飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

渋谷駅街区開発計画「渋谷スクランブルスクエア」に名称決定。商業施設リーシング開始

h_logo


東京急行電鉄東日本旅客鉄道東京地下鉄が推進し、2019年度の開業を予定している渋谷駅街区開発計画について、施設名称を「渋谷スクランブルスクエア/SHIBUYA SCRAMBLE SQUARE」に決定し、オフィスおよび商業施設のリーシングを開始することを発表した。「渋谷スクランブルスクエア」の名称には「多様な人々を渋谷の街に惹きつけ、混じり合うことにより、渋谷の中心からムーブメントを発信し、新たな文化を生み出すステージにしたい」という想いを込めているという。同商業施設は渋谷エリア最高となる高さ約230メートル・地上47階建で、高層部にオフィス、中低層部には大規模商業施設を備える。商業施設は地下2階から地上14階、「ASOVIVA」をコンセプトに、「憧れやワクワク感を求めてさまざまな人々が集まり、『情報鮮度』『本物・本質』『共感・ つながり』を具現化する、日本一楽しくて、ハレな『遊び場』」という世界最旬の商業施設を目指しているようだ。
▪️詳しくはこちら

ニュースフラッシュ一覧トップへ

Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.