飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

アメリカンスタイルでシーフードを楽しめる、ハラール料理専門店が日本初上陸。「The Manhattan FISH MARKET(ザ マンハッタン フィッシュ マーケット)」が池袋に3月23日オープン

スタイリッシュな外観で、池袋駅近くの都会的な雰囲気にマッチングしている
大人数のグループで来店しても、余裕を持って座れるようなテーブル席が数多くある
ガスバーナーを使用して、客席で炙られるメニュー「Manhattan Flaming Seafood Platter with flame」は、迫力もあり、とても好評とのこと
フルーティーな味わいが魅力的な「Citrus Mint」は食事との相性も抜群にいい
店長の藤原友良氏(左)と経営とマーケティング責任者のDollar Abshir Omar(右)

池袋駅東口から徒歩3分。近隣に大型電気量販店が立ち並ぶ立地に、3月23日「The Manhattan FISH MARKET(ザ マンハッタン フィッシュ マーケット)」がオープンした。同店は、アメリカンスタイルでシーフード料理を提供するハラール料理の専門店である。2002年にマレーシアで創業し、シンガポール、マレーシア、スリランカなどアジア・中東を中心に8ヶ国で59店舗を展開中。日本での出店は、日本法人のMFM ・JAPAN(東京都豊島区、CEO:Hyder Ali Umar Ali)が行い、池袋が1号店となる。マネージャーの藤原友良氏は出店の経緯を「元々、駅から近い物件を探していました。池袋には大型電気量販店が数多くあるため、多くの外国人旅行客がいます。また隣の大塚駅にはモスクがあり、ハラール料理に対するニーズも高いエリアであるため、出店を決めました」と話す。

そもそもハラールとは、イスラム法に則って調理された食事である。しかし現在、日本でハラール料理を専門とする店舗の数は少ない。藤原氏も「観光などで日本を訪れるイスラム教徒の方が食事に困るシーンも多くありました。当店では、こうした状況を解決することができます」と語る。さらに同店では、別のニーズを取り込むこともできるという。藤原氏は、「日本でも健康志向が高まっています。低カロリーで自然に近い食材を使用するハラール料理は、健康食志向の方でも満足いただける料理です。日本の食文化の中にも定着していけるポテンシャルを持っています」と話す。ハラールとアメリカンスタイルのシーフードを組み合わせた同店では、ムスリムだけでなく、食に対する意識の高い日本人も取り込むことができるのだ。

同店のメニューのラインナップには、そうしたスタイルが反映されている。人気メニューの「Manhattan Fish`n Chips(マンハッタン フィッシュ アンド チップス)」(DORY Lite780円、DORY Reg980円)は、ヘルシーなオイルと同店オリジナルの天ぷら粉で調理されており、黄金色のサクサクの衣が特徴だ。また「Small Flame(スモール フレーム)」(1680円)は、ガーリックハーブライスの上にチップスやエビが盛られており、バラエティに富んだメニューを1皿で楽しむことができる。最後の仕上げとして、スタッフが客席でバナーを使って炙るため、目や音、香ばしい風味などの五感で堪能できるメニューだ。グループで来店してシャアリングで食べるプラッターのメニューも多くあり、中でも「Manhattan Star Platter(マンハッタン スター プラッター)」(3280円)は、5種類の調理方法を食べ比べすることができて、シーフードの魅力を堪能できる。このほかにも、シーザーサラダにツナをトッピングした「Caesar Salad with Tuna(シーザーサラダ ウィズ ツナ)」(980円)をはじめとするサラダ類や、「Mashed Potato(マッシュド ポテト)」(250円)や「Garlic Herb Rice(ガーリックハーブ ライス)」(250円)などのサイドメニューも豊富にあり、ハラール料理が初めての人でも楽しめる。

ドリンクに関しても、素材にこだわった厳選されたメニューとなっている。おすすめのメニューでもあるスムージーの「Citrus Mint(シトラスミント)」(580円)は、フルーツの素材を生かしたドリンクで、ミントとレモンの果肉がミックスされた爽やかな味わい。また、アールグレイティーとオレンジをミックスした「Sunset By The Bay(サンセット バイ ザ ベイ)」(600円)や、同じくカモミールティーとライチ、アロエをミックスした「Lemongrass Cooler(レモングラス クーラー)」(600円)も、人気のメニューとなっている。

同店は今後5年間で、都内5店舗の出店を目指している。これからのビジョンについて藤原氏は、「現在、お客様の比率は外国の方が7割、日本の方が3割ほどです。海外からツアーで日本にやってきた方が利用する場面も多くあります。池袋店からハラール料理の魅力を発信していって、もっと多くの方に親しまれるお店にしていきたいですね」と語る。フードビジネスに新たな風穴をあける同店の挑戦に注目だ。

(取材=三輪 大輔)

店舗データ

店名 The Manhattan FISH MARKET(ザ マンハッタン フィッシュ マーケット)
住所 東京都豊島区東池袋1-4-2 三経33ビルB1F
アクセス JR・私鉄各線・地下鉄 池袋駅東口から徒歩3分
電話 03-6912-5996
営業時間 11:00~23:00(LO22:30)
定休日 年中無休
坪数客数 62坪・90席
客単価 1600円
運営会社 株式会社MFM・ JAPAN
関連リンク The Manhattan FISH MARKET(HP)
関連リンク The Manhattan FISH MARKET(FB)

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.