飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

静岡出身のパンチパーマ二人組が調布を変えていく 27歳が仕掛ける「Wパンチ」が8月8日にオープン

通りを一本曲がった先にある同店は隠れ家風のいで立ち
レトロな趣を残す店内は立ち飲みのカウンター席もあり、客同士の交流が活発に行われる
「沼津のアジのひらき」(400円)などがそろう沼津港直送の干物のオーダー率は高い
「牛すじ」(200円)や「ハチノス」(200円)といった「串煮込み」は季節を問わず並ぶ同店の看板メニュー
ともにパンチパーマできめる店主の永田貴史氏(写真左)と杉山佳祐氏

近年、京王線調布駅周辺の再開発が盛んだ。2012年8月に駅が地下化されてからは、跡地の開発が行われており、2017年9月29日にオープンした駅ビルの「トリエ京王調布」が新しい街のランドマークとしての機能を果たす。旧甲州街道沿いにある「仲町通り」でも再開発が進む。小さな個店が点在してきたエリアだったが、現在、道路の拡張工事が行われており、街の表情が変化しつつある。その一角に8月8日オープンしたのが「調布大衆食堂W(ダブル)パンチ」だ。店主の永田貴史氏にとって、同店が独立店となる。

店主の永田氏は、静岡県出身の27歳。フードビジネスと出会ったのは、専門学校入学のため上京した18歳のときにさかのぼる。当時、「まかないが食べられる」という理由から飲食のアルバイトを探して、偶然、興味を惹かれる店舗に出会う。そこがティー・カンパニー(東京都国分寺、代表取締役 月田賢氏)の運営する「彦べえ」だった。当初、芸能マネージャーになるため上京した同氏だったが、同店で働くうちに飲食業の面白さに魅せられて、卒業間際で専門学校を中退。同社の正社員となって、フードビジネスに本格的に飛び込む。その後、「北海道食堂 彦べえ 調布店」の店長を経験するなど着実にキャリアを積み上げて、パンチパーマヘアーで名物店長として人気を博した。25歳とき、友人と飲食店を立ち上げるため静岡に戻ることを決意するが、計画は途中で頓挫し、同氏は東京に残って新たな道を探す。そのころ、同氏と同じティー・カンパニー出身で、独立に向けた準備を進めていた井上和哉氏と巡りあう。そして「新潟×タパス バル和(バルカズ)」の立ち上げに携わった後、そのまま同店で働きながら自身の独立を模索。そして今回、「調布大衆食堂Wパンチ」のオープンを実現させた。

同店のコンセプトは“気軽に飲める店”だ。もともと同店はスナックだったが、営業されていたのは20数年前までで、最近まで住居としてのみ使われていた。そこをリノベーションして居酒屋として営業しているため、立ち飲みスペースも完備した店内にはレトロな雰囲気が残っている。そうした懐かしい雰囲気に誘われて、地元の方が一人で立ち寄れるケースも多い。なお、店名の「Wパンチ」には「衝撃を与える」と「初心に戻る」の二つの意味がある。「衝撃を与える」には、ボクサーのようなパンチで深いインパクトを残したいという気持ちを。そして、もう一方の「初心に戻る」には、彦べえの調布店で店長をしていたころのようにパンチパーマにして、新鮮な気持ちをもう一度呼び起こしたいという気持ちを込めた。

メニューは「干物」と「串煮込み」、「野菜」の3本柱で成り立つ。「干物」では沼津港直送のものを使用し、「串煮込み」は静岡おでん風にして、地元の静岡をアピールしていく。方や「野菜」では、調布で採れたものを使って、日替わりでメニューの提案を行う。グランドメニューには「沼津のアジのひらき」(400円)や「沼津の豆アジの素揚げ」(350円)、「牛すじ」(200円)、「ハチノス」(200円)などが並ぶ。また、ドリンクでは、超炭酸の「角ハイボール」(300円)や「ホッピー」、そして「茶葉茶本舗」の茶葉を使用した「緑茶ハイ」(350円)などがそろう。

実を言うと、同店の実現には、もう一人のキーマンがいる。それが杉山佳祐氏だ。同氏と永田氏は高校時代の同級生で、同時、互いに誓い合った。いつか二人で店をオープンさせよう、と。初めのチャンスは、杉山氏がイニシアティブをとって25歳のころに訪れた。しかし、永田氏の経歴でも触れたように頓挫してしまう。そこで今度は、永田氏が東京に残って、飲食店で勉強をしながらチャンスを探る。そして、東京で築き上げたネットワークの中から好機を得て、二人の店を実現させた。今回のオープンに際して、杉山氏も永田氏と同じようにパンチパーマにした。Wパンチという店名には「二人のパンチパーマが営業する店」という意味もあるのだ。二人の絆は強い。調布の辺境からフードビジネスの新しい歴史が作り出されていく。

(取材=三輪 ダイスケ)

店舗データ

店名 調布大衆食堂 Wパンチ(ダブルパンチ)
住所 東京都調布市布田2-32-1
アクセス 京王線調布駅から徒歩5分
電話 042-427-9171
営業時間 15時~翌1時
定休日 不定休
坪数客数 12坪・23席
客単価 2000円
オープン日 2017年8月8日
関連リンク 調布大衆食堂 Wパンチ(FB)

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.