ庵」は、1999年「コメダ珈琲店」の姉妹店として名古屋市千種区に一号店を出店。現在、愛知県内に7店舗。コメダ流のゆったりしたフルサービスの喫茶空間で、和の甘味や食事を楽しめる「なごみ庵」は、コメダファンの間で長年親しまれている喫茶店だ。
    既存店で人気の「抹茶シロノワール」や「ぜんざい」などの甘味のほか、「レトロスパゲティ」や「カレーうどん」などの食事、モーニングセットも用意する。席数は27卓82席で、全席禁煙。
    ■住所:神奈川県横浜市青葉区大場町704-42 あざみ野ガーデンズ内■営業時間:8:00~22:00(詳細はこちら

  • toyosu_rogo

    老舗焼肉店初のバル業態「黒毛和牛バルUSHIQRO」、12月23日豊洲にオープン

    老舗焼肉店「うしくろ」を展開するサンエイフーズ(東京都江戸川区、代表取締役 韓永紀氏)は、A5黒毛和牛一頭買い専門の肉バル「黒毛和牛バルUSHIQRO(うしくろ)」を12月23日、豊洲IHIビルにオープンさせる。
    同店のウリは、一頭買いしたA5ランクの黒毛和牛。一頭買いすることで、希少部位も含め様々な部位を豊富に提供することができるという。
    同社は、焼肉店「うしくろ」を都内で4店舗展開。今回オープンする「黒毛和牛バルUSHIQRO」は、同社初のバル業態となる。
    ■住所:東京都江東区豊洲3-1-1 豊洲IHIビル1階、■電話:03-3654-8929、■営業時間:11:00~23:00(詳細はこちら

  • 新宿・歌舞伎町に「出汁しゃぶ おばんざい おかか新宿」がオープン。subLimeグループ、パートナーズダイニングの新業態

    subLime Groupのパートナーズダイニング (東京都新宿区、代表取締役社長 中村英樹氏)は、「出汁(だし)」を中心とした和食店 「出汁しゃぶ おばんざい おかか新宿」を12月11日、新宿・歌舞伎町にオープンさせた。鰹節からとった出汁でいただく「出汁しゃぶ」と「30種類のおばんざい」が柱の新業態だ。
    鰹節は、創業300年を超える老舗「にんべん」のものを使用し、0.01mmの薄さに削り出汁をとり「おかか名物!出汁しゃぶ」(1人前1980円)として提供する。九条ネギや人参、ささがきごぼうなどの数種類の野菜と肉を、削りたての鰹節でとった出汁でしゃぶしゃぶにする。野菜はおかわり自由。
    同社は、「北の家族」や「監獄レストラン ザ・ロックアップ」を柱に14業態58店舗を展開している。
    ■住所:東京都新宿区歌舞伎町1-16-3 新宿スクエアビル8F、■電話:03-5292-5547、■営業時間:17:00~24:00(詳細はこちら

  • d19377-3-339648-13

    表参道にカスタマイズレストラン「BAR AMARENA」がオープン。素材、量、調理法を選べる新感覚レストラン

    12月15日、表参道・骨董通り沿いにカスタマイズレストラン「BAR AMARENA(バー アマレーナ)」がオープンした。お客が好きな食材、量、調理法などを選び、シェフが一皿に仕上げるというスタイルの新感覚レストランだ。経営は、バルビゾン(東京都港区、代表取締役社長 伊藤健志氏)。
    メイン料理は、ショーケースから魚介や肉を選び、好みの量、調理法でオーダーできる。シェフは、須磨映理子氏。都内の有名イタリアンや、パラオ、ベトナムなどのレストラン立ち上げなど、世界各国での料理経験をいかして各地の郷土料理と日本の食材を巧みに融合させたコース料理が魅力だ。17時から19時には、「アペリティーボ(=ちょい飲み)タイム」として、「本日のおつまみ5品と1杯セット」(1200円)や、白レバーパテなどのおつまみ(380〜500円)を提供する。
    ■住所:東京都港区南青山5-4-27Barbizon104ビル1階、■電話:03-6805-0157、■営業時間:モーニング8:30〜11:00、ランチ11:30〜15:00、カフェ15:00〜17:00、ディナー17:00〜23:00(詳細はこちら

  • ポジティブフード「赤坂とさか」、六本木一丁目駅直結の六本木グランドプラザに移転オープン

    ポジティブフード(東京都港区、代表 畑久美子氏)は12月2日、東京メトロ南北線 六本木1丁目駅直結の「六本木グランドプラザ」に鳥料理「赤坂とさか」を移転オープンした。同社の直営店はこのほか「もつ福 西新橋店」「もつ福 赤坂店」「麻布とさか」「鳥とも」「暮れ六つ ともえ」。
    「赤坂とさか」では、自社オリジナルの「ともえ地鶏」を直接料理する職人がさばいて使用。鮮度の高い状態で、部位に合わせて7種類の塩を使い分け焼き鳥にして提供している。

    ■住所:東京都港区六本木3-1-25 泉ガーデン六本木グランドプラザ 2F
    ■営業時間:平日 ランチ11:00~14:30(14:00 LO)/ディナー 17:00〜23:00 (22:00 LO)、土祝ディナー 17:00〜22:00 (21:00 LO)(詳細はこちら

  • picture

    トリドールの天ぷら定食専門店「まきの」、武蔵小山にオープン。関西で人気業態、東京初出店

    国内外で讃岐うどん専門店「丸亀製麺」などを展開するトリドールホールディングス(兵庫県神戸市、代表取締役社長 粟田貴也氏)は、12月14日、東京・武蔵小山に天ぷら定食専門店「まきの」をオープンさせた。これまで大阪、兵庫、京都の3県で展開し、人気を博している同業態。武蔵小山店は東京初出店となる。
    オープンキッチンで、注文が入ってから天ぷらを揚げる「都度揚げ方式」を採用し、お客の食べ進み具合にあわせて連続して揚げたてを提供する。カウンターメインの内装も特徴で、料理人の目がお客に行き届き、カウンター越しに揚がった天ぷらをすぐに提供できるようにするための工夫だ。武蔵小山店の営業時間は11時から21時30分。
    ■住所:東京都品川区荏原3-8-5、■電話:03-5751-7017(詳細はこちら

  • img1_000176

    横浜ベイブルーイング、戸塚工場でオープニングフェス。新工場をお披露目

    横浜ベイブルーイング(神奈川県横浜市、代表取締役 鈴木真也氏)が、横浜市戸塚区にビール醸造所「戸塚工場」を開設。12月11日、同工場のお披露目会としてオープニングフェスを開催した。
    同社は、2011年8月、鈴木信也氏が関内駅から徒歩5分の場所にビアパブ「ベイ・ブルーイング・ヨコハマ」をオープンさせスタート。2012年1月には酒類製造免許を取得し、自社ビールの醸造を開始。他社の醸造所を利用するなどして、「ベイピルスナー」を中心とする様々なオリジナルビールを醸造、販売してきた。そして今年10月、念願の自社ビール醸造所「戸塚工場」を開設、醸造開始に至った。
    「世界一のピルスナー」を醸造すること、横浜を世界に通じるクラフトビアシティにすることが目標だ。
    ■住所:神奈川県横浜市戸塚区上矢部町2006、■電話:045-443-9972(詳細はこちら

  • 527806_615

    高円寺駅高架下「チカヨッテ横丁」がオープン。リニューアルで新たな3店舗が出店

    12月12日、JR高円寺駅高架下の「高円寺ストリート」地下1階が、「チカヨッテ横丁」としてリニューアルオープンした。新たに3店舗が出店。博多中州発のとんこつラーメン店「わ蔵」、酒屋がやっている立ち呑み屋をコンセプトにした居酒屋「鎌倉酒店」、本格的なタイ料理が楽しめるエスニック居酒屋「ロングラオ」の3店舗が加わった。いずれも翌3~4時まで営業している。
    ■住所:東京都杉並区高円寺南3-70-1高円寺ストリート2番街 地下1階(詳細はこちら

  • d8192-84-505657-6

    成城石井のワインバー「Le Bar a Vin 52 AZABU TOKYO」、5店舗目をオフィス街・神谷町にオープン

    成城石井(横浜市西区、代表取締役社長 原昭彦氏)は12月13日、ワインバー「Le Bar a Vin 52 AZABU TOKYO 神谷町店」をオープンさせる。2013年12月に麻布十番で1号店をオープン。関内、横浜、恵比寿に続き、今回の出店で5店舗目となる。同業態でオフィス街への出店は初めて。
    同店では、これまで同社が築いてきた商品調達力と開発力をいかし、上質なワインと食材を使った食事をリーズナブルに提供する。メニューで使用している材料の約7割に成城石井の商品を使用。お客は気に入った食材を併設のミニショップで購入することができる。
    ■住所:東京都港区虎ノ門4-3-1 城山トラストタワー1F、■営業時間:平日11:00〜23:00、土日祝:11:00〜23:00 ※ミニショップエリアは8:00から営業(詳細はこちら

  • above

    虎ノ門ヒルズ「above」がオーガニックレストランにリニューアル。ヴィーガンやグルテンフリーメニューも提供

    イートウォーク(東京都品川区、代表取締役 渡邉明氏)は、11月25日、虎ノ門ヒルズ森タワーで運営するレストラン「above(アバヴ)」をオーガニックヘルシーレストランへとリニューアルオープンさせた。
    新星アバヴのコンセプトは、「アメリカ西海岸の香りがするオーガニックレストラン」。契約農家から届く新鮮な野菜やオーガニック食材を使って手作りした料理を提供する。美容や健康に配慮したメニューでありながら、ボリュームたっぷりの満足感ある料理を用意している。また、動物性のものを一切使わないヴィーガンメニューやグルテンフリーのメニューも。
    虎ノ門ヒルズを中心に再開発が進むこのエリアで、安心安全で豊かな食生活を送りたいと考える人が年齢,性別、国籍問わず一日中楽しめるレストランとして生まれ変わった。
    ■住所:東京都港区虎ノ門1-23-3 虎ノ門ヒルズ森タワー2F、■電話:03-3539-4560、■営業時間:11:00~23:00(詳細はこちら

  • %e6%9d%b1%e4%ba%ac%e9%a4%83%e5%ad%90

    イートアンドの「ザ・東京餃子酒場」が菊名にオープン。「THE 東京羽根餃子」をリニューアル

    「大阪王将」などを国内外で展開するイートアンド(東京都港区、代表取締役社長 文野直樹氏)は、9月15日、菊川駅前に「ザ・東京餃子酒場」をオープンさせた。「THE 東京羽根餃子」をリニューアルした新店だ。
    1969年の創業から伝わる同社秘伝のレシピで作られる「名物餃子 元祖 焼き餃子」(5個250円)をはじめ、「原価出し!!本日のこぼれ鮮魚」(650円)、「京都ふじの 肉豆腐」(670円)などのおつまみ、「ハイボール」(390円)、「かちわりワイン 赤・白」(390円)などのドリンクも多種揃える。
    17時から翌5時まで営業しており、同エリアの新たな客層の取り込みを狙う。
    ■住所:東京都墨田区菊川3-16-1、■電話:03-5669-7022(詳しくはこちら

123...50...最後
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.