飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

大庄が新宿パレットビルに5業態の肉専門店「新宿名店横丁」をオープン!


大庄(東京都大田区、代表取締役社長:平 了寿氏)は、新宿駅西口直結の新宿パレットビル地下3階に、牛肉、馬肉、羊肉、鶏肉、ホルモンの5業態の肉専門店を集積した「新宿名店横丁」を、10月2〜8日にかけて計5店舗オープンした。昭和の懐かしさが残る空間に遊び心を加え、現代風にデザインした横丁。ここに10月2日、神田の肉バル「RUMP CAP」(ランプキャップ)、炭火焼き極旨ホルモン「やるきホルモン」が、10月4日には宮崎産の旨い鳥「とり家ゑび寿」(とりやえびす)、10月6日には大衆馬肉酒場「三村」、10月8日には、あみやきジンギスカン「悟大」(ごだい)がオープンを迎えようやく全店舗がスタートを切った。横丁の「丁」という漢字には、「出会う・行き交う」の意味があるようで、この「新宿名店横丁」でも、老若男女が一人でもグループでも“ゆるい”コミュニケーションを楽しみながら肉をほおばってほしいと考え、同社がこの施設を出店したようだ。
◾️住所:東京都新宿区西新宿1-1-1 新宿パレットビル地下3階(新宿駅直結) ◾️詳しくはこちら

ニュースフラッシュ一覧トップへ

Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.