飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

「権八」が浅草に誕生。グローバルダイニングの最新店、1月16日オープン


グローバルダイニング(東京都港区、代表取締役社長 長谷川耕造氏)は、1月16日、創作和食「権八(ごんぱち)」を浅草にオープンさせる。観光名所・雷門から徒歩3分の吾妻橋の近くに、2階建て約70坪の店を構えた。「権八」は、2002年のブッシュ元大統領と小泉元首相の「居酒屋会談」や、映画「Kill Bill」のシーンのモデルになったことで世界的に有名となった。外国人にも知名度のある同ブランドで訪日客にさらに強く訴求していく。
国内11店舗目となる「権八 浅草吾妻橋店」では、手打ち蕎麦・串焼き・海苔手巻きをメインに打ち出す。国産蕎麦の実を使用した挽きたて・打ち立ての蕎麦、備長炭で焼きあげる串焼き、炙った厳選高級海苔を使った海苔手巻きなど、権八らしいアレンジを加えて提供する。
同社は、現在国内、米ロサンゼルスあわせて54店舗を展開中。「カフェ ラ・ボエム」「モンスーンカフェ」「権八」「ゼストキャンティーナ」など、斬新なレストランで時代を牽引してきた飲食企業だ。
■住所:東京都台東区雷門2-1-15 中川ビル 1F・2F、■電話:03-5830-3791、■営業時間:11:00~23:00(詳細はこちら

ニュースフラッシュ一覧トップへ

Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.