飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

東京初、希少なスペイン産樽生ビール「アンバー・エクスポート」を導入!SBCがFC展開する新宿の老舗スペインバル姉妹店「SPAIN bar Gracia(スペイン バル グラシア)」が神保町に5月23日オープン!

大きな窓から見える店内は、新しいのにずっとそこにあったかのように佇み、思わずフラっと入ってしまう
間接照明で柔らかい光のゆったりした店内は、カウンターキッチン越しの会話も楽しめる落ち着いた大人の雰囲気
SBCのキラーコンテンツとなる、スペインの樽生ビール「アンバー・エクスポート」
オリジナル香草塩で味付けされたワインに合う一品「ラムチョップのグリル」
サーバーの前に立つ、代表の日賀野俊雄氏

靖国通りから一本入った神田小川町三丁目の富士見坂に、落ち着いた大人のバルをイメージした柔らかな光の艶のある空間「SPAIN bar Gracia(スペイン バル グラシア)」が5月23日オープンした。同店は、スペインバル業態を都内に6店舗(新宿2店、池袋、吉祥寺、八丁堀、学芸大学)、大阪に2店舗(大阪福島、心斎橋)FC展開するSBC サービスビジネスコンサルティング(東京都新宿区、代表取締役 日賀野俊雄氏)の9店舗目となる新店。同店の最大の特徴は、代表の日賀野氏が念願叶って導入した、希少なスペイン産樽生ビール「アンバー・エクスポート」が楽しめること。 近年のスペインバル浸透により、バル文化が世の中に広まっている。バルが持つ多様性から、様々なバルが生まれ、もはや飽和状態になりつつある。そうしたなかで、より本場の素材・本物感を求める顧客ニーズを満たすようにと、日常にとけ込むバルを追求している同社。「ビールは、食文化において欠くことができない。スペインの樽生ビールがあるのなら導入したい」と探したものの、開業当時は輸入されておらず導入できなかった。口惜しくずっとこの日を待っていた日賀野氏。関西で他社が導入していることを知り、交渉に交渉を重ね、今回導入にこぎつけた。「アンバー・エクスポート」を試飲したときの感動は忘れもしない、と言う。現在、既存店の八丁堀店「LIGA(リーガ)」と5月23日にリニュアールした吉祥寺店「Rosado(ロサド)」では導入済み。今後、FC展開する全ての店舗に順次導入する予定だ。 3種のモルトでつくられたストロングラガービール「アンバー・エクスポート」(350ml 980円)は、エールタイプの色合いでアルコール度数は7度とやや高め。ホップがきいた日本のビールにはない味わいが特徴。1度飲んだ客は、ほとんどが2杯3杯と注文するという。ゆっくりと熟成された旨味とキレは、もはや病みつきの喉越し。グラスワインのクオリティにもこだわる日賀野氏は、白ワインだけでなく、赤ワインの温度管理を徹底する。一番美味しい温度で提供するためにグラス赤ワイン専用のミニセラーを完備。絶対的なサービス力を備えるバーテンダーとしての現場を知る同氏だからこその妥協を許さない部分であり、同業他社との差別化を図れるポイントである。 SBCが展開するスペインバルの看板メニュー「ラムチョップのグリル」(1本480円)に加え、専用グリラーによる熱々ジューシーなグリルメニューが充実しているも同店の売り。食通の人がこの名前を聞いて思わず唸る高級食材、ニューカレドニアのきれいな海で獲れた「天使の海老のグリル」(880円)。ほんのり甘みのあるプリプリした身は、グリルすると殻がパリパリしてまるごと食べられるようになり、冷えた白ワインとの取り合わせは絶妙。さらに同店には一度来店すると仮会員カードがもらえ、次回来店時にカードを提示すると注文できる会員限定メニューの「パストラミ」がある。10日以上熟成させた豚のモモ肉に、10種類以上の様々なスパイスが絶妙なハーモニーのここでしか味わえない店主カルロス氏お手製だ。「生きるためだけでなく、人生の楽しみとして食べること、飲むことを楽しめるお店にしたい」と語る店主のカルロス氏が丹精を込めてつくっている。 今回の神保町は、前々から日賀野氏が展開を狙っていたエリア。本物志向とB級グルメが重なり合い、競合店は少ないが実力店は多い。「100年続く、社会のインフラとなる本当に役に立つ飲食店を作ること」を目標にする同社として、オフィスワーカーが多く、その街に暮らす人も多いのは必要条件だ。「飲食店を通じ、より多くの方々のお役に立てるよう日々挑戦して行く」という同氏の想いがまたひとつカタチとなった。顧客ニーズを満たすことを追求し、日常にとけ込むバルは神保町の地で長く愛され根付いていくだろう。

(取材=下前 ユミ)

店舗データ

店名 SPAIN bar Gracia (スペイン バル グラシア)
住所 東京都千代田区神田小川町3-14 第1万水ビル1F
アクセス 都営線・半蔵門線 神保町駅 徒歩2分
電話 03-3518-9404
営業時間 月〜土 18:00〜02:00
日・祝 17:00〜23:00
定休日 年末年始
坪数客数 25坪・50席
運営会社 株式会社 SBC サービスビジネスコンサルティング
関連リンク FaceBook
関連リンク SBC サービスビジネスコンサルティング
関連ページ cafe y baru Rico(記事)

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.
Sitio web optimizado por: Diseño Web
Plugin Modo Mantenimiento patrocinado por: Wordpress modo mantenimiento