飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

恵比寿を中心に8店舗展開するイーデザイン初のビストロ業態、国産の希少ワインと旬の食材のマリアージュが楽しめる上質フレンチ「Bistro Inconnue(ビストロ アンコニュ)」が恵比寿の住宅街に3月22日オープン!

130510_bistro-inconnue_01-thumb-225x300-8634.jpg
ナチュラルなテイストが漂うエントランス
130510_bistro-inconnue_02-thumb-214x160-8635.jpg
7mの無垢一枚板カウンターと勢揃いした国産の希少なワインたち
130510_bistro-inconnue_03-thumb-214x286-8636.jpg
ラベルが印象的なワインと前菜盛り合わせ(1200円) フィノキオーナ、富山産ホタルイカなど
130510_bistro-inconnue_04-thumb-214x160-8637.jpg
北海道・農楽蔵ワイナリーのシードルを味見!? 左から、爲廣知佳さん、シェフの小泉洋さん


恵比寿・代官山の両駅から、歩いて5分ほどの静かな住宅街に3月22日、「Bistro Inconnue(ビストロ アンコニュ)」がオープンした。経営は、恵比寿で「スペインバル ガポス」、「ボデガス ガパ」、「地中海バル クアトロ」、「焼鶏 松本」、「アンティカ オステリア マジカメンテ」「居酒屋佐藤」、「恵比寿黒帯」、表参道で「スペインバル エル ヴエロ」を展開する、イーデザイン(東京渋谷区、代表:佐藤充氏)。今回は初のフレンチビストロ業態となる。コンセプトは、「日本のワインに合う、日本の旬の食材で料理を提供すること」とシェフの小泉洋氏。また、「気軽に一人でも立ち寄ってもらえるビストロにしたい」という思いから、カウンターとして、7メートルの無垢一枚板が設置されており、カウンター越しに作る過程や盛り付けの様子を見ることができる。

小泉シェフの経歴は実にユニーク。フランスでのレストラン経験やワイン造り、京都の和食店、東京・中野坂上の老舗酒販店「藤小西」が経営するスタンディングワインバーなど、業種・業態は多岐に渡る。日本のワインに合わせ、食材も国産のものにこだわっている。北海道の仔羊肉を使った「仔羊のハンバーグ クスクス添え」(1600円)や、サシの少ないヘルシーな赤身が特徴の会津産馬肉を使用した「馬肉のカルパッチョステーキ」(1280円)などの肉料理をはじめ、三浦野菜の新鮮さを生かした「春の温野菜」(980円)や、旬の海の幸をふんだんに取り入れた「ホタルイカとセロリ、トマトのレモンマリネ」(780円)、「鮮魚のヴァプール桜えびのナージュ仕立て」(1600円)などが並ぶ。「今後は、京野菜や加賀野菜、鱧やスッポンなどの食材も使っていきたい」とこれからのメニュー展開への意気込みを語る。

コンセプトでもある国産ワインの品揃えは圧巻だ。国内トップクラスの素晴らしい自然派ワインの数々が一堂に並んでいる。国産ワインのレベルアップが目覚ましい昨今、実力派ワインの醸造所は、全国に広がっている。ラインアップも季節に応じて変えているそうだ。北は北海道・函館の農楽蔵(のらくら)ワイナリー「ラロ・スプマンテ・アロマティコ」(ボトル5300円)や、同じく北海道のドメーヌ・タカヒコ「ヨイチノボリ キュムラ ピノノワール」(ボトル8200円)、南は熊本ワインなど、数量限定のなかなかお目にかかれないワインを楽しむことができる。

「これからは、できるだけグラスワインの種類を多くしていきたい」と小泉氏は今後の展望を話してくれた。フランスでのワイン造りや、中野坂上のスタンディングワインバーでの経験から、いろいろな種類のワインを楽しみながら選んで飲んでもらいたいという思いがあるからだ。グラスで様々な国産希少ワインが飲めるのは、ワイン好きにはたまらないはずである。ワインは常時、国産・国外を含め50~60種ほどあり、またメニューには載っていない超レアなワインも10~20種あるというから、店のスタッフに気軽にたずねて好みのワインを見つけるのも楽しいだろう。店の外観は、知らなければ思わず通り過ぎてしまいそうなほどナチュラルな風情だ。ワインの木箱が数個積み重ねられ、その中に無造作な感じで空瓶が入っていたり、それほど大きくない木製の看板が、エントランスの植栽背後にあるウッドホイール前にちょこんと置いてあるだけというふうに、どこまでも自然な雰囲気を醸し出している。これからの季節は、テラス席でエントランスのグリーンが風に吹かれているのを見ながら希少な国産ワインを片手に、旬の料理に舌鼓を打つのがいいかもしれない。フランス語の「アンコニュ(inconnue)」=「未知数」という店名に相応しく、日々進化をしている日本のワインに合わせ、旬の国産食材を使った料理もさらに未知数で進化していくことだろう。

(取材=玉井 由希子)

店舗データ

店名 Bistro Inconnue ビストロ アンコニュ
住所 東京都渋谷区恵比寿西2-10-8 ダイカンイースト1F 
アクセス 恵比寿駅、代官山駅から徒歩5分
電話 03-6427-8987
営業時間 ディナー17:30~24:00(L.O.23:00)
ランチ 12:00~15:00(土日祝日のみ)
定休日 無休
坪数客数 15坪・34席
客単価 ディナー5000円
運営会社 株式会社イーデザイン
関連リンク イーデザイン
関連リンク ぐるなび
関連ページ 記事

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.