飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

北千住でドミナント展開する佐賀氏率いるシーセカンドの人気店「北千住ワイン酒場 Bistro 2538(にこみや)」が2014年10月26日にリニューアルオープン

フランス国旗がたなびくブルー壁面の外観がひときわ目を引く
店内は、温かみのある木製のテーブルやハイチェアーがカジュアルな雰囲気を演出。カウンター越しには活気のあるキッチンの様子がうかがえる
同店の看板メニュー「牛ホホ肉の赤ワイン煮込み」と、いろいろ選べて楽しい「20種類のサングリア(サングリアベース+ジュース)」
香川直送野菜を使用した人気の「2538風バーニャカウダー」は、野菜の美味しさを実感できる一品
店舗前に置かれたワイン樽の横に立つ代表の佐賀久芳氏


今やJRや地下鉄、私鉄など5路線が乗り入れる都内有数のターミナル駅となっている、北千住。駅周辺には高層ビルなど商業施設が立ち並び、ここ数年は大学が相次ぎ進出して、「学生の街」という印象も強くなった。利便性の良さと下町情緒が残る親しみやすさを背景に、「住みたい街ランキング」の順位も急上昇している。そんな北千住において、和風居酒屋、イタリアン、ビストロなどの業態でドミナント展開をしているシーセカンド(東京都足立区、代表取締役:佐賀久芳氏)が、「北千住ワイン酒場 Bistro 2538(にこみや)」を北千住駅西口から徒歩1分の場所に2014年10月26日リニューアルオープンした。旧店舗は、テナントとして入っていたビルの建て替えにより、2013年11月に一度閉店となっていた。北千住にこだわり、ドミナント戦略を続けている同社にとっては、本拠地であるこの地で店舗を再開することが何よりの思いだった。また、旧店舗をひいきにしていた地元の客にとっても待ち望んでいたリニューアルオープンとなった。

「旧店舗をオープンした6年前は、北千住にはバルやビストロのようなカジュアルで若い人達が飲みに行ける店はほとんど無かった。もっと気軽にフレンチを愉しめる店、気軽にワインが呑める店を北千住につくりたいという思いでこの業態をスタートしました」と語る代表の佐賀氏。現在では、若い人達も多く行き来する街となり、同店のようなカジュアル系の業態へのニーズは高まっている。その中での今回のリニューアルオープンは、旧店舗の時より煮込み料理メニューに重点を置き、ポトフやカスレなども加え5品へと増やして提供している。厨房で腕を振るうのは、旧店舗時代から、一皿一皿を大切にし、妥協をしないことを心がけ料理を作っている料理人歴20年のキャリアを持つシェフ兼店長の津畑直樹氏。また店内も、よりカジュアルさを出すために、ウッディー調のハイチェアーを設置し、フレンチ料理をより気軽に楽しんで欲しいとさらにパワーアップを心掛けた。

北千住スタイルに合う普段使いのフレンチ・ビストロのメニュー構成は、看板メニューの煮込み料理をはじめ、前菜も、内容や価格帯で豊富に揃っている。特に同店の名物として不動の人気を誇る「牛ホホ肉の赤ワイン煮込み」(500円)は、旧店舗時と変わらぬ美味しさとリーズナブルさで、誰もがオーダーする一品。3日間掛けて煮込まれる牛肉は、とろけるような味わいでワインとの相性が抜群だ。旬の美味しい物を提供する「本日のおすすめ」は、季節柄「白子のソテー」(780円)や「いちごのカマンベールの生ハム包み」(480円)などが並ぶ。また「本日のチーズ」として、「カマンベール」「ミモレット」「ゴルゴンゾーラ」「タレッジオ」(各400円)もあり、ワインがすすむメニューが揃う。

ドリンクは、グラスワインが10種ほどで、泡、赤、白480円~。ボトルは、フランスをはじめ欧州、ニューワールド、日本など厳選したものを常時50種ほど用意。価格も1980円~7800円で、ボリュームゾーンは3000円前後のワイン。サングリアベース(白・赤)に、好みのジュース(バナナ、グレープフルーツ、パイナップル、クランベリー、リンゴ、マンゴー、ピーチネクター、ジンジャーエール、オレンジ、コカ・コーラ)をチョイスできる「20種類のサングリア(サングリアベース+ジュース)」(580円)はユニークで、酒がそれほど強くない人や女性に最適。モヒートは5種あり、「本日のモヒート」もラインナップする。ノンアルコールにも対応可能。ワインを中心に一工夫あるユニークなドリンクも取り揃え、客の様々な好みに対応している。

当面の間は、同社のブランド強化として、洋系では「2538(にこみや)」、和系では「つきみくら」の2つの業態に注力し、北千住でより強固なブランドとして地元客に支持されるよう邁進したいという。またチャンスがあれば、都心部にも「2538(にこみや)」ブランドを出店し、3年後には、10店舗を目指したいという展望も語る代表の佐賀氏。北千住の街の発展と共に成長してきた同社は、さらに今後、北千住の街を盛り上げるのに一役買うことになるだろう。

(取材=玉井 由希子)

店舗データ

店名 北千住ワイン酒場 Bistro 2538(にこみや)
住所 東京都足立区千住3-74
アクセス 地下鉄 北千住駅西口より徒歩1分
JR常磐線 北千住駅西口より徒歩1分
東武伊勢崎線 北千住駅西口より徒歩1分
つくばエクスプレス 北千住駅より徒歩1分
電話 03-5244-2538
営業時間 火~木 17:00~23:30
金・土 17:00~24:30
日   12:00~23:30
定休日
坪数客数 20坪 43席
客単価 3000円前後
運営会社 株式会社 シーセカンド
関連リンク シーセカンド
関連リンク Bistro 2538
関連ページ Trattoria LA SIENNA(記事)
関連ページ Bistro 2538(記事)

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.