飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

“最近の立ち飲みチェーン店への私なりの答え”、東京のレストランシーンをリードしてきたスティルフーズが、満を持してビストロ・立ち飲み「37trente-sept(トラントセット)」を、8月21日麻布十番にオープン!

120831_37trente-sept_01-thumb-600x441-7382.jpg
本格的な料理とワインを気軽に楽しめるフレンチビストロ。麻布十番の街にふさわしい、大人の色気を放っている
120831_37trente-sept_02-thumb-214x161-7384.jpg
しっかり食事をするビストロとして、つまみながらワインを楽しむ立ち飲みとして、それぞれに合ったシーンを提案する
120831_37trente-sept_03-thumb-214x320-7385.jpg
「トリュフ風味のパルミジャーノ鉄鍋ご飯」(880円)。フレンチは、食事を終えた時の満腹感が、どこか物足りないという声に応え、締めにご飯系のメニューを展開する
120831_37trente-sept_04-thumb-214x161-7386.jpg
スティルフーズ代表の鈴木氏(中央)と、今回ワインのセレクトを担当した瀬川あずさ氏(右)、そして同店の店長を任せられる勝俣沙恵蘭氏(左)

スティルフーズ(東京都港区、代表取締役:鈴木成和氏)は、8月21日、同社初の展開となるビストロ・立ち飲み業態「37trente-sept(トラントセット)」を、麻布十番にオープンした。その外観は、ヨーロッパの小道に迷い込んだかのような、どこか異国情緒を漂わせている。コンセプトは“大人の街角で、本格的な料理とワインを気軽に楽しめるフレンチビストロ”。あえて予約を取らず、ふらっと立ち寄れる、地域密着型の店を目指す。店内は、黒を基調としたシックな色合いにまとめられ、大人の空間が広がっている。壁一面を飾る料理の写真が、食欲をそそる。前菜やつまみを気軽に、ディナーをしっかり、食後に軽く一杯といったように、さまざまなシーンがこの一店舗で想定されている。 今回の出店で、同社としては23店舗目を数える。6年前に、イタリアンの名店「IL-PINOLO(イルピノーロ)」を売却し、不採算店舗を全て閉鎖。その後、1年1軒のペースで、基本居抜きの本当に気に入った物件のみ、一店舗一店舗を大事に展開していった。鈴木氏自身がメニュー開発にも携わり、また店に座ってイマジネーションを膨らませた上で、店内のディスプレイや音楽といった細部に至るまでアイデアを落とし込み、集大成となる店舗を完成させている。こうした、店造りや料理へのこだわりが功を奏し、現在業績も好調に推移している。今回4店舗目となる「37」シリーズは、「37 Steakhouse & Bar」(六本木)に始まり、「37 PASTA」(博多)、「37 CURRY」(六本木)、そして今回の「37trente-sept(トラントセット)」。トラントセットは、フランス語で37を意味する。この数字は、住居表示に関する法律が成立した、昭和37年にちなんだもの。町名が刷新され、東京の街が一新していったように、新風を巻き起こしその街を席巻していくべく名付けている。そしてまた、麻布十番の町名が誕生したのも、この年だった。 今回巻き起こす新風は、最近の立ち飲みチェーン店への鈴木氏なりの答え。それは「宣伝によって行列を作るのではなく、ふらっと立ち寄りたい時に来るのが、本来の立ち飲みの姿」だということ。そして、「腕のあるシェフが、一つ一つ食材を選び、一から丁寧に仕込んだ料理を提供する。ワインも、セラーで管理された状態の良いものを、知識のあるウェイターがお客さんと会話を交わしながら、提案していく。そんな店がやりたかった」と、鈴木氏は語る。 食事は、軽いおつまみとしても楽しめる、舌の上でとろける食感の「レバーペースト」(560円)やクミンのフレーバーが病みつきになる「クミン風味のキャベツ」(480円)、「37ヶ月熟成 最高級イベリコの生ハム」(1580円)といったアペタイザーで、ワインを誘う。メインは、柔らかくなるまでじっくり煮込んだ「牛ホホ肉の赤ワイン煮」(1430円)や明日への活力が湧きそうな「鮪のカマ オーブン焼き」(1680円)、肉がほっくりほぐれる「鶏もも肉のコンフィ」(980円)で、充足感を満たす。そして締めには、「トリュフ風味のパルミジャーノ鉄鍋ご飯」(880円)や同社自慢の「37カレー」(580円)といった、名優が脇を固める。こうして、多様なニーズに応え、それぞれのシーンに合った演出を用意している。 ワインは、全てフランス産にこだわり、屋号にちなんでボトルは全37種類。2400円からと、リーズナブルなラインアップを取り揃える。また、スパークリングワインが580円、赤・白ワインは480円からと、グラスでもリーズナブルさを追求。料理とのマリアージュを楽しんでもらおうと、レコール・デュ・ヴァンで講師を務める、ワインエキスパートの瀬川あずさ氏が共演を果たし、その研ぎ澄まされた感性で選りすぐっている。「手頃な価格帯で、かつ値段以上のクオリティーを感じられるワインをセレクトしました。味わいはもちろん、エチケットなどのボトルのデザイン性も考慮し、同店の雰囲気に自然に馴染んでいくような37本を厳選しています」と、瀬川氏。あくまで飾らず、気軽に立ち寄れるビストロ。けれどもここには、今まで幾多ものレストランを造り、またシーンを創出して来た鈴木氏の、エスプリが詰まっている。

(取材=中川 美希)

店舗データ

店名 37trente-sept(トランセット)
住所 東京都港区麻布十番1-5-10 アトラスビル1階
アクセス 東京メトロ麻布十番駅より徒歩4分
電話 03-5772-3837
営業時間 17:30~翌3:00、日曜・祝日17:30~23:00
定休日 月曜日(8~10月の間)
坪数客数 17.66坪・19席、立ち飲みスペース10名程
客単価 2500円
運営会社 株式会社スティルフーズ
関連リンク 37trente-sept
関連リンク スティルフーズ

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.