飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

Wカンパニー鈴木雄一郎氏が手掛ける秋葉原電気街口エリアで初となる熟成肉とワインの店「MEAT WINERY(ミートワイナリー)」が10月1日にオープン

141110_meat-winery_01-thumb-427x310-11491.jpg
6階のエレベーター扉が開くとすぐ目に飛び込んでくる熟成庫。吊り下がっている熟成肉たちが圧巻だ
141110_meat-winery_02-thumb-214x160-11492.jpg
明るく広い店内は、カウンター席、テーブルベンチ席、丸テーブル席と多様でさまざまなシチュエーションで使い分けできそうだ
141110_meat-winery_03-thumb-214x150-11493.jpg
同店のオススメ、肉の甘みが凝縮「豚Lボーンロース肉のステーキ」(手前)と牛肉の旨味が程よく熟されている「純熟!牛肩ロース肉のステーキ」(奥)
141110_meat-winery_04-thumb-214x133-11494.jpg
神奈川の三浦から直送される朝摘み野菜をふんだんに使った人気メニューの「三浦朝摘み野菜のバーニャカウダ」
141110_meat-winery_05-thumb-214x130-11495.jpg
熟成肉庫の前で、代表の鈴木雄一郎氏(左)、新規事業統括責任者の金丸博明氏(中央)、シェフの原田哲氏(右)


秋葉原駅電気街口から徒歩3分、秋葉原のメインストリートである中央通りに面するビル6階に、この地区初となる熟成肉とワインの店「MEAT WINERY(ミートワイナリー)」が10月1日オープンした。経営は、ROOMLAX CAFEなどを展開しているWカンパニー(東京都千代田区、代表取締役:鈴木雄一郎氏)。秋葉原という地で、少し大人の洗練された空間と、良質の熟成肉、こだわりの野菜と種類豊富でリーズナブルなワインを提供する。内装は、アメリカンスタイルの雰囲気を意識して明るくポップな色使いのチェアなども配し、今まで秋葉原にはなかったワクワク感を満喫できる飲食店を目指すという。

代表の鈴木氏は、別会社で既に秋葉原地区で事業を展開しており“アキバ”には精通した人物だ。「秋葉原は世界的に見ても面白い街。この街で我々は常に面白いものを創造し、色々な業態にチャレンジしていきたいと思っています。今回の店舗は、アニメキャラクター関連の店ばかり入ったビルの6階につくることで、非日常的な空間、ギャップ感を感じてもらうことも狙いです」と語った。昨今の熟成肉ブームの流れもあるが、自身がアメリカで体験した熟成肉の美味しさを、アメリカンスタイルの店舗で展開してみたかったという同氏の長年の夢が新店舗で現実のものとなった形だ。同店の熟成肉は、独自の製法による14日間熟成をメインとしている。飲食のコンサルタントやレシピ開発などを長年経験してきた原田哲氏をシェフ兼フードマネージャーとして迎え入れ、オリジナルの肉の旨みがしっかり熟した熟成肉を提供する。

平日のランチタイムは、近隣のオフィスワーカーをターゲットに、リーズナブルに肉の美味しさを楽しめるメニューが並ぶ。「やわらか煮込みハンバーグステーキ(レギュラー 200g)」(850円)や「ロースステーキ(レギュラー 150g)」(1200円)、「ランプステーキ(レギュラー 150g)」(1000円)など、常に人気のメニューだ。また煮込み系もオーダー率が高く、12時間煮込んだコクのある味が絶妙な「牛すじデミハッシュ」(900円)や自家製ミートソースの「肉屋の焼きミートパスタ」(200g 880円)なども用意。ディナータイムは、肉の甘みが凝縮しているポークの熟成肉「豚Lボーンロース肉のステーキ」(200g 1980円~)や、牛肉の旨味が程よく熟されている「純熟!牛肩ロース肉のステーキ」(200g 2680円~)などが同店の一押しメニューだ。またサイドメニューとして、神奈川の三浦から直送される朝摘み野菜をふんだんに使った「三浦朝摘み野菜のバーニャカウダ」(880円)は、熟成肉と並び来店客のほとんどがオーダーするという人気の一品。「実は、肉がメインの当店ですが、密かにオススメは、『名物!熟成フレンチトースト(650円)』なんです」と新規事業統括責任者の金丸博明氏が話すように、デザートではフレンチトーストがオススメだという。オリジナルの卵液に数時間浸け込む(=熟成させる)ことで、絶妙なカリッ&ふわふわな食感が楽しめ、一度食べたらやみつきになるとか。メインの肉料理からデザートまでさまざまな“熟成”を堪能できる。

ドリンクは、常時50種類以上のワインを揃える。世界各地からリーズナブルで美味しく、肉と野菜に合うワインをラインナップ。ボトルは、2500円~3000円台のものを中心に、気軽に料理と合わせて飲んでもらえるクオリティとプライスでセレクト。グラスワインは、泡1種(550円)、白・赤各3種(500円~700円)を揃える。ビール、カクテル類も豊富に用意され、自家製サングリアは白・赤(各600円)の2種類を揃える。

今後の展開について「お客様の満足度を優先に、地元に根付いた店にしていきたい。我々にとっては初業態でのチャレンジなので、しっかりしたものにしてから2年後あたりを目途に10店舗を目標にしていこうと思っています」と展望を話す鈴木代表。秋葉原という街の魅力と今後の可能性にも期待し、秋葉原でのドミナント戦略を掲げる同社。つい先日、政府観光局は今年度の訪日外国人旅行者数が、過去最高だった2013年の1036万人を大きく上回り1200万人台後半に達する見通しを示した。秋葉原は、外国人旅行者にとっても魅力的な街であり、今後さらに様々な人々が行き交うAkibaになるだろう。その“Akiba”で常に新たなことにチャレンジしていく同氏から今後も目が離せない。

(取材=玉井 由希子)

店舗データ

店名 MEAT WINERY(ミートワイナリー)
住所 東京都千代田区外神田4-4-2 共益外神田第一ビル 6F
アクセス JR秋葉原駅 電気街口より徒歩3分
東京メトロ銀座線 末広町駅より徒歩2分
電話 03-3527-1929
営業時間 11:30~23:30
定休日 無休
坪数客数 35坪 45席
客単価 ランチ 1500円、ディナー 4500円前後
運営会社 株式会社Wカンパニー
関連リンク facebook

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.