飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

ビジネス街の大手町でHUGE(ヒュージ)が新たに手掛けるスペイン魚介食堂「La Pesquera -MARISQUERIA-(ラ・ペスケーラ・マリスケリア)」が10月2日OOTEMORI(オーテモリ)にオープン!

131120_la-pesquera-marisqueria_01-thumb-314x235-9610.jpg
間口が広くコンコースから入りやすい。入口付近は、スタンディング、クッションがあるコンパクトなベンチ席もありカジュアル使いに便利
131120_la-pesquera-marisqueria_02-thumb-214x249-9611.jpg
平日のランチセット「シーフード・カネロニ」は、熱々のベシャメルソースと魚介の旨味が凝縮
131120_la-pesquera-marisqueria_03-thumb-214x197-9612.jpg
松茸・きのこと旬の魚のアロス・カルドソ(1800円)と、独特な底の平たいグラスで供される微発泡白ワイン チャコリ
131120_la-pesquera-marisqueria_04-thumb-214x202-9613.jpg
本場と同じ「チャコリ」のサーブパフォーマンスは必見
131120_la-pesquera-marisqueria_05-thumb-214x172-9614.jpg
シェフの林和洋氏(左)と店長の椎橋常智氏 、鉄板が並ぶオープンキッチン前で


大手町タワーの地下1階と地下2階に25店舗を有する商業施設「OOTEMORI(オーテモリ)」が10月2日開業した。大手町や丸の内に勤務するオフィス女子たちをメインターゲットに、これまで周辺エリアにはあまりなかった「女性が使いやすく、入りやすい店」を中心に構成されている。その地下2階、5路線の地下鉄が乗り入れる大手町駅に直結するコンコース沿いの場所に、伝統的なスペイン魚介料理が楽しめる「La Pesquera -MARISQUERIA-(ラ・ペスケーラ・マリスケリア)」がオープンした。経営は、「DAZZLE(ダズル)」や「RIGOLETTO(リゴレット)」をはじめ、モダンメキシカン、フレンチブラッセリー、和食、デリカテッセンなど幅広い業態で17店舗を運営するHUGE(ヒュージ、東京都目黒区、代表取締役:新川義弘氏)。今回の新店は、スペイン・バスク地方やカタルーニャ地方にあるマリスケリア(シーフード専門店)をイメージしたスペイン魚介食堂という同社にとっては新たなチャレンジ店舗だ。

現在まで、さまざまな業態、立地での店舗展開を行なってきた同社だが、大手町というビジネス街立地での出店は初となる。出店オファーを受けた後、どの業態で出店するのか社内で熟考が重ねられ、大手町の立地特性を考慮し、既存ブランドではない新ブランドでの出店が決定したという。「大手町にはスペインバルがほとんどなかった。でもイベリコ豚やアヒージョなどの一辺倒なスペイン料理だけを出すバルではなく、少し違う視点でスペイン料理業態を立ち上げたいと思った」「バスク地方の海の街、美食の街として有名なサン・セバスチャンにも行き、小さなバルが200軒ほど集中しているエリアを視察した。そこでやはり、日本人の好きな魚介料理がメインのバルがいいと確信しました」と取締役・企画統括マネージャーの神山満氏は語った。それにより同新店舗は、バスク地方やアンダルシア地方の海沿いの魚介料理を提供し、よりスペイン色を強く打ち出している。カニや海老、貝、イカなどスペイン風鉄板料理の「プランチャ」などで仕上げ、スペイン魚介料理の奥深さを伝えている。

オフィス街の真ん中という立地から、ランチメニューはボリューム感とリーズナブルさを前面に、全てサラダ・スープ・ドリンク付きで1000円のランチセット9種(パエージャ、カルドソ、パスタ、カネロニなど)と、1200円のステーキランチ2種を揃えている。1000円ランチセットの中でも1日15食限定のスペイン風雑炊「壺入り!シーフード・カルドソ」は、オフィス女子に大人気の一品で、毎日13時前には売れ切れてしまうという。ディナータイムは、その日に入荷した新鮮なシーフード5種盛り合わせ「ペスケーラ・プラッターM」(1900円)がスターターとして高いオーダー率だ。また、ディナータイムのみの「時間限定!できたて大鍋パエリア」(800円)は、日替わりでいろいろな具材をたっぷり使用し、炊き上がりの大鍋でスタッフが席まで売りに回るというもの。月曜~木曜は20時、金曜は19時半と21時にスタートし、すでに満腹であってもつい食べたくなると評判になっているメニューだ。

スペイン色“一色”がコンセプトの同店は、ドリンクにもこだわり、魚介料理に最も合うワインの一つと言われているバスク地方の微発泡低アルコール白ワイン「チャコリ」(90cc 450円、ボトル 2500円)を置いている。バスク地方固有のぶどう オンダリビ・スリ100%から作られるこの微発泡ワインは、きめ細やかな泡立ちと、果実のさわやかな酸味が特徴。しかし、生産量が少なく非常にデリケートなため、輸送も難しく、長らく地元バスクでしか飲むことができなかったが、近年の輸送設備の進歩で長距離輸送が可能になり、日本でも楽しめるようになったという。そのチャコリを、本場同様の底の平たいグラスに高い位置より一気に注ぎ、酸素を含ませながら香りを出し、口当たりを良くして飲ませてくれる。そのサーブパフォーマンスも一見の価値がある。その他ボトルワインも2500円中心のリーズナブルなものが充実しているので、仕事帰りにデイリーユース出来るだろう。

今後の展開については「新ブランド、初出店の場所ということもあるので、半年~1年掛けてお客様に受け入れてもらえるのかを見定めていきたい」「スペイン料理の奥深さを改めて感じているので、今後はスペインの地方ごとの特色を打ち出したバル業態を『ラ ペスケーラ マリスケリア』の姉妹店として展開してもおもしろいのではと思っている」と展望を語る神山氏。リーズナブルなスペインの地方料理を日常的に楽しめる店舗が、また近い将来できることを期待したい。

(取材=玉井 由希子)

店舗データ

店名 ラ・ペスケーラ・マリスケリア
住所 東京都千代田区大手町1-5-5
大手町タワー OOTEMORI B2F
アクセス 東京メトロ大手町駅直結 OOTEMORI内 
電話 03-5220-2840
営業時間 月~土 11:00~24:00(フードL.O.23:15/ドリンクL.O.23:30)
定休日 日曜・祝日(11月末日まで)
坪数客数 94坪 138席(カウンター30席を含む)
客単価 ランチ1000円、ディナー4200円
関連リンク HUGE
関連リンク ラ・ペスケーラ・マリスケリア

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.