飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

まぐろとそばのマリアージュ!?目から鱗の発想と旨さに、大トロが苦手という人も大絶賛の“まぐろそば”を提供する「まぐろそば 浅草本店」

大トロと赤身のぶつ切り鮪を蕎麦猪口に全て投入。鮪から出た脂とそばつゆのハーモニーに虜になる女性客続出。老若男女問わずに人気の高い「まぐろそば」1100円
そばを食べ終えたら熱々の蕎麦湯を注ぎ、鮪を湯がいてスープのように飲み干す。鮪の脂で白濁するのが旨みのポイント
「まぐろそば」に次いで人気の高い「鮪フライ」(写真下)と「鮪ハンバーグ」(同上)。いずれもボリュームがありながら780円という価格が嬉しい
落ち着いた雰囲気の外観。「まぐろそば」の幟に興味をそそられ入店する客が跡を絶たない

浅草仲見世通りから西側へ一本入った路地に佇む「まぐろそば 浅草本店」。温かみのある木の自然な色と、モダンな黒が織り成す凛とした直線的な外装デザインが和を感じさせ、専門店らしい存在感と期待感を際立たせている。店を運営するのは鮪を専門に40年の長きに渡り卸業を営んできたダイセイ(台東区浅草、代表取締役・宇田川光信氏)。プロが目利きする本当の鮪の味を消費者に直接伝え、心ゆくまで鮪を味わうことのできる場を提供したいと今年6月12日にオープンしたのが「まぐろそば 浅草本店」だ。 消費量、輸入量の多さから考えても日本人が最も好きな魚といえる鮪。ひとくちに鮪と言っても実に様々な種類があり、クロマグロ(本マグロ)、メバチマグロ、キハダマグロ、ビンチョウマグロ、ミナミマグロの5種類がある。日本人が大好きな鮪を少しでも多く新鮮な生の状態で美味しく食べてほしいという思いから、そば打ち名人の友人と一緒に鮪を提供することとし、当初は“まぐろとそば”の店で考慮していたという。しかしながら“まぐろとそば”ではいまいちインパクトに欠け、鮪が大好きな日本人へのアピールにならないのではないか? と逡巡した結果 “まぐろとそば”の“と”を抜いてしまい「まぐろそば」とすることから商品開発がスタートし、「まぐろそば」の誕生は偶然の産物だったという。『鯵の干物にお茶をかけて食べると出汁が出て美味しいところからヒントを得て、試してみたのが最初。蕎麦つゆに鮪を入れたら生臭いのではないか? とも思ったが、これが驚くことに臭みがなかった。鮪入りの蕎麦つゆに蕎麦湯を注ぐと、これが絶妙なバランスで調和した。蕎麦つゆも鮪から出汁をとっているので上手くいったのかもしれない』と宇田川氏は話す。 看板メニューとなった「まぐろそば」は、ぶつ切りの鮪(大トロと赤身)を蕎麦猪口に全て投入し、つゆを入れて食べるという独特のスタイル。鮪から出た脂があっさりとした鮪だしのつゆにほのかな酸味と深みをプラスしてくれる。そして、そばを食べ終えたら熱々の蕎麦湯を注ぎ、鮪を湯がいてスープのように飲み干すのだ。オープン以来、この意外な組み合わせに驚き、他では味わうことのできないメニューとあってリピート客が跡を絶たない。特に脂っこい大トロは苦手という女性や生臭さが苦手な子どもに好評を博している。 店で扱う鮪は全てその日に買い付け、季節ごとに最も美味しい鮪を提供。長年の経験と愚直なまでのこだわりで厳選した鮪と、香りが高くコシのある蕎麦を安価で提供する。価格は「まぐろそば」が1100円、鮪のお造り付の「特選まぐろそば」で1700円とリーズナブル。鮪フライ、鮪ハンバーグ、鮪ぶつ、鮪かまなど酒の肴になる一品料理も数種類加え、バリエーションを持たせている。ドリンクはシンプルに生ビール、日本酒、焼酎、ワインなど。 築60年以上の宇田川氏の生家を改装したという店内は、赤松や椎などの立派な床柱や明治時代に作られたという欄間の透かし彫りなどが残り、建物の風格を感じられる心地良い空間となっている。『今後、二階席にはプロジェクターを配し、三社祭の映像を流して浅草の雰囲気を伝えたい。演芸や演奏会などのイベントを仕掛け、人とのつながりを大切にしたい』と話す宇田川氏。その他にも和装結婚式を展開する予定で、浅草で最高級の人力俥を所有する浅草いろはと協力して、婚礼を行なった新郎新婦の披露宴を鮪づくしのお料理で行なうおもてなしを模索しているそうだ。また、鮪メンチカツと鮪シュウマイが好評でテイクアウトの要望が高かったことから、本年度中に店頭での物販も開始予定となっている。宇田川氏は『鮪へのこだわりと、直接仕入れることから実現した低価格での提供を武器に、他では提案できない商品であるという自負がある。看板メニューであり店名でもある「まぐろそば」の商標登録も済んだので、今後は「まぐろそば」って何?と言われることがないくらいに認知が広がっていけば嬉しい。そのためにも新たなメニューを開発するなどしてブランド構築に尽力したい』と意気込みを語った。

(取材=田村 真理子)

店舗データ

店名 まぐろそば 浅草本店
住所 東京都台東区浅草1-31-3
アクセス 地下鉄・都営浅草線浅草駅より徒歩5分
電話 03-3844-0934
営業時間 11:30~22:00(土日は11:00~)
定休日 水曜
坪数客数 20坪・50席
客単価 3000円
運営会社 株式会社ダイセイ
関連ページ まぐろそば

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.