飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

産地から旬の牡蠣を厳選して食べ比べ。「FISH HOUSE OYSTER BAR」 (フィッシュハウス オイスターバー) 3号店が目黒に7月25日オープン!

130826_fish-house-oyster-bar_meguro_01-thumb-314x235-9164.jpg
白地に青で牡蠣が描かれた看板が目印
130826_fish-house-oyster-bar_meguro_02-thumb-214x160-9165.jpg
ブルーのタイルと牡蠣の貝殻が地中海をイメージさせる
130826_fish-house-oyster-bar_meguro_03-thumb-214x143-9166.jpg
その時期に旬な産地から厳選された牡蠣が年中味わえる
130826_fish-house-oyster-bar_meguro_04-thumb-214x160-9167.jpg
山元シェフ (左) 林マネージャー (中央) スタッフ東氏 (右) をはじめ全員が牡蠣のプロ

JR目黒駅から徒歩2分、コンビニやファーストフード店が並ぶ通りに面した1階に「FISH HOUSE OYSTER BAR 目黒店」が7月25日オープンした。白地に青で牡蠣が描かれた看板、店内は白い壁にブルーのタイル、牡蠣の貝殻で装飾され、地中海をイメージさせる雰囲気だ。この店を経営するのはカスケード (東京都渋谷区、代表取締役:松下敏宏氏) で、恵比寿の2店舗に次ぐ3号店である。1号店オープンの2010年、日本にはまだオイスターバーという文化が根付いていなかったが、ここ数年で大きなターミナル駅や飲食店街には次々に競合店が増えた。3号店を目黒に出店したのは、恵比寿の既存店に近いことと、この地域にまだオイスターバーがないからだ。「地域に根差した、普段使いできるようなオイスターバーを作りたいというのが僕らの想いです」というのは、この店のマネージャーの林泰宇氏。オーナーをはじめスタッフ全員が牡蠣についての知識を深め、産地にも出向いて生産者とのつながりを大事にしている。林氏は「どの牡蠣がどんな想いで作られているのか、生産者の想いをお客様に伝えるのが僕らの仕事」と語った。 料理のメインはもちろん新鮮な生牡蠣。牡蠣は天候や水温によって育ち方が違うため、産地によって旬が異なる。国内外問わず、その時期に旬な産地から厳選された牡蠣が常時8~10種類メニューに並ぶ。産地や大きさなどによって価格は違い、1個 (340円~) の他に、欧米によくある提供スタイルの1/2ダース (6個 2000円~) 、4つの産地の牡蠣を食べ比べる「SMALL 4」 (1860円) 、6つの産地の牡蠣を食べ比べる「BIG 6」 (2900円) がある。産地別の味の違いを実感できるのはオイスターバーならではなので、ぜひトライしたい。 また、様々なソースなどを使った牡蠣料理やシーフード料理も用意されている。魚醤と日本酒を使ったオリジナルソースの「フィッシュハウスオリジナル焼き牡蠣」 (740円) 、バジルソースとモッツァレラチーズを溶かした「ジェノバ風焼き牡蠣」 (840円) 、「旨味を濃縮させた蒸し牡蠣の燻製」 (980円) の他、「シンプルカキフライ オリジナルタルタルソースと一緒に」 (1260円) や「ジャンボシュリンプのガーリックオイル煮」 (1580円) などは、通常のものよりもかなり大きいのでテーブルに登場すると客が驚くほどだという。取材時には京都から入荷した「ムール貝の香草蒸し ガーリックとハーブの香りを乗せたスープ仕立て」 (1260円) や鹿児島からの「ヒラマサの炙り 鎌倉茄子とトマトのソースで」 (1050円) などもあり、季節や仕入れによってもメニューが変わる。 ドリンクはワイン (ボトル3900円~) が中心で、すっきりした白ワインをメインに提供している。代表的なソービニヨンブランやシャルドネの他、スペインのアルバリーニョという品種のワインも牡蠣との相性が良い。ハウスワインは「フィッシュハウスワイン」 (4900円) で、オーナーが店名にかけて選んだそうだ。意外なところでは「ドライシェリー」 (750円) 、「ミモザ」 (800円) なども牡蠣に良く合うという。「シェリーはスモーキーな香りがちょっとクセのある牡蠣とぴったりなんです」という林氏。牡蠣を知り尽くしているスタッフがいるから、新たな発見もありそうだ。 遠方からでも客がやって来る恵比寿とは違い、目黒店の客層は周辺の住民や通勤している人が中心だという。「会社帰りのビジネスマンが多いだけに、もっとカジュアルに接してもいいのかなと思っています。『ちょっとビール飲みたいね』という感覚で『牡蠣食べたいね』と言っていただけるようになれば」という林氏。系列店全体の今後については、「3店舗の中味を充実させたい。牡蠣をはじめとする食材に関する知識などをより深めたり、ワインとの相性など様々なことにこだわって、ブラッシュアップさせたいです」と目標を語った。食材に対するプロフェッショナルな姿勢が、目黒でもオイスターバーの文化を根付かせることになるだろう。

(取材=長谷川 敏子)

店舗データ

店名 FISH HOUSE OYSTER BAR 目黒店
(フィッシュハウスオイスターバー)
住所 東京都品川区上大崎2-17-4 美都ビル 1F
アクセス JR目黒駅より徒歩2分
電話 03-5719-5392
営業時間 平日 17:00~23:00
土祝 15:00~23:00
定休日 日曜日
坪数客数 20坪・38席
客単価 6500円
運営会社 カスケード
関連リンク FISH HOUSE OYSTER BAR
関連ページ 本店(記事)
関連ページ 東口店(記事)

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.