飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

昼は伝説レシピカレー、夜は塊肉とがぶ飲みワインで、昼も夜もガッツリ系を満喫できる「Meet Meats 5バル(ミートミーツ ゴーバル)」が中野駅北口に1月16日リニューアルオープン

赤いサインロゴが目を引くファサード。ランチタイムにはカレーメニュー、ディナータイムには塊肉のメニュー看板が置かれる
1階のカウンタースペースに加え、2階はグループなどに使い勝手の良いゆったりとしたテーブル席。アンティーク調のランプが印象的
人気の「産直野菜のたっぷりバーニャカウダ」(ハーフサイズ)と、なみなみ注がれた「がぶ飲みグラスワイン」
好きなグラム数を選べる塊肉はそのジューシーさが魅力
カウンターキッチンに並ぶ新鮮な野菜を前に、店長の日高靖隆氏


近年、中野駅を中心とする周辺地区の再開発が進み、大型オフィスビルや大学、病院、マンション、公園など多様な都市機能が集積して賑わいが増し、人の往来も活発になっている中野。その北口から延びる中野サンモール商店街と中野ブロードウェイの間にあり、いつも人通りが絶えない白線通り商店街沿いの、手作りカレーの人気店だった「kamal(カマル)中野店」が、塊肉料理とワインの店「Meet Meats 5バル(ミートミーツ ゴーバル)」として1月16日にリニューアルオープンした。
仕掛けるのは、経営コンサルティングを中心に飲食企業の業態改善やチェーンマネジメントに精通しているGATEWING(ゲートウィング、東京都千代田区、代表:関敏氏)と、店舗デザインを手掛けているアライ企画(京都府京都市、代表:荒井弘氏)。

かつて原宿にあった伝説的カレー店「GHEE(ギー)」の流れをくむ京都「スパイスカリーカマル」の姉妹店として、昼はカレー、夜は酒とつまみをメインに昨年2月開業した「kamal(カマル)中野店」。オープン後間もなく、酒が飲める伝説レシピのカレー店としてメディアでも取り上げられ、行列ができるほどの人気振りになった。しかし、ディナータイムの単価と回転率が当初の計画と大きく外れた。カレーファンの割合があまりに高く、1000円前後の単価で滞留時間1時間が平均となり、想定したディナー単価に比べ半分という状態が続いた。「オープンから半年後、改善策を打ち出すべく、客のニーズを模索しました。業態変更を繰り返しながら飲食企業を成長させた経験を持つ弊社代表の関のアイディアも参考に、夜はグリル肉とワインを中心とした肉バル業態に舵を切り直すことにしました」と、店長の日高靖隆氏は業態変更決断当時を語った。2013年夏、人気の伝説カレーをランチメニューとして活かしつつ、ディナータイムは本格的な肉料理をリーズナブルに提供する肉バルとしてリニューアルオープンすることが決定した。

今回のリニューアルオープンで看板となる塊肉のグリル料理は、和牛、鶏、軍鶏、豚とバリエーション豊かに揃えた。その中でも、同店一押しは、黒毛和牛もも肉『しんたま』のグリルだ。この部位は、赤身のかたまりで、きめ細かく柔らかい。たんぱく質を多く含み、脂肪が少ないのでヘルシーなのが特徴。その『しんたま』をしんしん(120g 1380円~)、かめのこ(120g 1680円~)、かぶり(120g 1680円~)、ともさんかく(120g 1780円~)と4つの部位で提供。100g単位で1Kgまでグラム数を指定し注文できる。また肉と一緒に新鮮で美味しい野菜も食べて欲しいとの想いから、産地直送の野菜メニューを豊富に用意している。野菜のフレッシュさが際立つ「産直野菜のたっぷりバーニャカウダ」(ハーフサイズ 780円)や、野菜の旨味が凝縮する「産直野菜のグリル盛り合わせ」(880円)など。
ランチタイムは「カマル」時代と同様に自慢のカレーを提供。さまざまな香辛料が絡み合ったスパイシーで柔らかいビーフが後を引く、名物の「ビーフカレー」や、「バターチキンカレー」、「キーマチキンカレー」、「やさいカレー」(カレー単品 S:750円、M:850円、L:1050円)があり、肉系とやさい系の2種類選べる「カレーコンビネーション」はカレー好きに好評だ。ランチセット(S:1000円、M:1100円、L:1350円)は自家製野菜ジュース、ミニサラダ、スープが付き、ヘルシーでオススメだ。

ドリンクは、ビールからカクテルまで幅広くラインナップ。中でも、マグナムボトルで量り販売もする「がぶ飲みグラスワイン」(赤・白380円~)は、ボリュームと手頃さで人気が高い。「マグナムボトルだと飲んだ分だけの価格でお得ですから、グループで来られるお客様には人気ですね」と店長の日高氏。また厳選されたビオワインの「こだわりグラスワイン」(赤・白 500円)や「自家製サングリア」(500円)、ボトルワインは2000円台がボリュームゾーンと、バルの安心プライスで提供している。

「この中野店を軌道に乗せ、中央線沿いの人の流れが活発な他の立地に店舗展開したいと考えています。そしていずれは香港などのアジア圏を視野に入れ海外展開も計画していきたい」と今後の展望を語ってくれた。旧店舗の開業から1年以内での素早い業態変更という、チャレンジングでアグレッシブな経営スタイルの今後の動向に注目していきたい。

(取材=玉井 由希子)

店舗データ

店名 Meet Meats 5バル(ミートミーツ ゴーバル)
住所 東京都中野区中野5-56-9
アクセス JR線、東京メトロ東西線 中野駅北口より徒歩3分
電話 03-6454-0097
営業時間 月~木・日
 ランチ11:00~14:00、ディナー17:00~22:30(L.O.22:30)
金・土・祝日前日
 ランチ11:30~15:00、ディナー17:00~23:30(L.O.23:00)
定休日 不定休
坪数客数 16坪 24席 (カウンター8席、テーブル16席)
客単価 昼 1000円前後、夜2500円~3000円
運営会社 株式会社アライ企画、株式会社GATEWING
関連リンク アライ企画
関連リンク GATEWING
関連リンク facebook

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.