飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

本場イタリア仕込みのオーナー古賀慎一氏がつくる食文化の融合空間。中目黒に3月15日オープンした、厚切り牛タンと肉おでん「アカベコ」に注目

140825_akabeko_01-thumb-214x285-11077.jpg
路地にぼんやりと明かりが灯る、テーブルに佇む福島県会津地方の郷土玩具“赤べこ”が目印
140825_akabeko_02-thumb-214x161-11078.jpg
2階は、囲炉裏のある日本の古民家宿のよう。靴を脱いでゆっくり寛げる空間
140825_akabeko_03-thumb-214x161-11079.jpg
通称イタリア版おでんの「肉おでん」。取材時は、手羽先、豚バラ、牛ホホ肉、ソーセージ、カブの盛り合わせ
140825_akabeko_04-thumb-214x161-11080.jpg
柔らかさに舌鼓される、国産和牛の「牛タン炭火焼」(950円)は、ふくよかな味わいの佐賀地酒とともに
140825_akabeko_05-thumb-214x161-11081.png
スタッフのみなさんと、代表の古賀慎一氏(右)


駅周辺には、目黒銀座商店街をはじめ4つの商店街が点在し、高層タワーが立ち並ぶ。地元に密着した昔ながらのムードを漂わせながらも、新旧が混在し、地元のお年寄りから若い男女の姿が絶えない活気のある街、中目黒。ショッピング、グルメだけでなく、どの世代にとっても住みやすい環境の街として人気のエリアだ。目黒銀座商店街から一つ目の角を左に入ると、座布団が並べられたテラス席が目を引くファサード。テーブルの上に佇む赤い牛のマスコット“赤べこ”が、3月15日にオープンしてから話題となっている「アカベコ」だということを伝えてくれる。

運営は、ダルマプロダクション(東京都渋谷区、代表取締役:古賀慎一氏)。同社は、渋谷のメニューのないイタリア食堂「Osteria Urara(オステリアウララ)」(2012年2月オープン)、原宿のイタリアン酒場「ALA(アラ)」(2013年5月オープン)、代々木上原の鉄板焼きイタリアン「Viva Banco(ビババンコ)」(2013年7月オープン)、横浜・仲町台せせらぎ公園のテラスレストラン「FRESCO(フレスコ)」(2014年2月オープン)、六本木一丁目アークヒルズにある4坪の立ち飲み和バル「酒々屋 暁月(ささやあかつき)」(2014年4月)を運営する。

早くも今年3店舗目のオープンを果たした代表の古賀氏は、大学卒業後、料理ができる経営者になると決意し、イタリア料理を極めるために上京。六本木の「Ristorante L'osteria(リストランテオステリア)」で働きながら、渡伊費用を貯め、2008年、念願のイタリア現地修行に飛び立つ。リグーリア、シチリア、トスカーナ、ピエモンテの100年続くトラットリアから、リストランテまで修行し、2011年2月に帰国。本場イタリア仕込みの料理人経営者だ。

奥に細長い店内の1階は、大きな皿に盛られた惣菜が並ぶカウンター席のみ。2階は、薄暗い赤い照明でエロティックな雰囲気を醸しだした大人の隠れ家的な小上がり席。「お客さまの使い勝手で店を使って欲しいから、1階と2階は異空間にしています」と古賀氏。1階と2階のキッチンをつなぐ伝声管や2階の小上がり席にある囲炉裏など、遊び心がつまった空間になっている。

「お肉を食べていると魚も食べたくなるのが人の心理。お客さまに売りのお肉を食べていただきたいので、お通しには刺身を出しています」と、初めに“魚”を提供することによって、肉欲を訴求する。希少な宮崎県産有田牛を厚切りにした「特製牛タン炭火焼」(1480円)と、イタリア・ピエモンテ地方の郷土料理「ボリートミスト」をベースに開発した「肉おでん」(各400円、盛り合わせ1200円)が同店の一押しメニュー。牛、鳥、豚などのいろいろな部位を香味野菜とともに煮込んだ「肉おでん」は、柚子胡椒やワサビ、もみじおろしなどの薬味を添えた、イタリアンと和食が融合したオリジナルメニューだ。

ドリンクは、佐賀の酒蔵から直接仕入れをしている日本酒(500円~)を中心に、西九州限定流通の酒や酒米の生産者とのコラボ酒などを取り揃える。究極のレモンサワーを目指してつくったという「パンチレモンサワー」(450円)は、丸ごとレモンを使った自家製の甘くないレモンサワー。「追っかけレモン」(150円)、「美味しい炭酸水」(500円)を追加して、ホッピーのように楽しませる。そのほか、一升瓶ワインの“北極星”を「こっぷわいん」(赤・白450円)と称して湯のみで提供し、日本の文化を感じさせる。

「今いる土俵からいち早くぬけることを念頭に、お客さまがあちこちと全店まわりたくなるような面白い店を1つ1つスタッフとともに作っていきたい」と語る古賀氏。早くも11月には、武蔵小杉の新商業施設「グランツリー」に新規事業となる“和甘味カフェ”業態(のちに子会社化予定)の出店が決定しているという。田舎でも東京でもイタリアでも働いて来た同氏。そのフラットな目線でつくられる空間は、世界中に溶け込んで行くだろう。

(取材=下前 ユミ)

店舗データ

店名 アカベコ
住所 東京都目黒区上目黒2-12-3
アクセス 各線 中目黒駅より徒歩3分
電話 03-5794-8283
営業時間 18:00~24:00
定休日 月曜日
坪数客数 23坪 40席
客単価 4000円
運営会社 株式会社ダルマプロダクション
関連リンク facebook

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.