飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

日本橋小伝馬町を中心にドミナント展開するバイタリティ岩田氏、初の魚業態「魚釜」が日本橋横山町に7月31日オープン。看板メニューは産直鮮魚と釜めし

ひと際目を引く趣のあるファサード
ゆったりと座り、板場の臨場感と会話を楽しめるカウンター席
一度食べたら忘れられない食感の「恵比寿鯖のお刺身」
注文後に一釜ずつ丁寧に炊き上げられる、肉厚の鯖の旨味が広がる「焼鯖の釜めし」(1100円)は海苔汁付き
代表取締役 岩田浩氏


日本橋小伝馬町、日本橋横山町、東日本橋を中心に、中央区、台東区でドミナント展開するバイタリティ(東京都中央区、代表取締役:岩田浩氏)の初の魚業態「魚釜」が日本橋横山町西通りに7月31日オープンした。近隣には、焼肉スタイルの炭火鳥料理「鳥番長 総本店」、山形牛一頭買い焼肉と生肉とワイン「日本焼肉党 東日本橋店」、サムギョプサルの韓国料理「豚大門市場(トンデムンシジャン) 馬喰町店」、天ぷら・串カツ・生さつま揚げの揚げ物三兄弟「揚げ三兄弟 小伝馬町店」(平日昼のみ営業の鶏節ラーメン「鶏武士小伝馬町店」)を展開している。今回の出店を代表の岩田氏は「実は創業時から魚業態は考えていました。今回の物件が既存店から近いこともあり、バイタリティらしくこの街の人が求めている場を提供しようと思い、今まで温めていた魚業態に決めました」と話す。1店舗1店舗、違う表情の店づくりを行なうことで地域活性に注力する岩田氏らしい出店だ。

軒先には、暖簾・行灯・石灯籠で老舗を感じさせる和のしつらえ。ガラス越しの店内では、ねじり鉢巻きをした板前が魚をさばく板場を囲んだカウンター席に接客を行なう割烹着姿の女性スタッフ。清涼感のある佇まいに期待感が高まる。店の奥には、テーブル席と掘りごたつの個室が用意され、接待や会食、宴会などいろいろなシーンでのグループ利用に向く。「日本旅館に泊まり、美味しい魚を食べて日本酒を飲む。日本人で良かったと思える瞬間をずっとつくりたかった」という岩田氏の思いが詰まった落ち着いた空間となっている。

席に通されると、箸や取り皿、醤油皿、グラス、猪口のテーブルセットがひとりひとりに用意されている。そして、温製と冷製のお通し2品と食前酒に日本酒ベースの梅酒が運ばれてくる。ここまででも、既におもてなしの心を感じる。看板メニューは、「産直鮮魚」と「釜めし」。鮮度抜群の数量限定「恵比寿鯖のお刺身」(1280円)は、福岡の金比羅丸船の漁師から朝〆で空輸され夕方には届くという。東京で生の鯖が味わえるのはここにしかないメニューだ。「釜めし」は、魚貝系の定番6種と旬のものを用意。「お茶漬けセット」(200円)を合わせて注文し、カツオベースの出汁をかけて2度楽しんで欲しい。産直鮮魚は、高知県宿毛、広島県鞆の浦、宮城県石巻、岩手県大船渡、千葉県銚子・千葉県館山の漁港からも直送され、入荷される魚種は毎日変わる。本日のお造りとして1人前1切れずつを「3点盛り」(390円)から提供するほか、焼き物や煮ものとしても提供。独自の仕入れルートを確立し、素材にこだわりながらも手ごろな価格で提供する本格的な割烹に仕上がっている。

酒は、日本酒押し。食中酒となる銘柄を中心に、秋田の「新政No.6 R-type」(790円)、広島の「富久長 純米」(850円)などを定番に、日替わり日本酒もラインアップする。「生ビール」(590円)、「白州ハイボール」(590円)のほかに「福田農場の甘夏サワー」(550円)や「桃太郎トマトハイ」(550円)などのこだわりサワー。話題の感謝の焼酎「泥亀(麦・芋)」(各グラス490円、ボトル3500円)。選りすぐりのワインが赤白各3種(ボトル2800円~)、グラス赤白2種(630円)と幅広く用意されている。小学校入学前のお子様には「カルピス」が無料と、家族連れに嬉しいサービスも。

「人の成長とともに、会社も成長して行きます。人が育てば、それぞれが力を発揮できる場が必要となり、出店する必要があります。地域の人たちと色濃く付き合える、より地域に根付いた店づくりを人の成長とともに行ないたいです」と人材育成に重きを置き、現在8業態10店舗を運営する岩田氏。「鮮魚は、日本海ルートが未構築なので、漁港を訪ね、人との出会いから開拓して行きたいです」と、「バイタリティ」=「やる気元気」のストーリーはこの先もずっと続く。

(取材=下前 ユミ)

店舗データ

店名 魚釜 日本橋横山町店
住所 東京都中央区日本橋横山町1-4
アクセス JR総武線 馬喰町駅 1番出口 徒歩3分
都営新宿線 馬喰横山駅 A1番出口 徒歩3分
都営浅草線 東日本橋駅 A1番出口 徒歩3分
東京メトロ日比谷線 小伝馬町駅 1番出口 徒歩5分
電話 03-6264-8241
営業時間 ランチ  11:30~14:30
ディナー 17:00~24:00
定休日 年中無休
坪数客数 25坪 カウンター10席、個室4室(6名、4名×2、3名)
客単価 5000円
運営会社 株式会社バイタリティ
関連リンク facebook
関連リンク バイタリティ
関連ページ 鳥番長 上野昭和通り店(記事)
関連ページ 豚大門市場 馬喰町店(記事)

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.