飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

業界注目! ジャパンクオリティの第一人者・東美の岩倉久恵氏と東井隆氏が新店「CAFÉ BLEU(カフェ ブリュ)」を、神泉に6月25日オープン!

ブルーの扉がアクセントのエントランス。テラス席、カウンターと、店内の環境が外から透けて見える
店内から外の景色が感じられる開放感が気持ちいい。木の材感も心地良い、穏やかな空間だ
千代幻豚の自家製サルシッチャ、トースト添え
ニ人三脚で歩む、東井隆氏と女将、岩倉久恵氏

魅力的な個店が集まることで注目される裏渋谷・神泉の通りのなかでも、一際目を引く「CAFÉ BLEU(カフェ ブリュ)」。ビルの外側をテラスデッキにしたスペースは、透明感のあるおしゃれなデザインで、道行く人の足を止めさせている。同店は、今話題の“ネオ立ち飲みスタイル”で新たな立ち飲みポジションを牽引した、東井隆氏と女将・岩倉久恵氏の新業態である。「自分達が通いたい」「こんな店があったら……」と道玄坂上の立ち飲み「buchi(ブチ)」を2004年に開店。以来、今も多くの客で賑わいを見せる。良質のワインをカジュアルに楽しむスタイルの先駆者でもある。また当時、焼酎ファンの多いなか、蔵元直送のカップ酒は、日本酒を身近にした。その後も、渋谷のフレンチバル「bongout noh(ボングウ・ノウ)」、目黒のスペインバル「Kitchen cero(キッチンセロ)」と話題の店を造ってきた。 2人の店づくりの基本は、美味しい料理と酒を楽しめる店のために、自分達でできること、自分達らしさであることを常に確認してつくり上げて来たことだという。「業態をつくるのではなく、飲食に対しての考え方、スタイルを伝えたいのです」と東井氏は店造りの核心を話してくれた。そして、震災後、当たり前の事が当たり前でなくなった現実に、改めて今後の生き方、食べることの意味を見つめ直すために「カフェブリュ」のオープンに至ったという。8年間の2人の集大成として。 朝の目覚めから、昼、夕の一息、そして夜は憩いの場として、気軽に寄れる店であって欲しいと、「カフェブリュ」は朝10時から24時まで、1日通し営業の4毛作となる。「1日通しで開けるのは大変ですが、来て頂く方に安心しリラックスしてお茶を飲み、食事をすることのできる場となって頂ければ。そう、コミュニティとしても」と店づくりに込められた2人の深い思いを、さらりと軽やかに語ってくれる東井氏と岩倉氏。「楽しいことがエネルギー」と笑顔が印象的な女将でもある。 そんな、店造りへの思いを形にするように、メニューはほとんどが手作りであり、全てが女将のレシピとなる。「カフェブリュ」一番のこだわりメニューが毎朝店で焼き上げる自家製食パン。こんがりとした焼き上がりと、サクサクした食感のトーストは絶品。トーストの美味しさを伝えたく、イメージする味、焼き具合になるまで試行錯誤を繰り返しできあがったオリジナルレシピの逸品だ。そんなトーストは、10時から17時までの限定メニュー。10時から11時半の朝メニューとして、トーストセットも用意。サラダ、卵料理、ドリンクが付いて600円と嬉しい価格だ。11時半から14時(L.O.)のランチセットでは、食パンではなく自家製フォカッチャを提供する。14時から17時までの夕方メニューでは、「トースト」の単品が300円。「クロックムッシュ」、「BLT」(単品各700円)などの正統派食パンメニューが楽しめる。17時からのしっかりと飲める夜タイムには、女将渾身レシピの料理が揃う。「鯖のリエット」(700円)、「フルーツトマトのおひたし」(800円)、「長葱のシェリービネガーマリネ」(800円)、「モモ燻製の唐揚げ」(700円)、「青森バルバリー鴨肉ロースト」(1600円)など、軽い肴からメイン、パスタと、しっかりお腹に溜まる料理までを用意している。 1日通し営業ということもあり、ソフトドリンクが充実している。コーヒーは三宿の「NOZY COFFEE」のエスプレッソ用豆を使用し、牛乳は放牧している長野県清水牧場を使う。ぶどうジュースはハスミワイナリー、塩サイダーは能登からと、どれもがスタイルのある一品である。夜はそんなソフトドリンクを使った、アルコールドリンクが楽しめる。ワインはカジュアルに楽しめる国産ワインを中心にしたグラス、ボトルを揃える。お互いのコミュニケーションを楽しむために、あえて、ワインリストは置いていないという。因みにソフトドリンクはテイクアウトが可能だ。 メニューからも判るように、提供するフード、ドリンクのほとんどが国産であり、信念を持つ生産者からのものである。なぜなら、「カフェブリュ」は、町の台所として、彼ら生産者の姿勢や思いを後世に伝えるための代弁者でありたいからと、ジャパンクオリティを啓蒙する女将の姿勢は一貫しているのだ。

(取材=西山 登美子)

店舗データ

店名 CAFÉ BLEU(カフェ ブリュ)
住所 東京都渋谷区円山町23-9 平井ビル1階
アクセス 井の頭線神泉駅より徒歩1分
電話 03-5428-3472
営業時間 10:00〜24:00
定休日 年末年始
坪数客数 20坪・32席
客単価 昼1100円、夜4500円
運営会社 株式会社東美
関連リンク 東美

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.