飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

50種類以上のテキーラとメキシコ料理の「PATECATL BORRACHO(パテカトル ボラーチョ)」が、上北沢に4月23日登場! グローバルダイニング出身者の独立3店舗目は“小商圏、小規模店舗”戦略!

鉄板イタリアンの完全居抜き物件。カフェのような明るい店内にメキシカンテイストを加えた
手前がサルサ・メヒカーナとチーズたっぷりの「ナチョス」、奥がアボカドのディップ「ワカモレ」(400円)
ランチの「タコス」はこのボリュームで800円とお得
Delithy代表の藤田悟氏

4月23日、京王線上北沢駅からほど近い場所に、テキーラとメキシコ料理を提供する小さな店がオープン。アステカ神話に登場する酒の神様である“パテカトル”と、スペイン語で“酔っ払い”を意味する言葉を組み合わせた「PATECATL BORRACHO(パテカトル ボラーチョ)」(運営:Delithy、代表:藤田悟氏)。とことんメキシコにこだわり、タコスをメインとしたランチから、メキシコ産の豆を使用したコーヒーが飲めるカフェタイム、52種類のプレミアムテキーラとメキシコのビールを売りにしたディナータイムまでの通し営業で、地元住民に親しまれる店に仕上げていく予定だ。 元はグローバルダイニングの「権八」で料理長、店長などを歴任した代表の藤田氏。退職後は、新川義弘氏のHUGEに所属し新店の立ち上げを行なうなど、グローバルダイニングのDNAをしっかりと受け継いでいる。3年前に独立した初店舗は、野菜をメインにした「HARUTA(ハルタ)」。その後、表参道にタイ料理店「GRAMOURAS(グラマラス)」をオープンした。しかし、1号店は銀座という立地の大箱であったため震災の影響を受けてしまい、今年の3月に退店を余儀なくされた。その経験を活かしつつ、新店は住宅地の10坪という小箱で出店。さらに“メキシコ料理とテキーラ”という突出したジャンルで、上北沢という小規模エリアでの挑戦に至った。 料理を担当するのは、「HARUTA」で料理長を勤めていた渡邊一司氏。「出店前は料理長と一緒に、メキシコ料理店をたくさん食べ歩きました。有名なメキシコ料理と言えばタコスですが、“トルティーヤ”からこだわっているお店が少ないことに気づき、生地から手作りしようと考えました」と藤田氏は言う。そこでトルティーヤはもちもちとした食感のフラワートルティーヤと、香ばしく香りが良いコーントルティーヤの2種類を用意。ランチはビーフ、チキン、シュリンプの3種に2種類のサルサ、スープ、サラダがついて800円とお得感満載。その他、「エンチラーダ」(800円)、メキシカンサンドイッチの「トルタ」(650円)などと、メニューが多いのも特徴だ。ディナーでは、ビールに良く合う辛みのきいたメキシカンなおつまみメニューを揃える。 「とにかく品揃えを豊富に」と考えられたドリンクは、テキーラ(500円~)52種類、ボトルビール(680円~)はメキシコ、中南米など計20種を用意。グループ客におススメは、氷水を張ったバケツにボトルビールを盛り込んだ「クベッカ」。メキシコではメジャーな飲み方で、6本4200円、8本5500円、10本6700円で提供する。「名前の知らないもの、値段が張って注文しづらいものも気軽に飲めるのでおススメです」と藤田氏。内容は店にお任せのため、いつも飲むものとは違ったビールを知るきっかけにもなる。テキーラに合わせたいのが、メキシコではチェイサー代わりとして親しまれている「サングリータ」(200円)。同店では、トマトジュースをベースにピリリとした辛みをきかせたオリジナルを用意する。「テキーラは、ウイスキーやブランデーのような風味を味わう飲み方で、楽しんでもらいたいですね。好きなテキーラとサングリータを交互に味わって、テキーラに親しんでもらえたらと思っています」(藤田氏)。今後はテキーラの種類も増やし、80種類は用意できるようにしたいと話す。 ターゲットは、近隣に住む30代前後の単身者。小さな街であるからこそ、近隣の飲食店と協力し“客を回遊させる”ことを考えているという。「お店同士仲が良いので、お客様には近くのお店を紹介しています。お客様を回して、地域の活性化になればと考えているんです」と藤田氏。“上北沢を若い世代のオーナーで盛り上げていこう”という動きを作っている。企業の出店計画としては、ハコに合わせてそのエリアにはない“突出した”業態を開発していく予定だ。また、2号店の「GRAMOURAS」はパッケージでの展開も視野に入れている。「今年撤退してしまった『HARUTA』に通ってくださった常連のお客様のためにも、今次の物件を探しています。“HARUTAセカンドシーズン”を目指しているのです」と、藤田氏は想いを語った。

(取材=虻川 実花)

店舗データ

店名 PATECATL BORRACHO(パテカトル ボラーチョ)
住所 東京都世田谷区上北沢4-15-2
アクセス 京王線上北沢駅より徒歩2分
電話 03-5357-8579
営業時間 11:30〜翌3:00(L.O.翌2:00)ランチは14:00まで
定休日 無休
坪数客数 10坪・13席
客単価 ランチ850円、ディナー2800円
運営会社 株式会社Delithy
※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.