飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

大丸松坂屋百貨店が不動産事業拡大に向け、新商業施設を開発。「BINO銀座」12月7日に第一期オープン


大丸松坂屋百貨店(東京都江東区、代表取締役:好本達也氏)の不動産事業部は、J.フロントリテイリンググループが推進する「アーバンドミナント戦略」を迅速に実行していくため、昨年秋に新設。遊休資産も含めた自社不動産の活性化と有効活用に取り組み、今年4月には松坂屋銀座店跡地を含む2街区を一体開発した「GINZA SIX」、今月4日には松坂屋上野店南館跡地に複合商業施設「上野フロンティアタワー」を開業するなど不動産事業を拡大しているが、今度は旧松坂屋銀座店別館をリノベーションし、「ビューティー&ヘルス」をテーマにした新商業施設「BINO銀座(ビーノギンザ)」を12月7日にオープンする。施設は地下2階、地上6階建てで、銀座エリア周辺の居住者・働く女性、銀座を訪れる母娘2世代に向け、レストラン・カフェ、エステ、フィットネスなど、女性の美しさをサポートするショップ・飲食店などを中心に誘致した。
◾️住所:東京都中央区銀座5-8-9  ◾️詳しくはこちら

ニュースフラッシュ一覧トップへ

Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.