飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

クラフトビール・ビギナーに最適なビアバー。国産クラフトビール20種「クラフトビアサーバーランド」が、神楽坂に昨年9月26日オープン

140110_craft_beer_server_land_01%20-thumb-314x384-9880.jpg
店内はオシャレで明るい雰囲気。20代後半から30代のビジネスマンが多い
140110_craft_beer_server_land_02-thumb-214x160-9881.jpg
カウンター席の奥には、圧巻の25タップが整列する。ビールはグラス250ml(480円)、パイントUSサイズ473ml(780円)
140110_craft_beer_server_land_03-thumb-214x160-9882.jpg
ビールと最強の組合せが楽しめる「香川の骨付き鶏」(980円)
140110_craft_beer_server_land_04-thumb-214x160-9883.jpg
驚きのボリューム「穴子のフィッシュ&チップス」(1200円/ハーフ700円)
140110_craft_beer_server_land_05-thumb-214x160-9884.jpg
左からオーナーシェフ齋藤氏、マネージャーの鈴木氏


地下鉄飯田橋駅から徒歩1分の神楽坂沿いにクラフトビール専門店「クラフトビアサーバーランド」が、昨年9月26日オープンした。店舗は地下1階だが、壁天井は真っ白で明るく、床はグレーの石張りでオシャレなカフェバーの雰囲気だ。オーナー兼シェフの齋藤賢氏はイタリアン・韓国・タイ料理のシェフを務め、大のクラフトビール好きでもある。出店について「昨今ブームのクラフトビールだが、一過性のブームで終わらせないためには、まだまだマーケットの裾野を広げなければいけない。そのために、クラフトビールビギナーにアプローチしていきたいと思い、明るく親しみやすい店をコンセプトとした」、「ビール単体の味わいだけでなく、料理との組合せを楽しんでもらいたい」、「20種のビールのバランスを見ながら料理の味付けを毎日微妙に調整している」というこだわりだ。

タップは25あるが、現在は18~20種のビールが常備されている。樽変わりにラインナップし、約40の醸造所から直接仕入れている。ビールの価格は、一律、グラス250ml(480円)、パイントUSサイズ473ml(780円)と、リーズナブルな設定だ。セレクトを担当するのは鈴木康次マネージャー。ラインナップについて「ビールのスタイル別にセレクトしている。ビールが苦手という方の多くは苦みが苦手なのでホワイトビールや、小麦を原料としたさわやかな味わいのヴァイツェンなど3種を常時揃え、加えて女性に人気の高いフルーツビアも取り入れるようにしている。次いで、日本人におなじみのスタイルであるピルスナーやラガー。華やかな香りのエール。ビール好きに人気の高い濃い苦みが味わえるIPA、香ばしい苦みが特徴のブラックビールも揃えている。大手のビールは“アサヒ琥珀の時間”を温度、ガス圧を調整したビアサーバーで味わってもらう。季節に合わせながら、様々な味わいをバランス良く仕入れるようにしている」と話す。取材日は赤ワインのブドウ種を使用した、スパークリングワインのような「箕面カベルネ」、フルーティーな「南信州アップルホップ」など女性やビールビギナーが飲みやすいビールを入れていた。本日のビールは店のフェイスブックで告知されている。その他、グラスワイン(480円)、ウィスキー山崎(シングル600円)など。

「クラフトビールを広めたい」というオーナーの思いは、フードについてもしかり。ビールに合う様々なジャンルが揃っており、グランドメニューは2品のみ。ビアバーの定番であるフィッシュ&チップスの穴子バージョン「穴子のフィッシュ&チップス」(1200円/ハーフ700円)と、研究を重ね、噛めば噛むほど肉のうまみがあふれる「香川の骨付き鶏」(980円)。その他のメニューは柔軟に組み立てている。人気は「エビとアボガドのサラダ(トムヤム・ドレッシング)」(750円/ハーフ550円)。ビアバーではめずらしいエスニック料理だが、ビールと合う味わいに仕上がっている。味の濃さを日々調整する「アンチョビキャベツ」(580円)。ごはんメニューは「チキンのグリーンカレーパルメジャーノ」(1200円)、「本日の海のパスタ」(1200円/ハーフ700円)など、シェフの経験を生かし幅広い構成。手書きのドリンクメニューはビールのスタイル別に色別で表示され、味わいの説明とこんな方にオススメといったひとことコメントが書かれているのでビギナーにも選びやすい。

オープンして3ヶ月経った今、「クラフトビールをこのお店ではじめて飲んでからはまった」という客や、女性客、20代後半から30代の若い世代のリピーター、会社帰りにふらっとひとりで立ち寄る客も増えはじめており、とてもうれしいと齋藤・鈴木両氏は口を揃える。神楽坂は一見客の入りにくいマニアックな店が多いが、今や観光地化している立地。そのような立地で入りやすい工夫を凝らした、ポピュラーなメニュー構成をコンセプトにしている同店は逆に新鮮。クラフトビールを広め、街の活性化を担う可能性があると感じた。

(取材=渡辺 未来)

店舗データ

店名 クラフトビアサーバーランド (CRAFT BEER SERVER LAND)
住所 東京都新宿区神楽坂2-9 大川ビル B1F
アクセス 東京メトロ 飯田橋駅 B3出口 徒歩1分 JR飯田橋駅西口 徒歩3分
電話 03-6228-1891
営業時間 月~金17:00~23:30 土・日・祝12:00~22:30
定休日 不定休
坪数客数 20坪 37席
客単価 2500円
関連リンク facebook

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.