飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

国内屈指のイタリアンで腕を磨いたオーナーシェフ石井資万氏が、代々木に2014年9月15日オープンした「LA BUONA VITA(ラブォナヴィータ)」が口コミだけで早くも話題

明るく目立つ入り口は、ガラス張りで奥まで見渡す事が出来るため、初めてでも店に入りやすいつくりだ
シンプルで落ち着いたつくりの店内は、カウンター席からも、テーブル席からもキッチン全体が見える
ディナーで人気がある「前菜9種の盛り合わせ」(1900円)
スペシャリテ「うにとずわい蟹、いくらをのせたいかすみを練りこんだタリオリーニ」(2000円)
オーナーシェフの石井資万氏

代々木駅の改札を抜け、代々木商店街を歩いて約5分。スーパーやオフィスなどを通りすぎると、3色のイタリア国旗はなくとも、イタリアンレストランらしい真っ赤な壁に緑の大きなテントが出ている店が目に入る。ガラス越しに店内の賑わう様子が見えるのは、昨年9月15日に代々木にオープンした「LA BUONA VITA(ラブォナヴィータ)」だ。「気軽に食べるイタリアン」としてリーズナブルな価格ながら、厳選食材を使った本格的なイタリア料理が楽しめると、宣伝などは一切せず、口コミだけでファンを獲得し、話題となっている。

オーナーシェフの石井資万氏は、カフェなど8店舗を経営する親族の店で働いたのが飲食人生のスタートだった。「若いうちに経営者になった方がよい」と教わり、その頃から独立を視野にいれて経験を積んできたという。カフェでパスタ担当になり、それから本格的なパスタを意識するようになったと振り返る。カフェからホテルニューオータニの「マーレ ディ オータニ」に移り、3年半勤める。そこで、国内屈指の名だたるイタリアン「ラ・ベットラ」の落合シェフを招く、イタリア料理フェアが開催された。石井氏は落合シェフの担当に選ばれ、「ラ・ベットラ」に数日間研修に行くことになる。このイベントで右腕として仕事をしたことがきっかけとなり、のちに声をかけられ「ラ・ベットラ」に入社する。そして、8ヶ月後に副料理長、1年後には料理長となり同時に会社の役員としても8年間務めるが、実は、1、2年だけ勤めて有名店の内容を学ぼうと考えていたという。

退職後、ひとりで物件探しを始め、「駅近、20坪以上、広い入口、1階」の条件に当てはまる物件が代々木で見つかった。店内は、広いカウンター席と様々に対応できるテーブル席から成り立つシンプルなL字型で、理想だったオープンキッチンから全体を見渡せる造りに。コンセプトは、ワイワイと賑わうレストランを目指し、レストランに行き慣れない人にこそ食べてみてほしいとの思いから「気軽に食べるイタリアン」とした。

メニューは、良い素材をここでしか味わえないリーズナブルな価格で楽しんでほしいと、スペシャリテを含めて原価だけで40%、50%を超えるメニューが多くある。スペシャリテには「なかなかマネの出来ない、豪華でこの店でしか食べられないもの」として、「うにとずわい蟹、いくらをのせたいかすみを練りこんだタリオリーニ」(2000円)を用意する。ほかにもコストパフォーマンスを重視したアラカルトは、「軽く炙った中とろ鮪のニース風サラダ」(1600円)、「茨城県有機飼育 つくば鶏のディアボラ」(2300円)、「八千代牛とフォアグラのトリュフソース・ロッシーニ」(3500円)などがある。「特に八千代牛とフォアグラは、都内でも3500円で同じ内容は、まずないと思います」と同氏。前菜、パスタ、メイン料理、デザート、カフェ、自家製フォカッチャがついた5000円のコースで、パスタには2000円のスペシャリテと、メイン料理には3500円の八千代牛もチョイスできる為、ほとんどの人が注文するという。

ドリンクは、ワインを飲みなれていない人にこそ楽しんで欲しい想いと、料理がイタリアの地方料理に偏らないことから、イタリア全州のワインや、さまざまなブドウ品種のものをバランス良く取り入れている。ソムリエが厳選し、コスパの良いものを探し出しているそうだ。赤白ワイン「グラス」(600円〜)「ボトル」(3400円〜)。また、ワイン好きにも対応できるように、著名なイタリアワインなどの裏メニューがあるのも嬉しい。

「お客の反応が直接見え、自分の目が行き届き、味がブレないことが大切だと思うのでレストランとしてはこの店が最初で最期の予定です。代々木に根付いたレストランとして成長させると同時に5年後には、次の展開も想定しています。法人化し、日本のためになるような料理関係の新業態で、10店舗以上を日本だけでなく海外も視野にいれておきたいんです」と石井氏は今後の展望を語る。今まで自身が培ってきたイタリアンという技法を使い、時流に合わせた業態を生み出したいという同氏の想いが、どのように世界に発信されていくのか、ますます注目されるに違いない。

(取材=加藤 智子)

店舗データ

店名 LA BUONA VITA(ラブォナヴィータ)
住所 東京都渋谷区代々木1-45-4 代々木山陽ビル1F
アクセス JR・都営大江戸 代々木駅より徒歩5分
小田急線 南新宿駅より徒歩3分
電話 03-6276-3212
営業時間 ランチ  11:30〜15:30(LO14:00)
ディナー 18:00〜Last(LO22:30)
定休日
坪数客数 30坪・42席(うちカウンター14席、テーブル28席)
客単価 ランチ 2000円、ディナー 5000円
関連リンク LA BUONA VITA(HP)

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.