飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

香港で人気の点心レストラン「添好運(Tim Ho Wan/ティム・ホー・ワン)」が日本初上陸。日比谷シャンテ別館にオープン


“世界一安いミシュランレストラン”として、香港で人気の高い点心レストラン「添好運(Tim Ho Wan/ティム・ホー・ワン)」が今春、日本初上陸する。運営はWDI(東京都港区、代表取締役:清水謙氏)。場所は東京・日比谷のショッピングセンター「日比谷シャンテ」別館の1Fだ。「添好運」は4年連続でミシュラン3ッ星を獲得したフォーシーズンズホテル香港の広東料理店「龍景軒」の点心師を務めたMak Kwai Pui氏が、パートナーのLeung Fai Keung氏と共に、「よりカジュアルに、日常的に本物の味を」という考えで2009年、香港に創業した点心専門店。
提供される点心は、全てMak氏とLeung氏のオリジナルレシピによるもので、一つ一つが各店の厨房で丁寧に手作りされている。メニューは、蒸物、揚物、米粉春巻き、粥、ちまき、野菜、デザートなどのカテゴリーで構成され、今回の日本店でも「ベイクド チャーシューバオ」、「海老と黄ニラのチョンファン」、「大根餅」、「マーライコウ」などの看板メニューが提供予定となっている。日常的な料金で一流ホテルの味を楽しむ事ができるレストランとして評判を呼び、2010年にはミシュラン1ッ星を獲得、“世界一安いミシュランレストラン”と称され、地元をはじめ外国人観光客も来店する世界的有名店となった。現在は香港のほか、台湾をはじめとするアジア各国とオーストラリア、そしてWDI GROUPによりアメリカ・ニューヨークに展開しています。
◾️住所:東京都千代田区有楽町1-2-2 日比谷シャンテ 別館1F ◾️詳しくはこちら

ニュースフラッシュ一覧トップへ

Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.