飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

人気イタリアン「タロス」などを展開するOBIETTIVOが、渋谷マークシティ裏にブルスケッタがウリのワインバル「Cuesta wine&bruschetta」をオープン

ハイレベルな飲食店が点在する渋谷マークシティ裏エリアに立地。緑とピンクのファサードは、開業前に視察で訪れたポルトガルでよく見た色の組み合わせだという
テーブル6席、カウンター7席に加えて立ち飲みスペースも配置し、多様な使い方が可能
名物の「ブルスケッタタワー」は、トマトソースを乗せたブルスケッタを12段重ね、見た目のインパクト大な一品
隠れた人気商品の「チーズケーキ」は、赤ワインとの組み合わせが好評
マスターの赤津達郎氏

2018年12月12日、渋谷マークシティ裏に「Cuesta wine&bruschetta(ケスタ ワイン&ブルスケッタ)」がオープンした。ブルスケッタをウリにしたワインバルだ。渋谷の人気イタリアン「Tharros(タロス)」などを展開するOBIETTIVO(東京都渋谷区、代表取締役:馬場圭太郎氏)が開業した。マスターとして店を切り盛りするのは赤津達郎氏。様々な具材をパンに乗せたフィンガーフードであるブルスケッタは、数あるレパートリーから常時10種類を揃える。ワインは、スペイン、ポルトガル、イタリアなどの地中海をテーマにセレクト。店内にはカウンターとテーブル席に加えてスタンディングスペースを配置し、使い勝手のよいワインバルとして機能する。

スタッフの夢ありきで店舗展開するOBIETTIVOの最新店舗

赤津氏はイタリアンや居酒屋、和食などのキッチンで経験を積んだ後、OBIETTIVOが運営する神奈川県葉山町の「SOLIS Agriturismo(ソリス アグリトゥーリズモ)」で、オープニングメンバーとして参画。それまでは料理人だった赤津氏だが、「SOLIS Agriturismo」ではサービスやソムリエとして3年半ほど活躍した。OBIETTIVOでは、スタッフのやりたいことを実現するかたちで出店をしている。かねてから自らの店を持ちたいと考えていた赤津氏は、同社代表の馬場氏に相談。同社が渋谷の同物件を取得したことから、ここをOBIETTIVOの運営としながら、赤津氏の主導で店を作り、開業することとなった。

フックとなるべくアイテムを模索し、ブルスケッタを看板商品に

「ワインを主体とした店をやりたいというのが第一の希望でした、ワインに加えて、フードで何かフックとなるアイテムを用意しようと思いました。そこで浮かんだのがブルスケッタです」と赤津氏は話す。「惣菜を単につまみとして出すのではなく、パンに乗せるだけでブルスケッタとして新鮮みを感じてもらえる。店内に立ち飲みスペースを配置することも決めていたので、手でつまんで気軽に頬張れる点は、立ち飲みとも親和性が高いと考えました」とも話す。開業前には1カ月ほどスペイン・ポルトガル・イタリアのバルを100軒ほど巡ってブルスケッタを研究したという。

小ぶりサイズで多種類を楽しめるブルスケッタ

ブルスケッタは30種類以上のレパートリーから、常時10品ほどをラインアップ。一例として、「アボカド入りのケスタ風ポテサラ」「フェンネルグラタン」「豚のリエット」「カキのコンフィ」「生ハムとマスカルポーネ」など、肉、魚、野菜など多種多様なオリジナリティある具材を用意。オススメは盛り合わせの「本日のブルスケッタ」(3種500円、6種1000円)と、名物として用意した「ブルスケッタタワー」(380円)だ。「ブルスケッタタワー」は、旨みと酸味の強いイタリア産ダッテリーニ種というトマトのソースを塗ったブルスケッタを、12段ほどうずたかく積み上げて見た目にもインパクトを出した一品。

ブルスケッタに使用するパンは、幅3センチ、パンの厚さは5㎜ほどにカットした小ぶりサイズにしていることも特徴だ。「現地のブルスケッタは、もっと大きなサイズのものもありましたが、2~3個でお腹いっぱいになってしまう。たくさんの種類を少しずつ楽しんでほしく、このサイズにしています」と赤津氏。

ブルスケッタ以外にも、「秘伝の味 魚のスープ」(1000円)や「トリッパ(塩レモン)」(1000円)、「本日の小皿前菜」(各種200円)などが揃う。「チーズケーキ」(500円)は、赤ワインに合う味わいで隠れた人気の品だ。

ワインはスペイン、ポルトガル、イタリアなどの地中海沿岸の国のものを用意。常時10種類ほどを揃え、グラスは600~1200円、ボトルは3000~6000円。ソムリエでもある赤津氏のセレクトで、レアなものやユニークなものを揃えているという。

今後はワインの小売りも開始予定

現在は近隣で働く30代~40代のワーカーを中心に集客。テーブル席では多人数の飲み会や、カウンターや立ち飲みスペースでは一人飲みなど、多様なニーズを吸収している。今後は、よりワイン専門店の色を強めるべくワインの販売も開始予定だ。スタンディングスペースを設えたのは、ワインの販売を見据え、角打ちとしても使える店でありたいという狙いがあったからだという。「渋谷で多くの人に親しまれる店にしていきたい。好評であれば、ワイン&ブルスケッタというコンセプトはそのままに、違ったかたちで『Cuesta』を出店できたら」と赤津氏は話す。

(取材=大関 まなみ)

店舗データ

店名 Cuesta wine&bruschetta(ケスタ ワイン&ブルスケッタ)
住所 東京都渋谷区道玄坂1-15-7 CENTRAL道玄坂 1F
アクセス 渋谷駅から徒歩3~5分、神泉駅から徒歩5分
電話 03-6416-4224
営業時間 18:00~24:00
定休日 日曜、祝日
坪数客数 15坪(うちバックヤード5坪)13席+立ち飲み7人程度
客単価 4000円
運営会社 株式会社OBIETTIVO(オビエッティーヴォ)
オープン日 2018年12月12日
関連リンク Tavola calda SICILIANA Peri Peri(記事)
関連リンク Cuesta wine&bruschetta(FB)
関連リンク OBIETTIVO(HP)
※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.